2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

最高の人生の終り方~エンディングプランナー~は胸にじ~んと来るドラマです

山下智久主演の最高の人生の終り方~エンディングプランナー~を視聴いたしました最高の人生の終わり方~エンディングプランナーはとても素敵なドラマでした。期待していた通りのとても良いドラマでした。先日、ずっと見るのをためらっていた「おくりびと」をテレビで見たばかりだったのですが、それもまたとても良い映画で、ふたつの作品に共通するメッセージを強く感じました死は忌み嫌うものでは決してない


人間はなんのために生まれてくるのか


たとえ生まれたばかりの赤ん坊でも命の期限に保証などなく、また、病気がちだからと言って長生きできない訳でもない~死はいつも生の隣り合わせに存在することに、人はただ目を背けているだけ


そんなごく当たり前のことをまったく押し付けがましくなく思い出させてくれるドラマのようですとってもイイ感じのドラマでしたよ~


葬儀屋の家に生まれた井原真人(山下智久)は、幼い頃からそのことが原因で苛められてきたため、早くから家を飛び出し、大手の居酒屋チェーンで、エリアマネージャーとして働いていました。その地区の売上を管理し教育するといえば聞こえはいいですが、ある時、ひとりの店長(長田栄司~設楽統)をこっぴどく叱責した直後に、その長田が自殺を図るという経験をしてしまいますまた気の弱そうな店長でvv


人の死を商売にしているような実家=葬儀の井原屋を嫌って家にも寄り付かなかった自分が、人を死に追い込んでしまった!自分は人殺しだ!


打ちのめされていた真人に妹の晴香(前田敦子)から連絡が入ります。お父さんが事故に遭った!!


急いで病院に駆けつけると、跡を継いでいたはずの長男=健人(反町隆史)は家出をしているとのこと~これは「よくあること」らしいのですが。他の兄弟も集まったその瞬間、目を覚ました父の浩太郎(蟹江敬三)は、


「葬儀屋を閉めろ」


と言い残して亡くなってしまいます


葬儀屋の葬儀を他の会社になど頼めない


幼い頃足に怪我をして家業を手伝っていた晴香が皆を叱咤激励しなんとも辛いシーンでしたね、なんとか浩太郎の葬儀だけは自分たちで執り行うことになったものの、まったく経験のない真人は葬儀のビデオを観てせりふを暗記することしかできません。


こうして一応つつがなく葬儀が行われ、真人はまた日常に戻っていきました。が、どうしても自殺を図った長田のことが気になり病院へ出向くと、ちょうど長田が息を引き取る場面に遭遇してしまいます


母一人子一人だったのに、ひとりで逝ってしまうなんて、なんて親不孝な息子なのかしらまさに逆縁の不孝


どうしても自分の正体を告げられなかった真人は、嘆く母親に対して、ついこう言ってしまいます。


「葬儀屋です。息子さんの葬儀をウチにやらせてください


幼い頃に真人の友達が亡くなった時、その家族に向かって父がかけた言葉を、今まさに真人は口にしてしまったのです。人の死を商売にするなんて!~実家の仕事を嫌うきっかけとなったその言葉を、今の真人はどんな思いで発してしまったのでしょうか?


ドラマでは、合コンを通して知り合った刑事=坂巻優樹(榮倉奈々)も重要な役割を担っています。彼女は5年前に大好きだった祖父(こちらも刑事)を亡くしているようです。


息子の死に際し、どうしてもあきらめきれない母親のため、優樹は真人とともに長田の死の真相を突き止めようと奔走しました。その結果、長田は、自殺したのではなく、いつも面倒を見ていた父親のいない子どものためにボールをとろうとして、誤って屋上から滑り落ちた可能性があることに気づきます


息子さんは自殺したのではありません!


真人が長田に営業成績の話をしていた時、長田は、たまたま通りかかった霊柩車を見て親指を中に隠してぎゅっと両手を握り締めていたのです母親を看取るのは自分だと決めていたのでしょう


親の死に目に会えなくなるから~そんな親孝行な長田が、母親を一人残して死ぬはずがない~たとえどんなにつらいことがあったとしても


無駄な出費と言われながらも、お客さんの笑顔が見たくてサービスのキャンディをふるまっていた長田の人柄にも胸を打たれてしまいましたそのキャンディを葬式に持ってきた真人も本当は優しい青年です


「息子の葬儀をしてくれてありがとう何もかも知っていたけれど頼んでよかった


心置きなく息子の死を悲しむことができたと言ってくれた母親(吉行和子)の姿を見て、真人は家業を継ぐ決意を固めます井原屋を継ぎながら兄ちゃんを待つ


なんとも温かくて心にじ~んとくるドラマでした。その上、


「おじちゃんは僕のお父さんだったんだ!おまえを絶対許さないっ!!」


長田がキャッチボールをしていた子どものこんなセリフまでついてきて~何かここにも謎が隠されていそうです?


人生の最後だからこそ、事務的ではないこうした送られ方をしたい人間は必ず死ぬのですからね最高の人生の終り方~エンディングプランナー~は来週もまた続きを観るのが楽しみになってきました山下智久はやっぱりイイわ~♪


最高の人生の終り方~エンディングプランナー~オリジナル・サウンドトラック


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

コメント 2件

コメントはまだありません
jkokoさんへ  
良いドラマでしたね^^

jkokoさん、いつも拍手コメントをありがとうございます!
エンディングプランナーはとても良いドラマでしたね~来週も楽しみですね♪こんv-343

2012/01/13 (Fri) 14:45 | 編集 | 返信 |   
ちよさんへ  
なかなか良いドラマでしたよ♪

ちよさ~ん、
こちらにもお立ち寄り頂き光栄ですv-411

私はいつも自分の言いたいことしか書かない手抜きの人なのでv-356
是非録画もご覧くださいね~。本当になかなか素敵なドラマでしたから。

となると~どうやらエンディングプランナーもご一緒できそうですね~。
ちよさんの鋭い突っ込みv-354も楽しみにしておりまする(^_-)-☆。
どうぞまたお気軽にお立ち寄りくださいね♪ こんv-300

2012/01/16 (Mon) 16:37 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ