ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

百済の王クンチョゴワン(近肖古王)#59 立太子の行方

百済の王クンチョゴワン(近肖古王)~あらすじ&レビュー一覧

百済の王クンチョゴワン近肖古王)の登場人物はこちらからご確認いただけますクンチョゴワン・キャスト: 近肖古王(クンチョゴワン)~主な登場人物とキャスト


百済の王クンチョゴワン近肖古王の59話は「立太子の行方」。おばさんの予想(妄想)とは大分違ってしまったけれど、なかなかイイ感じのエピソードでございましたね~百済の王クンチョゴワン~は時々きらりと光るのでござる(爆)


謀反を起こした大罪人は死刑だ!!許すことなどできん!


そう主張する多くの臣下やヨグンに対し、意見を求められたヨグスがこう答えます


降伏した者はその命を助けるのが常道です


これを支持し、皆を赦免すると命じた近肖古王は、別室にチン氏の3名を呼んで自らの思いの丈を打ち明けましたこのシーンはめっちゃよかった(^^♪


私がそなたたちを見捨てるわけがない


父上はチン・ゴド伯父上を我が身のように大事に思っていました
母上は、甥のスンを我が子のように可愛がっていました


同じ血が流れる一族をこの手で滅ぼすかと思うと怖くて仕方がなかったというヨグの言葉は紛れもない真実なのでございましょう言えば言えるのよ~この人も


伯父上たちは私を見捨てたが、私にとって伯父上たちは常に心の支えでした。

剣術を教えてくれたジョン伯父上の手のぬくもり、木馬に乗せてくれたゴド伯父上の広い背中、幼い頃に握ったスンの手を忘れたことはありません


新しい民族が百済に入ることを拒み、より優れた人材の流入すら喜べない心の狭さがなんと愚かだったのか百済のためとは口先だけのことだった~我が身に向けられたあふれんばかりの王の慈愛を知ったチン氏たちが、ようやくその懐の深さに触れて感涙したシーンは、実に感動的でしたヒョンニム!


また、この裁定の場でいみじくも「真理」を指摘したヨグスが、部下からの信頼を厚くするのも当然と言えば当然でしょう


元馬韓人の重臣を中心に、あのマッコヘまでがヨグスを太子にと推挙します


高句麗征伐を前に、王様の片腕になれるのはヨグス王子をおいてほかにはいません!


皆の評価を聞いてすっかり落ち込んでしまうヨグン。家柄の点から言っても、肖古王&古尓王系双方の血筋を受け継ぐヨグスが太子になるべきだと取り付く島のないヨグンに対し、ヨグスはこう断言します


私は高句麗征伐のためだけにここに残るのです。東明王の墓にナトゥ旗を掲げることができたら百済を去ります高句麗に勝てたら私は無用になります


そしてその時は意外にも早くやってきました。チング姫の父親が危篤との知らせが入り、これを機にヤマタイへの使節団を派遣するに当たって、これにヨグスが同行することになったのです。


「百済の剣になると誓った私でしたが、これが諸刃の剣になりうることにようやく気づきました


400年の昔、温祚王が植樹したというそれはそれは大きな松の樹の下で、近肖古王が、その幹や根、枝葉を示しながら己の役割について説いて聞かせたシーンもまた忘れがたいものとなりました盛り上げは上手なんですvv


自らの過ちに気づき、職を辞して百済の未来のため人材発掘の旅にでかけたスンも、美しい従姉を慕ってようやくその後を追ったヘ・ゴンも、それなりに幸せだったことでしょう。ゴンのためにもヨグにはできるだけ長生きしてもらわないといけませんなゴンがヨファと一緒にいられなくなる~(^_-)-☆


また、最後まで百済のために尽くしたウルマフルとタンダンにも、もう一仕事与えられそうです。このふたりは、いらつく中盤において本当に救いとなった存在でした


百済の王クンチョゴワンも今日がいよいよ最終回です~あれこれ難癖をつけ続けたおばさんでしたがここまで来るとそれもまた懐かしい思い出で、なんだか名残惜しい気もします~最終回が楽しみです百済の王クンチョゴワン~とうとう今日が最終回!



百済の王クンチョゴワン(近肖古王)OST なんだか名残惜しいわ~♪


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

おっかけ~をありがとうございました(^_-)-☆
クララさん、こんにちは~♪
拍手コメントをありがとうございましたv-300

またしてもFCトラブルなのか~
管理画面にコメントが入ってきていないので、
こちらからお礼申し上げますv-343

毎回覗いてくださったそうでお恥ずかしい限りですv-356
最後まで見たら(?)、とても良いドラマでしたね~感動しました。

あはは~私はあれこれと雑多な趣味なのでつきあいにくいですよね~(^^ゞ。
またもし好みが一致したら、ぜひまたご一緒いたしましょう~(^_-)-☆こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング