ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

百済の王クンチョゴワン 第1話のあらすじと感想です(^^♪

百済の王クンチョゴワン(近肖古王)~あらすじ&レビュー一覧

百済の王クンチョゴワン近肖古王)の登場人物はこちらからご確認いただけますクンチョゴワン・キャスト: 近肖古王(クンチョゴワン)~主な登場人物とキャスト


百済の王クンチョゴワン近肖古王の第1話を見てみました百済の王クンチョゴワン(近肖古王)~朱蒙とソソノのエピソード


ドラマとしてどうこうより、まずは「朱蒙チュモンとソソノ」のシーンに大笑いあれじゃ年齢高すぎでしょvv。ぶはははは~40歳で亡くなったハズの朱蒙がソリンギ(イ・ドックァさん)ですか!いくら当時の40歳が爺様でも、アレはないですよね。ウチの母などは「ひどすぎるイメージ壊れた<(`^´)>」とマジで怒っておりましたもちっと若くてもいいのにね~


とまあ、あの「朱蒙」を大感動のうちに見終えたおばさんには朱蒙はよかった~、このシーンはちょいと不満だったのですが、でもよ~く考えてみれば、戦国時代においてあのような「純愛あっちができすぎでしょうを思い描くよりも、今回の

「先妻の子(実子)を引き立てるために、後妻とその連れ子たちを追い出した

と考える方がより自然で安直なのかもしれませんよね。「朱蒙」でも、ソソノがあの決断にいたるまでには相当の苦悩・試練・絶望を乗り越えての決意(愛情)だったのでしょうから。今さらながら、よくもまああれほど美しくロマンティックに描いたものだと感心してしまいます朱蒙はやはり傑作ですね♪


とまあ、朱蒙の思い出はさておき、それとは切り離して「戦国絵巻」としてこの近肖古王クンチョゴワン)を見てみると、それはそれでかなり興味深いです。おばさんはドンパチ物が大好きなので、こういうドラマは文句なしに血湧き肉踊る~ワクワクしてきちゃうのでございますコンギョッカラ~~!!


と、面白いことは面白いんですが、韓国時代劇の常として、最初に人物関係を把握するのが大変なのですのよ。おばさんは今「薯童謠」を再視聴しているので役職名や地名はまだ耳慣れて(?)いるのが助かりますけど。


以下、ドラマ・近肖古王のあらすじを兼ねながら、その登場人物について整理しておきたいと思います。ちょいと長くなったので「続き」にさせていただきまする。いつものリストは少し生活が落ち着いてからアップさせていただきますね


まずは、このドラマの主人公と思われる「ヨグ」王子を巡る人々から整理していきましょう


~ところで同じ人物が「プヨグ」&「ヨグ」と呼ばれているようなんですけど、「プヨ・グ」では無さそうだし、これは韓国語の発音=「プヨ・ヨグ」の「ヨ」が重なるからこうなるんでしょうかね


ヨグは、当時の王=ピリュ(百済ペクチェ第11代王)の第4王子ですが、その母親は第2王妃のチン妃(チン・サハ)のようです。


このチン妃が10年前に「ある夢を見たことから、ヨグは後継者争いの真っ只中に放り込まれてしまいます。その夢とは

「(おそらくはヨグが)守護鷹ナトゥ様を抱いている夢」

で、ヨグこそが東明トンミョン王(=扶余の始祖)の生まれ変わりである~次の王にふさわしいという噂が立ったのだそうです。


これに激怒したピリュはヨグを宮廷から追放し、塩商人として生きるよう命じました。この辺が韓ドラお得意の「高句麗の始祖である朱蒙が犯した過ち(?)を再び犯している」と関連付けているところなのでしょう


ピリュには他にも王子がいます。長男のプヨチャン(これはヨチャン?)は太子(テジャ)で第一王妃ヘ・ソスルの息子です。このヘ妃の息子には他に2人の王子が登場していました。第2王子のヨフィと第3王子のプヨサン(ヨサン)ですね。また、ヨグの母=チン妃にもヨグの弟がいるようです。


一方、百済ペクチェがソソノの子孫なら、朱蒙チュモンの高句麗(コグリョ)もまた大きな位置を占めています


最初の関係(BC18~ソソノがチュモンに追放された)はもとより、西暦315年にピリュ王と高句麗の美川ミチョン王とが協力して攻め落とした「帯方郡(テバングン)」もまた両国の火種になっているようです。最初はこの領土を二分するはずだったのが、高句麗が独り占めしてしまったのだとか


「必ずや帯方郡を取り戻してみせる!


勿論この決意には国祖母(ククチョモ=ソソノ)の無念を晴らしたいという悲願も込められている訳です。高句麗が遼東をめぐって燕とにらみ合っている今しかない~ピリュは帯方奪還のための戦を企てました。


そしてその高句麗ではサユ王が実権を握っています。このサユはかなり厚顔無恥な王のようで、領土を守るためならどんな卑劣な手段も厭わないと考えている模様。双方の王を守るとセドゥルブ会談でとりきめた靺鞨(マルガル)族の役割など鼻から無視し、彼らにピリュ王を暗殺させようと企んでいるようなのです


そして、一触即発の状態にある両国で起きたとある小さな争いが、塩商人として生涯を送るはずだったヨグの心に火をつけました。国境を越えて攻めて来た高句麗軍を追いかけていったヨグは、百済のチュムンヨウルに陣取っていたサユ王の脳天めがけて矢を放ったのです!鉢巻きが邪魔をして事なきを得ましたが、サユの怒りは頂点に達します


これを聞いたピリュ王はヨグを王宮に呼び戻しました。これで再び王子として、戦の将軍を任されるに違いない~ヨフィやヨグが考えたようには、でもことは運びませんでした


これまでの苦労が水の泡だ。おまえを永久に百済から追放する!!戻ってきたら殺すっ!!


10年前は父の命に従ったヨグでしたが、今度はそうは行かないようです。さてさて、今後はどんな風に反旗を翻していくのでしょうか?


またここにさらにプヨジョン(慰礼宮の宮主)とその娘たちプヨファなども関わってきてなかなかおもしろくなりそうです


韓国ドラマ・百済の王クンチョゴワン近肖古王)はこれから毎日が楽しみになりそうです。毎日レビューを書く余裕が無さそうなのが実に残~念


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

噂のチュモン・・・
こんさま

こんにちは!
季節の変わり目で寒暖の差が激しいですね、お元気ですか?
肥大化することで夏バテを寄せ付けなかった私も、
とうとう風邪につかまってしまいました^^;。

さて、「王と妃」の後番組で始まった「近肖古王」
チュモンとソソノのシーンはさすがにカットされていなかったのですね!
あーよかったよかった!!
ぜひあのキャスティングをこんさまに見て頂きたかったので。
いかがでしたか?笑えましたでしょう?
イ・ドックァさんとチョン・エリさんは強烈すぎました。
チョン・エリさんは穏やかな性格の役もなさいますが、
こわーい女性を演じるとすごく嵌まる方なので、
濃い夫婦だなあとくすくす笑いながら見てましたよ。
このチュモンとソソノでドロドロ愛憎劇ドラマを一本作れるんじゃないですかね(爆)?

お引越しでお忙しいと存じますが、
また落ち着かれたらゆっくりお話ししましょう!
No title
こんさん、こんにちは^^

最近見終わりました。
チュモン!!ひどかったですよね!(怒)
そーなんですよ!40歳で亡くなったって言ってるのに!(笑)
あんなジジイ(失礼;^^)なわけないでしょって

ちょっと地味な?キャストっぽくて見るのが躊躇されましたが^^
おもしろかったですよ♪

お引越し大変そうですけど、早く落ち着くといいですね^^
お風邪の方はいかがですか
バースニップさん、こんにちは~♪
お返事が激しく遅くなってしまって申し訳ございませぬv-435

コメントを頂いた時はちょうど引越し準備疲れでへたっており
「お休みのお知らせ」を書くのが精一杯な感じでやんしたv-395

でも、コメントはちゃ~んと拝見して、
一々同意しておりましたよ~v-411
バースニップさんが、
「朱蒙とソソノのシーンは事前情報を入れずに見ろ!」
とおっしゃってらしたのがよ~く分かりました。んもう、大爆笑v-408
母はマジで怒ってましたけどね。ぷぷ。

母は特にチョン・エリさんのソソノに怒っていたようです~。
たとえどんなに年をとっても、ソソノはあんな「お○ん」じゃない~って(爆)。

私は、イ・ドックァさんがチュモンという「二枚目」の抜擢に
うほうほ小躍りしていた様子が目に浮かびましたv-392

いやいや~ドロドロは結構結構v-422

そうそう、どろどろと言えば、
バースニップさんが敬遠なさった「製パン王キム・タック」ですが、
まだレビューは書いてないんですけど、
バースニップさんの選択は間違っていなかった気がしますv-390

最初(子役時代)はまだよかったんですけどね、
大人になってからの(本人ではなく)あの「そうそうたるメンツ」がかち合いすぎて
船頭多くして船が富士山に登って玉砕した感がありましたv-398

とまあ、これは置いといて(^^ゞ、
近肖古王は、この後はまだ全然見てないんですのヨ。

ここしばらく体力も時間も無かったので、
これからじっくり、だけど駆け足で(?笑)見ようかと思います。

何本か見たらまた何か叫ばせていただきますので、
その際はどうぞお運びくださいませね~。

もう少し落ち着いてきたら、
バースニップさん宅へも伺いまするv-300
お風邪のほう、どうぞ御大事になさいませ。こん^^
確かに爺様でした~(^O^)/
ラビットさん、こんにちは~♪
お返事が遅れて申し訳ございませんv-435
おかげさまでようやく少し片付いてきました。PCが使える程度に(^_-)-☆。

あのチュモンはひどかったですよね~。
もし、朱蒙のチュモンが年をとっても、ああはならなかったでしょうよv-403

近肖古王は、この続きは全く見ていないんですヨ~。
どうなったのか、これから追いかけていくのが楽しみですv-343。こん(^^)v
祝!お引越し
こんさま

こんにちは!
お引越し無事にお済みになって慶賀の至り、
ご多忙のなか丁寧なお返事頂戴して恐縮です。
私のほうは風邪から回復しましたので、どうぞご心配なく^^。

「近肖古王」のチュモンは華麗なアクションつきでしたよね!(笑)
なんとも面白い特別出演枠でございました。

「キム・タック」はそういう感じですか、
ちょっと残念ですね。私はスルーしちゃったとはいえ
題材もキャストも悪くなさそうでしたのに…。
材料を豪華にしても、それのさばき方が問題だったということでしょうか?

私はこんさまがスルーされた「大物」をとりあえず視ていますが、
いま一番楽しみなのが昔の大河「太平記」だったりします。
あと、「塚原卜伝」も一応リアルタイムで。
実はレコーダーのHDDが一杯なので
過去に録った映画を消化しているのですが、
視終わって情が移って消せないものも多くて、綱渡りの録画カレンダーです。

上記、お引越しの賀詞言上と近況報告まで。ではではー。
ソグニマングカオムニダ~(^_-)-☆
バースニップさん、こんにちは~♪
ご祝辞を頂戴し聖恩の極みにござりまするv-398

製パン王キム・タックは「いかにも」な演出が多すぎて、
見ていてお腹いっぱいになってしまったというのが本音です。

いくら「ドラマ」とは言え、そこまでやるか~(韓ドラお定まりですが)
しかも時代考証まったく無視~70年代の韓国にあれはないだろ的なシナリオが
後半は特に鼻についてしまいました。

それと、私はコメディ好きだから特にそう思うのかもしれませんが、
なんていうか~緩衝材(キャラもシーンも)がなさすぎた気がしました。

表現がすべてにおいて常に直接的なので、
想像(妄想)の余地がほとんどないのがかなり物足りなかったです。
カット版だから余計にそう思うんでしょうかね~。
遊び、間、行間、ゆとり~そんなものは私的にはほぼ皆無でしたvv。

昔の大河ドラマはその点は情緒豊かでしたよね~。
太平記はたぶん見たことないような気がしますけど(^^ゞ。

大物は「字幕」で見られるまで我慢することにいたしまする(笑)。

そうそう、塚原卜伝はどうですか?
これは第1話を見逃して、再放送があったはずなのにそれも見逃して~
これはご縁がないのだと今回はあきらめてしまったのですがv-395

あ~分かります分かります。
映画は録画しちゃったら絶対に消せません(爆)。
先日、愛と哀しみの果て(Out of Africa)がBSで放送されていたのを観たのですが、
以前録画してあったことに気づいて大笑い~でも何度見てもやっぱり消せませんv-411

今後はようやく近肖古王に突入できそうです。かなり溜め込んじゃいましたけど、
今晩辺りから見始める予定です~とても楽しみですv-345。こん(^_-)-☆
ぼくでーん
こんさま

こんにちは!
「キム・タック」について詳しいお話をありがとうございました!
なるほど…そういうことだと、
たとえ完全版を見ても印象がガラっと変わることはなさそうですね。
足し算ばかりのドラマもまた視ていてキツイと思います。
ほどよくちょっと引き算してあるほうが、残りの部分も引き立ちますのにね…。
あと、亡き杉浦日向子さんが「時代考証はカルシウム」と
仰っていたのを思い出しました。

「太平記」はかねてから私の周囲での評判が非常に良かったので視てみたのですが、
クオリティが高く、また、こんさまの仰る「情緒」「情感」のドラマでもあります^^。
あと、やっぱり南北朝という、いわばタブー扱いされていた時代が舞台ですから、
「失敗できない!」というスタッフさん達の緊張と気合が
ビンビン感じられるのが良いですね。

「卜伝」は、「うーん…」なツッコミどころもあるのですが、
反面心意気を買うべきところもありますし、とりあえず視聴続行。
opの映像と音楽は最高でございますが、
殺陣は良いときと、イマイチなときと。
第1話の立会いで「ぴょーん」となったときは
「視るのやめようか…」と思っちゃったんですけどね^^;。
堺さんは頑張っていますよ、あと従者役の平岳大さん、
お芝居は硬いんですが佇まいは悪くないです。
(ただ、小さな声で申しますと、ヒロイン(?)のキャラがちょっと…
割と好きな女優さんなのでせつない)
再放送される可能性が高いので、機会があればぜひ。

ではではー。
再放送をチェックしておきます(^^)v
バースニップさん、こんばんは~♪
クンチョゴワンの登場人物リストをまとめていたら、
すっかり夜になってしまいましたvv。え?まだまだ宵の口??(爆)

そうそう足し算ばかり~これみよがし~で(私的には)失敗したみたいです(笑)。
カルシウム不足もいただけませんよね~それうまいっ!v-291

お、塚原卜伝はなかなか健闘しているのですね?
それなら是非、総合での再放送をチェックせねば!(^^)v
ぴゅ~ってことは、ワイヤーアクションでやんすねv-356。ぶはは~(^O^)/。

太平記はそんなに素晴らしい作品だったのですか。
それも是非じっくり観てみたいものです。
大河ドラマの再放送もあっても悪くないですよね~リクエスト出しちゃおうかな^^。

今日もこれからクンチョゴワンですv-398~それではまたv-435。こん(^.^)/~~~

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング