ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
朱蒙(チュモン)
 時代劇・歴史モノ

朱蒙 誇り高きソソノとともに~最終回まで視聴して

朱蒙の登場人物およびキャストをまとめた記事はこちらになります。気づいたら膨大な量になっていました: 朱蒙の登場人物とキャストおよび代表作


韓国時代劇の傑作~朱蒙をようやく最終回まで見終わりました朱蒙~最終回までの感想です。見るもの全ての胸を熱くさせずには置かない本当に素晴らしいドラマでした


その中でも、おばさんが最後まで憧れ、慕い、尊敬した人物は、ソソノです召西奴


美しくて気が(腕っ節も)強く賢い商団の娘ソソノは、ある日、軽薄で口だけは達者だけど己の身も守れない自称王子チュモンに出逢いました


そんなふたりが様々な困難に出会いながら、それぞれ目覚しく成長していく朱蒙は彼らの成長の記録を綴ったドラマでもあったと思います。


ふたりの兄や王妃~最初はことごとく「人」に恵まれないかに見えたチュモンが、実父のヘモスに出会い、オイ・マリ・ヒョッポという文字通り「桃園の誓い」を交わした義兄弟を得、ソソノを愛し、そして別れ、再びソヤという伴侶を得、また別れを余儀なくされた朱蒙の数奇な運命


「宿敵漢に奪われた古朝鮮の土地を奪還し、その栄光を取り戻す!」


後に高句麗(コグリョ)と名づけられた大国の建国という積年の夢が無ければ、この不幸に耐えることなどできなかったかも知れません偉大な夢が彼を支えた


愛人や義兄弟以外にも、チュモンにはたくさんの手が差し伸べられました愛する同志達。クムワ王と扶余にその半生を捧げた巫女ヨミウル、自分を信じてくれたチュモンのため、鋼鉄剣の完成に生涯を捧げたモパルモ親方、チュモンや亡きヘモス将軍を慕って国内外から集まってきた数え切れないほどの流民達


そんなチュモンを心から愛し我が身のように愛した、仕えたソソノもまた、運命に翻弄された女性でした数々の試練に耐え抜いた女性


その成長を目の当たりにし、いつのまにか無くてはならぬ人になったチュモンが戦で死んだと知った時の絶望は、涙を誘わずにはいられませんでした信じられない・信じたくない。食べることも眠ることもできなかったソソノの姿が忘れられなません。


哀しみに浸る間もなく、テソの側室にと望まれ、いたし方なく幼い頃から兄と慕ったウテの妻となり、ピリュという愛児も授かってようやくその悲しみが薄らぎ始めた頃、チュモンが生きていると知った喜びと、その後に味わったまるで泥沼のような無力感


男女としての縁はすれ違ってしまったけれど、ふたりは力を合わせ、大願を成就する運命にある同志として生きる運命


ヨミウル巫女の予言どおり、ふたりは「古朝鮮の栄光を取り戻す」という夢に向かって力を合わせ始めます。チュモンが兵力でその領土を拡大すれば、ソソノは財力を蓄えました。特に自分を支え続けてくれた夫のウテ行首を失ってからのソソノはますます、大国建国のため、夢の実現のため尽力します


そして、ようやくふたり、否、皆の悲願が叶えられる時が来ました。新しい祖国~高句麗の誕生です実に美しい名前ですね


ソソノの貢献を知るチョルボン(卒本)の民は皆、ソソノが王位に付くべきだと主張しますが、ソソノは頑としてこれを受け付けません


いずれその懐に抱くべき全ての民のために命すら投げ打って戦ったチュモンこそが王になるべきだ


この気持ちは、ソソノが王妃となっても、ユリがソヤを伴って現れた時も、一向に変わりませんでした朱蒙~ソソノが素晴らしい


我が子のように可愛がってくれたとは言え、実の子が生きていたとなれば、王位継承を前に争いが起きるのは必定。現に、ピリュはユリに対抗心を燃やし、いくら乗せられたからとは言え、謀反を起こそうとさえしたのですから


このままではいけない。我が子にもを抱かせなくては!


ここがソソノの常人とは違う素晴らしいところなのだと思います。どんなに崇高な志を抱いていても、人間など所詮弱き生き物~いつ権力に目がくらむやもしれない


実に誇り高いソソノは、息子たちだけではなく、ソヤというチュモンの「もうひとりの夫人(ブイン)」に、万が一にでも自分が嫉妬することなど想像したくもなかったに違いありませんソソノの誇りが許しません


自分は子供達とチョルボンの民を連れて高句麗を出て行きます


愛する人を、またしても送り出さなければならないチュモンの心境たるやいかばかりだったでしょう朱蒙がかわいそ過ぎる。遠い昔、大きなおなかを抱えて旅に出たソソノをひとり見送った姿が今でも脳裏に焼きついて離れません駆け寄って引き止めたい激情!


思えばあの頃が一番幸せだった共通の思い出♪


互いの心にしっかりと焼き付けた思い出があれば何物にも代えがたいものあなたの心に私がいさえすればそれだけで、これからも十分幸せですこれ以上は望みません


大切な大切な愛する人に、この世で最も自分を慕い忠誠を尽くしてくれたかけがえの無い友=モパルモをつけて送り出したチュモンの気持ちは、ソソノにとって何よりも嬉しかったに違いありません私の大切な人を守ってほしい


そんなソソノが、後に百済(ペクチェ)の創建に中心的な役割を担ったというナレーションも実にうれしかったです。ピリュとオンジョ~ふたりの息子も、ソソノもチュモンをも恨むことなく、立派に自分の「城」を築いたのですね


ソソノを送り出す際、既に「邪気が骨の髄まで渡っていたというチュモンは、その後すぐにユリに王位を譲り、40歳という若さで亡くなったそうです若すぎましたね~。ソヤも控えめで賢く素晴らしい女性ではあったけれどチュモンの魂はソソノを追いかけずにはいられなかった心を縛ることは誰にも出来ない!~個人的にはそう思いたいです。ユファが身体をクムワに残しながらその魂はヘモスの元へ飛んでいったように。


魂だけは愛しいあの方の元へ

ちょうど3月に放送が始まり、自らもまた様々な経験をして臨んだこの視聴~朱蒙というドラマは、おばさんの心にも一生ずっしり残るに違いありません。本当に素敵なドラマでした。この出逢いに心から感謝します



このOSTも本当に素晴らしかった


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は朱蒙(チュモン)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

初めまして<m(__)m>
前記事に今頃コメントしてしまって申しわけありません。

善徳女王をたまたま朝の再放送でみてから韓国ドラマにはまっている、主婦です。
今はイ・サンも観ています。
出演者などを検索していてこちらのブログにたどりついたのですが、今では予習、復習に大変お世話になっています。

そしてたまたま観た再放送の朱蒙にすごくはまってしまって・・・。
1話1話もう夢中で観てます(^。^) ( 時々ヨンポやナロに突っ込みつつ)
個人的にはクムワ王の護衛兵のソンジュがお気に入りです、最近出てきませんが・・・。
ただ吹き替えは仕方ないとして人選が・・・^_^; 朱蒙は許すとして、イエソヤがなぜにおにゃん子なのか(T_T) 棒読みに力が抜けてしまいます。
完全版がとっても観たいです。

長々と書いてしまってすみません。これからもお邪魔させていただくことと思いますのでよろしくおねがいします。
はじめまして^^
コトーさん、こんにちは~♪
お声をかけてくださいましてありがとうございます~v-300

私も朱蒙はとっても好きでした~
でもハマったのはノーカット版を見てからですv-398

おっしゃる通り、吹き替えでは、
前半はまだしも後半(=おニャンコv-427)がひどくてv-406
も~あの「おかあさま(ボー読み)」を聞く度にイライラしてv-412
ストーリーさえ覚えていませんでした(爆)。

それがノーカット字幕を見たら
あ~んまり素晴らしくてもう夢中になりましたv-9

既にBS11で3度(だったかな)放送しましたが、
またやってくれるんじゃないでしょうかね~v-391

是非ご覧になれるとよいですねv-343。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

グッド・ワイフ(The Good Wife S1)がついにDlifeに登場!放送予定(5月~詳細は未定)はDlifeの公式サイトをチェック!!

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング