2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

がんばれ!クムスン~ジェヒの決心

がんばれ!クムスンもいよいよ大詰めです~あと4回ほどで終了です。


子持ちで未亡人の新米美容師クムスンと、母親の不倫で生まれ、父親がいない外科のレジデント、ジェヒとの恋物語(*^_^*)。


お金や学歴は無いけど持ち前のガッツで何事にも体当たりのクムスンと、高学歴高収入だけど心に深い傷を負ったプライドのカタマリ(ハリネズミって言われてましたね)のジェヒ、最初は会うたびにけんかをしていたこの2人でしたが、いつしかお互いを無くてはならない相手と認めるようになります。


でもお互いがどんなに好き同士でもナニセ↑の境遇の2人です。そうそううまく事が運ぶわけがアリマセン(>_<)。


ジェヒの母親はモチロンのこと~1人息子ですからね~クムスンの同居中の亡夫の家族も猛反対!一生懸命説得を重ね、どうにかこぎつけた妥協点が、「子ども(フィソン)は亡夫の家において出ること」でした。


「亡くなった息子の唯一の忘れ形見を、この年寄りからうばわんでくれ!」


「大切な1人息子に、他人の子供を育てさせるわけにはいかない!」


口々にそう責め立てられるふたり。どうにもつらくなったクムスンはおばあちゃん(ハルモニ)に相談します。


「フィソンを連れて出ればいいじゃないか?」


 「(お義父さまたちがかわいそうでそんなこと)アニ(できない)」


「ご両親のためにフィソンを置いては出られないのかい?」


 「アニ」


「それじゃあ、ジェヒをあきらめな」


 (゜o゜)


「私がジェヒの母親でも許さなかったと思う」


「ふたりは縁がなかったんだ。まだその時じゃなかったんだよ」


 「そんなことできない・・・」


祖母のコトバにポロポロと涙を流すクムスン。孫の涙をみたハルモニはジェヒにも同じように話します。


「クムスンを自由にしてやっておくれ」


そのコトバに同じように涙が止まらないジェヒでしたが、歯を食いしばって、クムスンとフィソンの幸せを願おう!そう決意しました。


「愛している。別れよう」


そう語るジェヒをみつめるクムスン(>_<)。こんどはクムスンが決意する番のようです。


クムスンの義兄シワンの嫁にも子どもがいます。自慢の長男に初めて迎えた嫁が子持ちのバツイチ。それを知ったときの両親の怒りたるやすさまじいものがありました。


~まあ、「真実を隠していた」というハンディを除いたとしても、ここまでの怒りにはさすがに違和感を覚えてしまいますね。日本も今は良い時代になったということなのでしょうか?笑~


嫁の息子に愛情を感じることができないシワンの両親。だからこそ、嫁ぎ先でフィソンが可愛がられるはずが無いと、どうしても思ってしまうのでは?


「孫を手元におきたいなんて、それは父さんのエゴだ!」


でも、たぶんエゴだけではナイんだろうな~そんなふうに感じられてならないのですが・・・あと4回、はたしてクムスンはダレを選ぶのか?に注目です(*^_^*)。


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ