ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

百済の王クンチョゴワン(近肖古王)#58 最後通告

百済の王クンチョゴワン(近肖古王)~あらすじ&レビュー一覧

百済の王クンチョゴワン近肖古王)の登場人物はこちらからご確認いただけますクンチョゴワン・キャスト: 近肖古王(クンチョゴワン)~主な登場人物とキャスト


百済の王クンチョゴワン近肖古王の58話は「最後通告」。


昨日のレビューを書いた時点で、もう大体先は読めたからあとはもう最終回までは語らなくていいな~正直、そんな風に思っていたおばさんでした


が、実際にこの58話を見たら語らずにはいられない黙ってみてられない~~気分にさせられてしまいました。ドラマ全編を通して、特にその後半をほぼひとりで盛り下げてくれたヨファでしたが、本人の言葉どおり

「今さら遅いかもしれないが・・・」

過ちては改むるに憚ることなかれ~と申しますからね


でもそれは、あくまでも日常生活のことであり、「ドラマ」として脚本を書くなら、製作前にもちっと構成を練っても良さそうなもんだ行き当たりバッタリ感が拭えません~と思ってしまうのはおばさんだけではありますまい。昨日見たクローズアップ現代で、ちょうど、韓国ドラマ&映画界の実情が取り上げられておりました。韓国では、特に時代劇には国からのバックアップが非常に大きいのだそうですが、多額の資金援助をいち早く受けるために内容がおろそかになるのでは~これはまさに本末転倒だと思うのですけどいかがなものでしょうか


とまあ、愚痴はこれぐらいにして、とにもかくにも58話(の後半~前半は相変わらずでイラッとさせられました)はなかなか盛り上がって印象に残る内容でした~今日もまたちょっくら語らせていただきまする


慰礼宮宮主ヨファを呼び出して降伏を迫る近肖古王です。


父や兄の命を奪われた恨みを晴らさでおくものか!


あくまでも撤退はしないと言い張るヨファ。最初に汚い手段を用いてピリュの命を奪ったのが自分の父親プヨジュンだったということはきれいさっぱりお忘れのようでございまする


なぜチン氏が王様を裏切ったのか~貴族の気持ちをお考えになったことはないのですか?


チン氏がヨグを裏切ったのはあくまでも保身のためであり、慰礼宮はただ利用されているということには気づかないのか、気づいても認めたくないのか。(止めよう止めようと思ってもど~しても一言多くなっちまうわ


兵のことを考えたことはないのか?宮主の恨みのために死にゆく民が気の毒だとは思わないのか?百済は民のものなのだ!


それが民の運命です~きっぱり言い切ったものの、やはり少しは考えたらしく、この後主張を一変させるヨファなのです。確かにそれが紛れもなく正しい道だとは言え、ヘ・ゴンやヨグァンが気の毒に思えてしまったのはおばさんだけでございましょうか


私はいったい何のためにこれまで尽くしてきたのでしょう?私の人生はいったい何だったのか!?言いたくなるのももっともです


自分が抱いた恨みを、一族の恨みとして代々受け継がせるということがいかに周囲を傷つけてしまうのか~を学ぶためのドラマだったのかもしれませんなんとも中途半端などらまでやんした


そんな中、こちらは代々の裏切りモノ~己を守るためなら節操など一切持たない厚顔無恥な一族=クク氏とヨン氏は、チン氏が近肖古王の出現に死を覚悟したのを見て、またしても回れ右~近肖古王へ寝返ることを決めたようです。が、この密談をヨグァンに聞かれてしまい・・・


「裏切りモノは殺せ!


ヘ・ゴンやチン氏一族がどんなに止めても聞き入れません。こちらは若いだけに、本当に慰礼宮には求心力があると信じていたのでございましょうね


当主が殺されてしまったことで、クク氏とヨン氏の兵はちりぢりになり、慰礼宮&貴族の連合軍の士気は一気に急降下してしまいました


すべては私の責任だ~毒を含み、近肖古王を郁里河(ウンニハ)に呼び出すヨファ。


おもえばあの頃が一番幸せでございました。王様と百済の民の幸せを祈りますホント今さらでんな(笑)


最後に一目だけ息子のヨグスにあわせてほしいと言う願いを聞き入れるヨグ。一度は拒絶した息子まったく勝手な母親です。その息子が、恨みからではなく、父であるヨグへの真心から、もう決して悲しんでほしくないと願う優しさから、実母と従弟を討つとその口で誓ったヨグスのおかげで、ヨファは理性を取り戻すことができたのです単なるヒステリー女に終わらなくてよかったね~


ああして、若き日の思い出と、愛しい愛しい我が子を抱いて旅立つことが出来たヨファは、本当に幸せだったのでございましょうこの女優さんも苦手になってもたvv


これまでに犯した(見えない)罪を思うとそう簡単には許したくないところなれどウルマフルやタンダンも気の毒でした~、そこはそれ~「か弱い女性」「運命に翻弄された女性」だから許さざるを得ないでしょう。おばさんもここに来てようやく「ヨファがこのドラマのヒロインだったことに気づきましたし


あとは、チン氏一族と慰礼宮、そしてヘ・ゴンの処罰ですか。う~ん、いくらヨグがこれを許しても、誇り高い武将であれば己を許せんのが普通でしょうな。ヨグァンは~婆サマの気持ちを汲んで生き残るかもしれませんが


百済の王クンチョゴワン近肖古王)も残り2話~いよいよクライマックスです!今度こそ~最終回まで黙れそうかな(爆)



百済の王クンチョゴワン(近肖古王)OST


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

不思議なヒロイン
こんさま

こんばんはー。
今日(13日)で最終回でしたよね?

ヨファの「後半を一人で盛り下げてくれた」に爆笑しました^^。
彼女のキャラ造型は不思議ちゃんに思いましたよ。
うーん、共感できるんだかできないんだか、微妙な感じで。
何となく、ドラマ制作上大事にされていないヒロインに見えました。
(最期はさすがに哀れさのなかに救いがありましたが)。

クローズアップ現代は見逃してしまいました。
そのような、興味深い特集をやっていたのですね。
国からお金が出るのも善し悪しかもしれません。
もちろん利点も挙げられるのでしょうが、
国の覚えめでたいドラマばかりに偏ったり、
お金ほしさに脚本・構成次第がおそろかになったり、
そうした弱点もあると思います。
本当に、脚本構成がもっと練れていれば
1ランク上の評価だったのに…と歯噛みすることも再三ですので。

「近肖」もその点が難ありでしたが、
切り捨てるには惜しいドラマでしたし
俳優さん達との新たな出会いなど
お楽しみも用意されていたので完走することができ、
こうしてこんさまのレビューもずっと楽しく拝見できました。
ありがたや、ありがたや…。
ではー。


こちらこそありがとうございました^^
バースニップさん、こんにちは~♪
短気な私が近肖古王を完走できたのはバースニップさんのおかげです~v-343
最後までおつき合いくださいましてありがとうございましたv-300

私は単純(かつ実はかなりのロマンチストv-401)なので、
最終回を見たらえらく感激してしまい~過去のことはすっかり忘れてしまいました(爆)。

完走できてよかったです~重ねて御礼申し上げますv-354。こんv-285

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング