ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
朱蒙(チュモン)
 時代劇・歴史モノ

朱蒙(ノーカット版26~69話まで) 哀れな凡人~クムワ王

朱蒙チュモン)の登場人物をお調べになりたい場合はどうぞこちらをご利用くださいマセ: 朱蒙(チュモン)~の主な登場人物とキャストおよび代表作


韓国時代劇の傑作~朱蒙チュモンも毎日とっても楽しく見ています。ようやく70話まで(途中)来たところです


どの回も本当に面白くて何か語りたい気持ちは起きるんですが、今ひとつパンチが足りない自分でも何が言いたいのかよく分からなくて、なかなか語ることができずにいました


ですが、ようやく~と言っては失礼だけど、ユファが死んで、なんとな~く、おばさんの心にモヤモヤとしていたものが浮き彫りになった気がします。これは、あくまでも、個人の感想=感じ方なので、異論のある方も多いでしょうが、せっかくの機会ですから少しだけ語らせていただきますね


以前のレビューにも書きましたが、ノーカット版を見てみると、カット&吹替え版を見た時の感想とは大きく異なる点が多いですね。まあ、あれから何年か経っているので、自分にも変化があったのかもしれませんがクムワとユファ


その中でも大きく違うのは、やはり「クムワ王」(とユファ)に対する印象でした


口では救うと言いながら、結局はいつも助けることができないクムワ。最初のヘモスにしても、後の朱蒙、そしてソヤやユファに対しても、相手の幸福より、自分の所有欲の方が勝ってしまうのです。まあ不幸な偶然が重なったこともありましたけど、それもどこかで「容認~見て見ぬフリ」をしていた感は否めませんでした


ずっと心に持ち続けたはずの高潔な理想が、この欲に取って代わられてしまったのはなぜか?


やはり、扶余の王子に生まれ、何不自由のない生活をした中での「机上の理想」だったから、言ってみれば、この人は、ヘモスの偉大さに影響を受けただけで、本心から流民をいとおしんでいた訳ではなかったのでしょうね


それが悪いと言っているわけではないのですよ。この人をはじめ、我々凡人は、偉人の影響を受け、憧れて、高みを目指すようになるのですからね


ただ、身近にあまりにも高潔な志が存在した場合~それが息子として保護してきた(他人の息子と知りながら人間で、自分をはるかに凌駕する存在だと知った時、これを嬉しく思えるようならクムワも偉人だったのでしょうが、彼は如何せん、「凡人」に過ぎなかったのです。


せめて、自分に残された愛する女性=ユファだけは、手元においておきたい~たとえ体だけの「抜け殻」になったとしても体だけは渡さない!


そう思ったとしても、何の不思議もありません。どんなに虚勢を張ったところで、もう自分に何も残されていないことは、本人自身が一番よく分かっているはずですからね


この人に「王」という地位がなければ、こんなに不幸ではなかったはず~そう思うといかにも気の毒になってしまいますフツーのおじちゃんだったらよかったのにね~


そして、そんな凡人を決して愛さず、好意にすがるだけすがって生き抜いたユファという女性には、その生き様にホトホト感心はしますが、決して共感することができません


常にクムワの庇護の下にいたのに、クムワの本心を汲み取ろうとしなかったのは、やはりユファの罪だとおばさんは思うのです。これがもし、心の奥底では十分分かっていて、彼の純愛を利用しただけだとしたら、これが女性の本性だとしても、つくづく恐ろしさを感じずにはいられませんこの辺は~ホントは苦手なのよねvv


ユファは結局、ヘモスを死に追いやったクムワを、決して許さなかったのかもしれませんね。私たち親子を面倒見てくださったご恩感謝しています~~数え切れないほど口にはしていたけれどことあるごとに言っていたのは嘘?、それはうわべだけの感謝だったのかと思わざるを得ません


こうして利用するだけ利用してきたクムワの手で自らの命を絶たせること~それがクムワへの、そして、そんなクムワに従うしかなかった自分への罰だったのかもしれません。でもそれなら最後に感謝の言葉ぐらいは残しても良さそうだけどそれなりにはクムワを愛してたってことかな


おばさんは、この朱蒙の中で、ソソノが一番共感できる女性です。だけど、このユファも、決して共感はできないけど、実に印象的な女性だったことが否めなくて、どうしても吐き出さずにはいられませんでした好き嫌いを超えたキャラ。お気に触ったらどうぞお許しくださいね


最終回まで見終わったら、大好きなキャラ~ソソノについても書きたいと思いますソソノは大好き(^O^)/。それに、文句なしに心が熱くなったチュモンの仲間たちも大好き!朱蒙を囲む同志達についてもモパルモ~~!~これは楽しく書けそうなので、自分でもとっても楽しみです早く最終回が見たいな


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます

こちらの関連記事は朱蒙(チュモン)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング