2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

百済の王クンチョゴワン(近肖古王)~あらすじ&レビュー一覧

百済の王クンチョゴワン近肖古王)の登場人物はこちらからご確認いただけますクンチョゴワン・キャスト: 近肖古王(クンチョゴワン)~主な登場人物とキャスト


百済の王クンチョゴワン近肖古王の39話は「三方面の戦い」。これは書いておかないと後々分からなくなりそうなので近肖古王あらすじ、この場を借りてちょいと整理させていただきまする


ハンタン統一を目指す近肖古王は、その手始めに馬韓を攻略しようとしています。が、チャン将軍らを残してきた遼西(晋城・高平城)や高句麗から奪還した帯方もまた手綱を緩めることができませんまさに八方塞vv


帯方のみならず、馬韓の背後にも高句麗がいる上、遼西を巡っては(えん)との戦いをも避けることができません


ついにこの三方面での戦を決意する近肖古王。兵力の分散は命取りと考えられていたこの時代、この戦いは果たして勝利に終わることができるのか? これが長年燕とにらみ合ってきた高句麗への援護射撃に終わってしまう危険性はないのか?


この辺は考えるだけでワクワクしてきちゃいますね~たのし~い(^O^)/


この戦における軍の編成は以下の通りです


第1軍: 近肖古王を中心とした部隊。兵官佐平のウィ・ビランを筆頭に、ポックゴム、パユン、アジカイなどが顔を連ねます。目指すは(懐かしい)遼西!おぉ~っ!(^O^)/ 海を渡ってはせ参じる元海賊の腕が鳴ります


第2軍: チン・ゴドが指揮を取ります。耆老部(キロブ)として死を待つよりも戦場での死を望む!と豪語したチン・ゴドは、たった4千の兵で1万の馬韓連合軍と戦わねばなりません。コウモリ臣下のクク・ナホやヨン・ドスクなどはいかにも「貧乏くじ」を引いたという顔をしていましたがサ・ギはなかなか頼りになりそうです


第3軍: 靺鞨族で今やコモリ城主となったプガンテが、同じく4千の兵で帯方を死守します。天然の要塞コモリ城を高句麗がどう攻めるのか?に注目です。


今後の一番の見どころとしては、まず遼西での動きでしょうね。燕の王子=慕容垂(ぼようすい)が、遼西にやってくるようなのですよ


「英雄は英雄を知る

と近肖古王に近寄り、ともに高句麗を攻めようと申し出ているようなのですが果たして?その辺はさ~っぱり知らんのですヨ~勉強しなくちゃ(^^ゞ


と、男ドモがこんだけ熱い闘いに全身全霊で臨んでいる時、一方の漢城ではヨファがなんと産気づいてしまっています。まだ妊娠7ヶ月での早産は、アンチ・ヨファ・サイドにあの歌を証明させるきっかけを与えてしまいました


「ソスク堂の子どもはやはり高句麗王の子だったのだ


必死でこれを否定するヨファをよそに、味方であるハズの慰礼宮(ヘ・ゴン)は、これを「正期産」で押し通すよう主治医を脅迫しているようです


「姫を産め


そう繰り返すフッカン公の願いとは裏腹に、生まれたその子はどうやら男児のようでしたが?


次週の予告を見る限りでは、あのヨファ(ソスク堂)の表情はまさしく「元ワヌォル堂=へ氏ソスル」のそれ以外の何物でもない~怖い怖い表情だったのですが恐いお婆が蘇る~~(;_;)。韓ドラお得意の「歴史は繰り返す」がここでも繰り広げられるのでしょうか~あんまり見たくないですね~先が読めるだけに飽き飽きしちゃいますvv


でも、燕の王子と近肖古王との会合はいかにも楽しみです相手はアジャさんだし(^^♪百済の王クンチョゴワンは来週もまたますます盛り上がっていきそうですね



百済の王クンチョゴワン(近肖古王)OST


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 1

There are no comments yet.
ニコニコさんへ  
拍手コメントをありがとうございました!

ニコニコさん、こんにちは♪
拍手コメントをありがとうございましたv-300
気に入って頂けて?幸いです^^。こんv-290

2012/02/21 (Tue) 15:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.