2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

今年のNHK大河ドラマは平清盛。夕べ第1話を見ましたが、これはなかなか見応えがありそうで面白そうです。おばさんはすっかり気に入ってしまいました。大河ドラマのあらすじを1年間語るとなるとか~なりキツイんですが、それでもそれだけの価値がありそうな雰囲気でしたよん平清盛あらすじと感想。これは誠に喜ばしいことですね


~ほんでも~なんやろね、この日曜日ラインナップの豪華なコトといったら。ここに来週「運命の人」がやってきたらおばさん生きていられるじゃろか新年早々なんでこんなに盛りだくさんなん?(;_;)(とんびの影響ですっかり広島の人になりきってるし)~


第1話は「ふたりの父」~これは清盛=幼名・平太の父親を指すものです。武士である平忠盛(中井貴一)と「治天の君」と呼ばれ栄華をほしいままにした時の最高権力者=白河法皇(伊東四朗)のふたりを指します。


武士と言えば、現代では「誇り高きもののふのイメージですが、当時はただ「王家の犬として働くのがその任だとされ、表向きは都の治安維持のために働いていたものの、周囲からは朝廷の言いなりになって人斬りをするという残虐非道な存在としてとらえられていたようです


そんな武士のひとり忠盛があるとき、ひとりの女に出会いました。もと白拍子だったというその女性の名前は舞子(吹石一恵)。なんと、白河法皇の子どもを身ごもり、院から脱走してきたのだそうです。白河法皇の寵愛を受けて鳥羽天皇(三上博)に嫁いできた璋子(壇れい)の具合が悪いのは、この舞子の子どもが原因だと陰陽師が告げたからです


陰陽師の言うことなど真に受けてはならぬ!


実は舞子が気に入った忠盛は、こっそり舞子とその子どもを匿いますが、院から命令を受けた源為義(小日向文世)に見つかって、院に連れ戻された舞子は殺されてしまいます。舞子と赤子を助けようと法皇に意見した忠盛を救うために舞子は自ら矢の前に身を投げ出したのでした遊びをせんとや生まれけむ、戯れせんとや生まれけむ


愛する舞子を忘れられない忠盛は赤子を自分の子どもとして引き取り、これを平太と名づけます。それが舞子の遺志でもあったからですあなたが育ててください


その後、忠盛は宗子(和久井映見)を妻に迎え、平次という息子も新たに授かりました。当然宗子の愛情は実の子により多く向けられ、平太はむしろ、法皇の寵妃=祇園女御(松田聖子)に可愛がられて育ったようです。


平太が法皇の子どもである事実はずっと伏せられたままでしたが、とうとう平太がこれを知る日がやってきました。ちょうど平太が生まれる前に忠盛が成敗した盗賊=朧月夜の子どもの兎丸が、町で平太から父・忠盛の名前を聞き、父の仇とばかりに平太に真相をぶちまけたのです父ちゃんの仇!


おまえは白河法皇の息子だ!院のご機嫌をとるためにおまえの父親が貰い受けた子どもなのだ!


ショックを受けた平太はふたりの父親にこれを問いただします。忠盛は真実を話しますが、法皇は平太を人間以下に扱いました。早くこの犬の子をつまみ出せ


人間は心と体の両方の軸を鍛えなければ強くなれない


本当の父親が誰であれ、今後はひとりの武士としてしか生きる術はないと語る忠盛のもと、平太はこれからどんな人生を歩んでいくのでしょうか?


これらのストーリーが、鎌倉幕府を樹立した源頼朝(岡田将生)によって語られるという設定もなかなか興をそそります。むしろ北条政子(杏に語らせた方が重みが出たような気もしますがベラ~恐るべし(^O^)/。また、好色な父を持つ鳥羽天皇の苦悩などもこのドラマの見どころになるのでしょうか。


来週からは早速、松山ケンイチが平太を演じていくようです平清盛は来週もますます面白くなりそうで今後が楽しみでございます平清盛に期待です♪


NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK)も面白そうです

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 1

There are no comments yet.
jkokoさんへ  
拍手コメントをありがとうございました!

jkokoさん、こんにちは~♪
今年の大河はイケそうですね~v-411。来週が楽しみデスねv-441。こんv-285

2012/01/10 (Tue) 09:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.