2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

百済の王クンチョゴワン(近肖古王)~あらすじ&レビュー一覧

百済の王クンチョゴワン近肖古王)の登場人物はこちらからご確認いただけますクンチョゴワン・キャスト: 近肖古王(クンチョゴワン)~主な登場人物とキャスト


百済の王クンチョゴワン近肖古王の29話は「毒酒」です。


いや~今回はまた引っ張りましたね~


おばさんはせっかちなので特にそう感じてしまうのかもしれませんが百済の王クンチョゴワン(近肖古王)あらすじと感想、前回、死んだと思っていた面々もまだちゃ~んと生きていたなんて


その1 ホミルグンホ

その2 ソヘ妃


そして、息子ヨチャンを王座に就けるため、プヨジュンを道連れに毒を飲んだと思われたその3ヘ妃=ソスルに至っては、自ら裏に回ってその毒を小まめに吐いていたという有様です。さすが、タダでは死なん!おばはんでやんす


そのソスルに毒酒を飲まされたプヨジュンも、まだ頑張っています


が、父よりさらに出来の悪い息子(義理も含めて)たちが、父の死を目前に、百済の分裂について話し合っていることを知っては、さすがに頭が痛い様子自分の行いを振り返ってみ!。分裂などしたら、高句麗に食われてしまう!!最初に高句麗におもねったのは誰よ


なんでそんな簡単なコトに、もっと早く気づけなかったのでしょうかね~これまでの報いですな


「私を殺せ!


こともあろうにヘ・ゴンにそう命じたプヨジュンですが、その裏でいったい何を画策しているのでしょう? ここでプヨジュンが死んだからと言って、それで事が丸く収まるわけでもないでしょうに このプヨジュンが本当にヨファが言うような「百済」を慮る王であるなら、いっそヨグとともに高句麗討伐に踏み切った方がよほど納得できるというものですが


一方、そのヨグ陣営も~なかなか1つにまとまりません。今日いみじくもコ・フンが言った「烏合の衆」はまさに的を射た表現で、これを率いていくのもなかなか苦労のいることでしょうな


「おまえはいったい儒学で何を学んだのだっ?


思いがけず、その師には毎回素直に頭を下げるアジカイが、これから成長してくれればよいのですけれどアジカイが素直すぎておもろない(^^ゞ


そして、注目していたヨグ:サユ王会談~こちらもなんともサッパリしませんね~。いみじくも大王と呼ばれる高句麗の王が、いまだにヨファにこだわっている。もう少しレベルの高い争いをしてくれないと、高句麗ファンならずとも、かなりガッカリしてしまいそうです


~でも、ドラマの解釈(脚本)にもよりますが、朱蒙・太王四神記以外での「高句麗」の王は、個人的には情けなく思うことが多いです。「風の国」で主人公だったムヒュルは(イルグクさんのおかげで)それなりに高ポイントでしたが、幻の王女チャミョンゴではその印象が地に落ちました


明日は、ヨファを巡る男の戦いですか~。ホンナンじゃないけど=別にヨファに恨みはないけど(ヨファのキャラ自体は結構好きですが)、


「(話が本筋からそれるから)あんたは帰ってこなくていいっ!!


と、おばさんも叫んでしまいそうですいかんせんあのサユ王が実にうざったいでやんす。せっかくの戦国モノなので、もちっと高い志でもってドラマを楽しませてもらいたいものですな不倫モノに走らんといてな


それよりも、これからの注目は高句麗に取られた人質~チン氏でござりまする


スタン城では間違いなく盾にされる!


と語っていたスンの父と叔父が諭して聞かせたように、スンはこのふたりを矢で射て、兵士の意気を高めることができるのでしょうか?チン・スンの行動が見ものです こちらは実にワクワクしてきますな~~百済の王クンチョゴワンはやっぱり面白いです♪


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
パースニップ  
片目をつぶって視聴。

こんさま

こんにちはー。
女一人にどいつもこいつも(笑)。
私は、メロも結構ですけど、
やっぱり王様や王様になろうとする人間は、
歯を食いしばって愛する女のシカバネを
乗り越えていくくらいじゃないとなあ、
とつい思ってしまいまふ。
同じ女絡みでも、
単に暗君が美女にデレデレして亡国、は
かえって腹も立たんのですが、
国と色恋を天秤にかけた△関係には
萎える傾向ありのぱの字です。
やっぱりそこは王様達には
お国のために我慢していただかないと^^。

プヨジュンのことといい、
ヨグの四角関係といい
ちょっと話の無理というか、
納得しがたい部分はあるんですが
リタイアするには惜しいなあ、
他に良い部分もあるし…と
片目をつぶって視聴してましたヨ。

ではではー。

2011/11/24 (Thu) 01:15 | EDIT | REPLY |   
バースニップさんへ  
ゲンナリしますよねvv

バースニップさん、こんにちは~♪
いつもお付き合いくださいましてありがとうございますv-300

そうなんですよね~。
私も別に恋愛モノが嫌いではないのですが、時と場合によりますよね。

私の場合は、たとえ戦国モノでも

「あのふたりならいたし方ないな」

と思えるような伏線があれば問題はないのですが(国より恋人もあり・笑)、
なんだかね~いきなり生ぐさモードv-421に突入されちゃうと、
あ~止めたやめた~v-422と言いだしかねません。

だからこの近肖古王も
ヨグとヨファの出会いをもう少し丁寧に描いていれば、
(恋愛だけじゃなくて父親同士の確執に絡ませて~)
こんな突拍子も無いイメージはなかったのだと思います。
サユ王は論外ですがv-403

こういうとこは昼メロと区別してほしいですよね~(爆)。

あはは~私は千秋太后がまさにそうでしたv-408
時に片目、時には両目もつぶって、なんとか完走しました。
これもその口ですかね~。
ちなみに、善徳女王は我慢できずに(腹が立ちすぎてv-412)黙り込み、
イ・サンはとっとと逃げ出しましたv-398

トゥゴとボムに免じて頑張るしかなさそうですね。(^_-)-☆こん

2011/11/24 (Thu) 06:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.