2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

無垢の島~これはNHK大分放送局がその開局70年を記念して製作したドラマだそうです。実際、ドラマにも大分県民の方がたくさん出演なさっていると聞きました。主人公=つばさのおばあさんなどもそのひとりだったのではないかしら?あったかくて素敵なおばあさんでした♪


大分県津久見市、豊後水道に位置する無垢島は、人口50人あまりの本当に小さな小さな村これはほぼドキュメンタリーです。そこにはいまだに水道が通っておらず、島の人びとは雨水を

「天水」

と呼び、水は天からの贈り物だと感謝してそれはそれは大切に使っているのだそうです


そんな無垢島に暮らす少年つばさ(新村 澪二~彼もまた大分県民)を主人公としたこのドラマはほぼ事実に基づいているとのこと


島でたったひとりしかいない男の子。小中学校の児童・生徒を合わせても5人というこの島で、母を亡くして祖母に育てられているつばさは、近くの無人島が気になってなりません


あの島には羊が一頭いるらしい


島を守るという伝説の羊の存在を信じるつばさは、どうやら、その羊を自分に重ねているようなのです。


ひとりぼっちじゃさぞかし寂しいことだろうな


そこへ、一人の青年がやってきました。こちらはむしろ

「人といるのは煩わしい~ひとりになりたい

と考えている今時の青年です。この田中ハルオを演じていたのは柄本佑(えもとたすく)~言わずと知れた柄本明さんの息子さんです。彼もなかなかいい味わいを出していましたね


無垢島の近くの無人島に宝が埋めてあると信じてやってきたハルオが、船を流されて遭難しているところを、つばさが発見いたしました。誰かが無人島にいる!!


びしょ濡れになって助けられたハルオが「天水」の由来を聞き、そんな大切な大切な水を使った風呂に、見知らぬ他人を入れてくれた「お隣さん」の存在には、な~んてことないシーンなのに、胸の中がポカポカ温まりましたハルオも同じ気持ちだったことでしょう


本当に大切な宝はいったいなんだったのか?


それは、昔、水がない時に無人島に汲みに行った湧き水。そして、それを皆に分け与え、助け合って生きてきた島の人びとの温かい心


素朴で何もないけれど、この島が大好き


つばさの担任の先生が語った言葉は、紛れもない本心から出た言葉だったのでしょうね他では決して味わえない宝がここにはあります


来年度から、つばさ君は無垢島小中学校でのたったひとりの「子ども」になってしまうそうです。


それでも、守り神の羊をはじめ、大好きなおばあちゃん、あったか~い村の人びと、友達のハルオが代表する全国の視聴者が、あなたのことを応援していると思います頑張れ~つばさ君


頑張りすぎずに頑張れ!

その愛を信じて、そのえもいわれぬ素敵な島で、かけがえのない素敵な子ども時代を送ってくださいと心から願わずにはいられませんでしたこれからもメッセージを送ってほしいですね♪


何にもない島で、本当に大切なものを手に入れた


ハルオのみならず、おばさんの心もポカポカに温まりました無垢の島~本当に良いドラマでした。素敵なドラマを作ってくださって、本当にありがとうございました。


心が洗われました

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.