2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

百済の王クンチョゴワン(近肖古王)~あらすじ&レビュー一覧

百済の王クンチョゴワン近肖古王)の登場人物はこちらからご確認いただけますクンチョゴワン・キャスト: 近肖古王(クンチョゴワン)~主な登場人物とキャスト


百済の王クンチョゴワン近肖古王をようやく先々週分(第12話)まで見終わりました百済の王クンチョゴワンあらすじ&感想


第4王子でありながら扶余の始祖である東明王の生まれ変わりだとのお告げが下されたヨグ(チン妃やピリュ王は明らかに「グ」と呼んでいましたよねが後継者争いに巻き込まれていく過程は、さもありなん~な感は拭えずとも、やはりかなりヤキモキさせられてしまいました近肖古王が面白い(^O^)/


「この顔を見たらご用心なハン・ジンヒさん演じるプヨジュン=慰礼宮主(ウィレクンジュ)は、ここでもやってくれてましたね


このプヨジュンは元来「太子」だったのでございますね? 百済の10代王=汾西王の息子だったにも関わらず、その座をヨグの父であるピリュ(比流)王に奪われてしまった。しかも、許婚だったヘ・ソスルまでピリュの妻となってしまった!!この恨み晴らさでおくべきか!<(`^´)>


一度はピリュが後継者にと決めたヨチャン(これも「チャナ~」と呼ばれてましたなが、その「不」出来を披露してしまったため、やむなくピリュがヨグを太子に任命しようとしたその混乱に乗じ、息子を溺愛する元許婚のソスルと、王の資質をこれっぽっちも備えていなかった甘ちゃんのヨチャンの弱みを巧についたプヨジュンが、とうとう、宿敵ピリュを殺害してしまうのです。実際に手を下したのは、王妃のソスルなんですが


このソスル~おばさんが(韓国ドラマの中で)最も苦○とする女優チェ・ミョンギルさんが演じてらっしゃるんですヨね。この人、どんな役でもいつも同じあんなに大根なのに~よほどのコネがあるんとちやうか。しかも「みんなでチャチャチャ」以来数作その評価が地に落ちきってしまったイ・ジョンスさんの太子=ヨチャンがダブルでやってきた見るの止めようかとまで思いましたvv時はいささかウンザリしちゃいました勘弁してよ~(;_;)


でも逆にこの連合軍が、より狡猾な悪魔プヨジュンにまんまと利用され&だまされてしまったのは、個人的には結構痛快でございましたざま○みろ(^O^)/。このア○めっ!恥を知れっ!


が、百済(ペクチェ)のことを考えると喜んでばかりはいられませぬ。国も民も関係のない、ただ「王」という権力の座だけを欲してやまないプヨジュンやヨチャンが統治者となるのでは、この国が滅亡するのも時間の問題


だから、酸いも甘いもかみ分けたフッカン公サフルは、愛して止まない孫のヨグにこう言ったのです


王たるもの、民のため、国のためなら、名誉も誇りも捨てねばならぬ!


日本人の感覚だと、敵に頭を下げるぐらいならいっそ死を選ぶところなのでしょうが~実際チン氏一族はそう言ってヨモンやヨグをなじりましたが、ヨグは敢えて「生きのこる」(生き恥をさらす)道を選びましたここがえらい!


「私と母が、父ピリュ王を殺しました!


一度は自分を宮殿から追いやった父が、泣いて頭を下げた姿を見て、愛する女性ヨファを捨てる決心をしたヨグが、今度は、何よりも大切にしてきた父母を失った上に、自らの誇りまで捨てざるを得なかったのですもう怖いものなどありませんね!


「父殺し


もしこれがたとえ嘘の自白でも、このような烙印を押された者に従うものはいない。祖父であるフッカン公が懸命に命乞いをして救ったその命が、再び輝きを取り戻すのはいつになるのか


また、父の援護射撃をするために高句麗へ嫁いだヨファは、今後どんな人生を送っていくのでしょうね?サユ王の王妃がどんなんなのか気になるところ(-_-;)


~高句麗サユ王の第一王子=クブが、あの「朱蒙(チュモン)」のユリを演じたチョン・ユンソク君なのは偶然ではありませんよね?ユリだっ!(゜o゜)


「どこにいてもおまえは私の妻だ」


ヨグがそう書き残したあの布は、その運命を暗示するかのように(?)、ちゃ~んとヨファの手元に戻ってきたようでしたよん。今日、偶然居間でそのシーンが目に入ってしまいました


今後、第13話では「タンボム会」なるものが登場するらしいです。これはいったい何者ぞね?


百済の王クンチョゴワン近肖古王)は、回を追うごとにその楽しみが増してきています!あと6話で追いつきますよぉ~~百済の王クンチョゴワンが楽しい(^^♪


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
パースニップ  
あっという間に追いつきますね

こんさま

こんにちはー。
もうそこまでお進みになられたのですか!
私は地震前後で数話視聴ヌケがあるので先日BS版を視たのですが、
KBSワールド版とOPが違うのですね。
BS版のほうが長くて画面もいい感じだと思います。
あと、OP音楽のサビの部分が好きだったりします。

さて本題、
こんさまはあの女優さん苦手なのですね^^。
よく王妃役をされていますよねー。
私自身は好きでも苦手でもないのですが、
「近肖古王」視聴中に横から母が彼女を見て
「暗がりにいるバーのマダムみたい」と言い出し、
ダメ押しに「何か悪いこと考えてるわー、おかみさん」と。
以後どうしてもバーのマダムにしか見えなくなってしまいました(笑)。
「チャチャチャ」で苦しめられた室長とダブルパンチで、濃い親子ですこと。

「タンボム会」の連中はなかなか面白いですよー。
ではでは。

2011/11/07 (Mon) 22:12 | EDIT | REPLY |   
バースニップさんへ  
それすごすぎっ!!(^O^)/

バースニップさん、こんにちは~♪
いつもお付き合いくださいましてありがとうございまするv-300

お、オープニングが違うのですか~BS版、悪くないですよね?
雰囲気的に~王と私を思い出していました^^。

ぶははははv-411
バースニップさんのお母さまってナイスですよね~!v-218
ただの「バーのマダム」じゃなくて、
「暗がりにいる」ってところが、アノ人にぴったりの表現だと思います(爆)。

確かに王妃役が多いんですが(だから「あ~」なったのかなvv)、
現代劇でも「あ~」なんですよv-403
化粧は濃いし、いつも陰謀張り巡らしてるし~v-219、いきなり怒り出すしv-11
(そう言えば、タイプの似ている「キョン・ミリ」さんも大いに苦手ですvv)
酒&タバコ臭~い暗がりで、あの目だけが時々光る~いっそ妖怪??v-291

アタイもそのイメージで定着しちゃいそうです~あ~可笑しい!(^O^)/

そうそう、そ~なんですよv-419、しかも、あの息子ですやんv-390
他がみ~んな善い人に見えて仕方がありませんv-398

夕べからちょいと浮気(孫氏兵法)に走ってしまいましたが(^^ゞ、
また午後から「近肖古王漬け」になります~タンボム会も楽しみデス~v-343。こん^^

2011/11/08 (Tue) 13:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.