2018/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>

済衆院(チェジュンウォン) あらすじ&レビュー一覧

済衆院(チェジュンウォン)(全36話)


先日、韓国ドラマ・済衆院チェジュンウォン)の最終回を見終えました済衆院のあらすじ行きますよ~(^^)/


ちょうどあの震災の後、正直言ってドラマを見る余裕のなかったおばさんが(それで第1話を見逃しました)、この済衆院だけは(その後)何があっても見逃せなかったほど、本当に素晴らしいドラマでした引越しの時間を遅らせてもらったほどです(^^ゞ


歴史モノ・医療モノが大好きなおばさんにとっては生涯忘れることの出来ない一作となりそうです


視聴後ふりかえってみて特に印象的だったのが「差別」の問題でした。実に鋭く、そして冷静かつ客観的に描かれていたという点では、他になかなか例を見ない逸品だと思います朝鮮国内に歴然として居座っていた差別~白丁と両班を例にとりながら、自国の身分制度の酷さを赤裸々に描写することで、国外からやってきた侵略者=日本から受けたいわれのない差別をもより鮮明に浮き彫りにしていったのです。


人は立場が違えば、差別する側にもされる側にもなりえる


第2の主人公ともいえる両班の青年ペク・ドヤンを通して描かれた製作者の思想が胸にずんと響きました実に素晴らしい脚本でした


このドラマに出会えて本当に良かった~もし未見の方がいらしたら、これは胸を張ってお勧めしたいドラマですゼッタイお勧めですヨ~(^O^)/


以下にドラマレビューの一覧を作らせていただきました済衆院のあらすじ一覧です~どうぞご利用くださいませ♪。副題はおばさんが勝手につけたものであり、これもまたレビューの一部とお考えいただけましたら幸いです済衆院はエピソードのタイトルを考えるのもまた楽しかった^^



【 済衆院(チェジュンウォン)あらすじ&感想一覧 】


済衆院(チェジュンウォン)~初回を見逃してしまいました(;_;)

 (後に再放送を見ました)

済衆院 第3話 甲申政変


第4話 初めての手術


第5話 医師への歩み


第6話 チェジュンウォンの名前の由来


第7話 風評被害との戦い


済衆院(チェジュンウォン)の見どころについて(10話まで)


第11話 一難去ってまた一難


第12話 情けは人のためならず


第13話のあらすじと豆知識(^^ゞ


第14話 無情な再会


第15話 みんな同じ血だった!


第16話 ジョンの告白


第17話 願いは早くも打ち破られ・・・


第18話 仕掛けられた罠


第19話 私は結婚できません


第20話 私と結婚してください


第21話 長い夢の後に待っているのは?


第22話 患者への情熱は誰にも消せない


第23話 今こそ「開化」の時が来た!


第24話 医師としての誇りが彼を救った!


第25話 突きつけられた現実


第26話 5年の歳月が流れて


第27話 抗日の嵐の中で


第28話 医療と政治


第29&30話 好む者楽しむ者にしかず


第31話 友情


第32話 医師達の誓い


第33話 つかの間の幸せ


第34話 大医を目指して


第35話 ペク・ドヤンの計略(^^)v


済衆院(チェジュンウォン)最終回あらすじ 医師として



済衆院~ペク・ドヤンも忘れられない人物です
関連記事

コメント 2件

コメントはまだありません
猫まぐ  
キム・タック終わったら

観てみます!!

ハン・ヘジン大好きなので~☆

キム・タックはテレビで最後まで観てますが…

ノーカットでうんちくが観たくて(笑)

うーん楽しみです♪

2011/12/06 (Tue) 23:10 | 編集 | 返信 |   
猫まぐさんへ  
お勧めですヨ~(^_-)-☆

猫まぐさん、こんにちは♪

私は~自分が「うるさく勧められることが苦手」なので(笑)、
滅多に他人にドラマをお勧めしませんが、
このドラマは本当に素晴らしかったので、是非お勧めしたいです~(^^ゞ。

本当に素敵なドラマでしたよ。
機会があれば是非ご覧くださいね~v-22。こん

2011/12/07 (Wed) 07:27 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ