2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>

カインとアベル #18 報われない愛~今日はあらすじを語ります(^^ゞ

カインとアベルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: カインとアベル~あらすじ&レビュー一覧


韓国ドラマカインとアベルの18話は「報われない愛」は、実に面白かったですね~カインとアベルあらすじ


これまでがつまらなかったという訳では決してないんですがでもあらすじを語りたいとは思わなかったvv、今回はまさに一時たりとも目が離せなかったのでとっても楽しめました。という訳で、カインとアベル~今日はめずらしくあらすじを語らせていただきまする


明日が済んだら、家族になろうか結婚してくれって言わんか(^_-)-☆


チョインがヨンジに事実上のプロポーズをした際のその「明日」がとうとうやってまいりました決戦の日!救命センター(チョイン派)か脳医学センター(ソヌ派のいずれを建設するかを決める理事会が開かれます。理事たちの票を集めようと画策する副院長、そしてチョイン


自分を陥れたのと同じ手を使って追い込んでやる!


怒りをみなぎらせるチョインに対し、余裕の笑みさえ浮かべているソヌ。今度こそおまえを破滅させてやる


票決をする前に所信を表明するよう促されたチョインに、ここで一本の電話がかかってきました。相手はそう、あの忌まわしい裏切り者のチェ・チスです。チスはヨンジの画像を送りつけ、自分がいつでもヨンジに危害を加えられるのだとチョインを脅迫してきたのです


まさかおまえがっ!?


チョインの眼差しを冷ややかに受け止めてせせら笑うソヌ。どうだ?票決は止めて駆けつけるのか?


不安でいっぱいになる気持ちをどうにか抑えて自らの救急センター設立への意志を明確に表明したチョインのところへ、今度は刑事がやってきました!!


チェ・ボックンおよびヤン・マノ殺害容疑で、イ・チョインを逮捕する!


自分はふたりを殺してなどいない~これもまたおまえかっ!?


絶体絶命に追い込まれたチョインは、なんとかその場を逃げ出そうと必死に考え始めました。警察へ連行される前に、院内で、トイレに行きたいと申し出ます


窓も無い全くの密室で、チョインはいったいどうやって逃亡するつもりなのでしょうか?!カインとアベル~スリルも満点!


ハラハラしながら見守っておりましたら、チョインは、トイレットペーパーに何か針金のようなものをつつみ、なんとこれを喉の奥深くに突っ込んでしまいました!


イ・チョインさん、イ・チョインさん!


なんど呼びかけても出てこないチョインを不審に思った刑事がトイレのドアを開けると、そこには苦しげに喉を押さえ、のた打ち回るチョインの姿がありました


呼吸をしていません!


いそぎERに担ぎ込まれるチョインに仰天するキム・ジングン。すぐに会議中の医局長を呼び出します


駆けつけた医局長に、トイレで書き記したメモを渡すチョイン~僕は無実だ。早くここを逃れてヨンジさんを助けに行かなくては!


全てを察知したキム・ヒョンジュ医局長の行動の素早かったことったら!ハ・ユミさんはやっぱりイイわ~(^O^)/


異物が喉の奥に詰まったため、ここでは処置ができません!胸部外科で手術が必要になります


逮捕中だから引き渡せないと主張する刑事を黙らせ、涼しい顔で会議に戻ると席をはずした医局長もあっぱれでしたが、悔しげにオペ室を覗き込もうとする刑事からチョインの携帯電話を盗み出したジングンもさすがでございましたね


やっと役に立ったから(^_-)-☆


「どうやらチョインが逃亡を図ったようです


医局長のこの発言で、形勢逆転と見たオ理事と診療部長がチョイン派に寝返った時のあの副院長の顔!よくも裏切ったわねっ!!


いくら株(金)で買収されても、ソヌがその命を狙わせたのでは、さすがのオ理事もそら付いていけませんがな


一方のヨンジは、やはりチェ・チスにつかまってしまっています。ソヌがチスに渡したという麻酔薬を嗅がされた模様です。


(チョインを)始末したら知らせると電話をしてきたチェ・チスに、最期を見届けると答えるソヌ


そしてチョインはソヌが指定したらしい場所~あそこは思い出の別荘か何か?~に到着しました


チェ・チス!!おまえがチェ・ボックンを殺したのか?あっさりと白状しちゃうんだ


もみ合った末、止めを刺されそうになったチョインを助けたのは意識を取り戻したヨンジの声~チョイン先生!


一気に優位に立ち、積年の恨みを晴らそうとしたチョインを止めたのもまた、でもこのヨンジでありました


愛しています。私の愛する先生が壊れるところなど見たくない殺してはダメ!


やっとの思いでメスを下ろしたちょうどその時、刑事がここに踏み込んできました。そう、チョインはここに入る前、警察に通報してこれまでの会話を全て流していたのです。ちょっと南朝鮮警察、もう絶対にその危険人物を逃がさんといてな!ちゃんとぶち込んでおけ!


そしていよいよソヌとの対決の時が来ましたここからがカインとアベルの見せ場です♪


どうして俺を殺そうとしたんだ?いつからだ??


仮にも兄と慕ってきたソヌが自分を殺そうとした原因が「脳医学センター」と「ソヨン」だったと知ったチョインはすっかり打ちのめされてしまいますそんなまさか?。そんなことで、たったそれだけのことで、俺を殺したいほど憎んだのか?俺の存在はそれほどちっぽけなものだったのか?


父の愛情を独占したおまえに俺の気持ちなど分かるものかと反論するソヌに、チョインもまた苦しかった胸のうちを吐露します。俺だって母さんに愛されたかった!


いつもどんな時でも笑顔を浮かべていたのは楽しかったからじゃない~笑ってさえいれば愛してもらえると信じていたからだ一度でいいから微笑んでほしかった


先週も語らせてもらったけど、なんともまあ気の毒な兄弟でございますよふたりとも「愛」を求めていたからソヨンを好きになったのでしょうね


謝ってくれ。ひとことでいい。俺が悪かったと言ってくれ。


血を吐くようなチョインの叫びに、でもソヌは答えることができません。悪かった~心の底からそう思っているからこそ、今さらそんなことは口が裂けても言えんのです。もう今となっては、全ての罪を背負って、神の前で、これまでの罪を償うしか、このソヌには残されていないのです。何があっても愛すると約束してくれた母以上に「無償の愛」を持った存在しか、この罪を許すことなどできないだから謝ることなどできない~許されてはいけない


疲れ果てて病院に戻ってきたチョインが、ヨンジに辛いと告白すると、ヨンジはこう答えましたこのヨンジがまた賢いのよ


「あなたが辛いのなら、相手の人も辛いはず。どうかもうつらいことは忘れてもとのチョイン先生に戻ってください


ソヌの両親に、せめてヨンジの100分の1でいいから、自分たちのせいで「兄弟」とならざるを得なかったこのふたりへの思いやりと愛情があったなら、どちらか片方ではなく、ふたり平等に愛を注げたなら、こんな不幸な結果にはならなかったのだと、やはり残念でなりませんドラマだから仕方ないんだけどvv


私が死ねば、チョインはソヌを許してくれるのかしら?


今さらもう遅いですヨ。そういうことじゃないんです。あなたの息子は、何もかも全てを背負って逝こうとしているのです


「かなり大きな腫瘍があるな」


ある日救命センターに運ばれてきた患者の氏名を見て愕然とするチョイン。え?兄さんが??


知らなかったの?私の手紙を読んでないの??


~んな大事なコトは、ちゃんと口で伝えんかいっ!このソヨンもいけないわよ


でもおばさん、このドラマが始まって初めてソヨンの言葉に共感しました


「あなたにソヌさんを治してほしいの!」


もしそうなったらどんなにいいかそれでこそアベルだもの~でなくとも、せめて終末期を心安らかに過ごすことができれば、ソヌだけでなく、チョインの心もまた癒されることでしょうに


妄想全開にしてドラマは妄想の余地があってこそ楽しいざんす♪~すさまじくダラダラと暑苦しく語ってしまい、お恥ずかしい限りでござりまする昨日は興奮して眠れませんでした(;_;)。終盤に来てすっかりハマってしまった韓国ドラマ・カインとアベル~残り2話もじっくり味わって見ていきたいですカインとアベルが面白い(^O^)/




いつの間にかこのOST~実に怪しげな韓国語で口ずさめるようになりました♪


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 2件

コメントはまだありません
苺  

こんにちは☆

カインとアベルは2回位しか見た事が無くて><
見たいと思いつつ。。。
タイミングが悪くて><
一挙放送があったら見るき満々です!

2人の俳優さんの演技が上手ですよね♪

2011/11/27 (Sun) 18:12 | 編集 | 返信 |   
苺さんへ  
機会があると良いですね^^

苺さん、こんにちは♪

ドラマとの出会いも一種の「ご縁」ですからね。
良いご縁があるとイイですね^^。こん

2011/11/27 (Sun) 18:51 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ