2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ストロベリーナイト~第1話「シンメトリー」はまずまずの好感触(^^)v

竹内結子主演のストロベリーナイトの連続ドラマ版がスタートしました。第1話はなかなかの好感触でございましたね


最初に姫川玲子(竹内結子)の母親が、過去の事件のトラウマから娘の独立を反対し、一日でも早く幸せな結婚をしろと怒鳴りたてるシーンには、路線が変わったのかとちょいと興ざめしちゃいましたが、姫川のライバルである日下守(遠藤憲一)のデスクがやけに整然としていたのを見たらなぜだか血が騒いだんですよねきらり~ん(^^♪~おばさんの勘もまだまだ捨てたもんじゃありません


また、ストロベリーナイトSP版で早くも殉職してしまった姫川班の亡き一番弟子=大塚巡査(桐谷健太)の回想シーンがあちこちで見られたのもイイ感じでした死なせたくなかったな~(;_;)


署での捜査会議の後は、必ず皆で飯を食いながら2次会(会議です)を開くのが姫川流だ


赴任してきたばかりの葉山(小出恵介)や湯田(丸山隆平)を連れて居酒屋に行きながら、彼らが頼んだたまご焼きの最後の一切れを、姫川と古参の菊田(西島秀俊)と石倉(宇梶剛士)が3等分して口に運んだシーンが何とも言えず胸に響きました大塚の好物だったのですね(;_;)


と、SP版の思い出も懐かしく楽しめましたしレジェンド見てよかった(^^)v、事件の方もなかなかでした。以下、ネタバレです。


ひとりの男性が電車に轢かれて亡くなった


姫川班が現場に借り出されると、そこにはレールの上に縦に置かれて真っ二つに切断された~まるで鯵(アジ)の開きのような死体が安置されておりました


~姫川をお嬢ちゃんと呼ぶ警察関係者がここにもいました。鑑識課主任の小峰薫(田中要次)もこのドラマの主要人物になりそうです


運転手の証言から、その男性は轢かれる前からその体勢だったことが分かります~後に居酒屋の捜査会議では、実際に姫川が鯵の開きを注文して割り箸をレールに見立てながらその意味を考え込んでおりました


また、この死亡者の名前が米田靖史だと判明すると、それが10年前に列車事故を引き起こした犯人と同姓同名であることを葉山が思い出します。線路内に入った米田の車が立ち往生~列車の接近を知った米田はひとり逃走し、残された車に列車が衝突したために100人以上の死傷者を出したという大事故だったそうです


自殺か他殺か


どうやら事故ではないらしい~姫川の勘でさっそく捜査を開始した姫川班は、米川が亡くなる数時間前にある電話をしていたことを突き止めました


「8億6千万なんて払えるわけがないだろう?


多大な犠牲者を出したにも関わらず、5年の懲役で出所した米川でしたが、被害者に対しては8億6千万円という膨大な賠償金の支払い義務が生じていたらしいのです。


この「被害者と遺族の会」の会長は小川睦男~同じくこの事故で娘の実春を亡くしています。


また、姫川班が当時の事故の状況を再調査していると、事故の際、命がけでこの実春を助けようとした熱心で几帳面な駅員がいたことが判明しました。その駅員の名前は徳山和孝(滝藤賢一)。事故後は仕事も辞めてその行方は誰も知らないといいますが、当時、徳山が実春に好意を寄せていたとの証言を得ます。


娘を命がけで救うとしてくれた素晴らしい人だ


徳山を高く評価していた小川が今度は何者かによって殺害されました。トイレに放置された遺体の胸には真っ赤な血のあとが2つ~ちょうど線対称ににじみ出たその血を見て、姫川の推理が働き始めます


ちょうど真ん中で切断された鯵の開きのような死体、左右対称の血のあと


そこで思い浮かんだのは、以前徳山が描いたというポスターでしょう。手描きだというそのポスターも見事なまでの線対称


シンメトリー


そこへ、事故の被害者であっても被害者の会には属していなかったというとある男性の証言を得る姫川。


徳山があの子を助けようとしなければ、俺たちの怪我はもっと軽くて済んだんだ


踏切内の車に衝突して傾いた電車の中から、徳山が無理矢理実春を引っ張り出そうとしたその衝撃のために、せっかく助け出した実春の身体を、まさに縦に切断するかのように車体が倒れてきたのだそうです。当然、他の乗客たちへの被害も甚大になってしまった。。。そしてこの男性は、つい先日この事実を小川に話したそうなのです


そう、事件はそこから始まっていたのでしたなかなかよくできてましたよ~


愛する人をそんな風に自らの手で死なせてしまった徳山は精神のバランスを失い、その後は動物を捕らえてはシンメトリーに切断を繰り返しながら、米田の出所を待っていたのだそうです


東京での潜伏先がネットカフェ~ブースNo.は11というやはりシンメトリーな数字のブースの中が、まるで日下のデスクのようにきっちりと片付けられていたというのが、おばさんにはかなりのミソでしたこういう雰囲気が好きなんです♪


来週には「がんてつ」も登場するようですね。おばさんは個人的に、アノ人はあんまり得意じゃないんですが~日下を出さんか~!遠藤憲一さんも大好き^^~、ストロベリーナイトは来週もまた面白くなりそうでなかなか楽しみでござりまする


~さり気なく部下を見守ってくれる今泉警部(高嶋政宏)がまたイイわ



誉田哲也の小説~ストロベリーナイト (文芸)シンメトリーソウルケイジ感染遊戯なども面白そうです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
jkokoさんへ  
なかなかでしたよね♪

jkokoさんもストロベリーナイトをご覧になりましたか~。
なかなか面白かったですよね~分かりにくくて(爆)。
来週もまた楽しみデスね♪こん(^_-)-☆

2012/01/11 (Wed) 16:53 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ