2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

大河ドラマ・平清盛の第4話は「殿上の闇討ち」。これはなかなか良いエピソードでしたね。


個人的には、前日「L change the World」を見たので(以前も見たけど途中で眠ってしまい結末が分からなかった)主役の松山ケンイチの演技力にあらためて感心した回でもありました大河ドラマ平清盛のあらすじと感想。あの、世を拗ねていながらも隠しようのない「より高い志を求めずにはいられないすがすがしい眼差し松山ケンイチがなかなかいい(^^)vがたまらんですばい


院の警護にあたる北面の武士になったは良いけれど、その実状にあきれ返る清盛です


男のクセに化粧を施し、女房どもの機嫌を取る、こんなだらしない集団になぜ自分が属さなければならないのか?


表面上はそう言いながら、美しい所作と教養で彼女達を魅了している佐藤義清(藤木直人)への興味もまた否定できないようです。歌で負けるならともかく流鏑馬で負けるのは~やはり面白くないのですね


こうして清盛がようやく御所と繋がり始めたその頃、父・忠盛が「殿上人に昇格しました。


「内裏への昇殿が許されるなんて、実に素晴らしいことですね


そう言いながら、その眼差しでは


「内裏への昇殿が許されることがそんなに嬉しいことなのか?ふん!


と雄弁に語るのは清盛目が全く笑ってない(^O^)/。まあ、驚き喜ぶ皆の前で本音を口にしなくなっただけ、成長したと言えば言えるのですけれど


その心は、鳥羽上皇には気に入られても、他の貴族からは軽蔑の眼差しを浴びせられる忠盛を目にし、ますます強くなっていきます


藤原家成(佐藤二朗)に招かれて清盛とともに赴いた忠盛が、藤原忠実(國村隼)と息子の忠通から手ひどい仕打ちを受けてしまいます。舞を舞えと命じられて見事な舞を披露した忠盛~その最中に皆から酒と罵声を浴びせられるという嫌がらせを受けたのです


父上は武士の誇りを捨てた筋金入りの王家の犬だっ!!恥ずかしくないのですか!?


湧き上がる怒りを抑えられない清盛に、父の本心を知る機会がやってきます


豊明節会(とよあかりのせちえ)で忠盛が御所に上がった際、ひとりで渡り廊下を歩くよう仕向けた忠実は、事前に源為義のライバル心をあおり、忠盛を暗殺するようけしかけたのです


源氏と藤原には浅からぬ縁がある。平氏ごときにのさばられて悔しくはないのかっ!?


帯刀を許されない御所で切り合いなどもってのほか!


そう言いながら、自らは太刀を抜いて、切りかかってきた為義を一喝する忠盛


源氏と平氏の勝負は武士が朝廷に十分対抗しうる力を得てからでも良いではないか?


父の窮地を知って駆けつけてきた清盛が、この一部始終を見ておりました。もし為義が父の帯刀を告げ口したらどうしよう!?父が罰せられたらどうしよう?


どんな嫌がらせをされるか分からないと「木太刀」に銀箔を貼ったものを持たされていたという忠盛の笑顔に心を開く清盛です


「王家の犬では終わりたくないといつからお考えだったのですか?」


おまえを抱いて「平太」と呼んだ時、わしの心に揺らぐことなき軸ができた。


白河法皇の子を引き取り、これを平氏の跡継ぎと決めた時から、そう心に決めていたという忠盛は、おばさんの目から見てもなかなか魅力的でございました中井貴一はうまいわ~やっぱ


そんな「太い男の忠盛が言うのですから、殿上とはなかなかに面白きところなのでございましょう何がどう面白いのか知りたくなりました^^


平清盛はますます続きが楽しみになってまいりました平清盛もなかなか面白いよ~(^O^)/


NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK)も面白そうです

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.