2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

「オヤジバトル!」に元気を貰いました(^^♪

オヤジバンドオヤジバトル・あらすじと感想♪をテーマにしたドラマ「福岡発地域ドラマ~NHK北九州放送局 開局80周年記念~オヤジバトル!」を視聴いたしました。活気があって、でもじんわり心に沁みるとってもよいドラマでしたよ~、なかなか素敵なドラマでしたオヤジが皆生き生きしてた♪


舞台となった北九州の若松区は「再生の街」。ペットボトルを再生して様々な製品を生み出しているこの地域では、ペットボトルのみならず、そこに生きる人間たちをも再生してしまうエネルギーがあふれている


というより、むしろ、ドラマ中「ゴンゾー先輩」(今井雅之)が語っていたように

「夢

を失わないでさえいれば、人間はいつまででも、幾つになっても

「青春

を生きていられる、ということなのかもしれません


このゴンゾウというあだ名は、この地域で石炭を運んでいた港湾労働者から来たそうで、とにかく

「人間は、男は、額に汗して働くものだ!

というメッセージが、このゴンゾウ先輩を通してバシバシ伝わってきました


高校時代、バンドの魅力に取り付かれた主人公=前田敏之(筧 利夫)はロックンローラーとして生きる「夢」を抱えて都会に出るも、その夢はいつまで経っても叶うことなく、いつしか「バイト」に明け暮れるだけの人生に嫌気がさして、ふるさとの若松に戻ってきます。


そこで再会した昔のGF~娘のいる未亡人=靖子(飯島直子)と結婚し、一気に「父親」となりますが、ちょうど思春期に差し掛かった娘のうららちゃんからは、いつも冷たい眼差しを向けられています


「なんであの人と結婚したん?


結婚後間もなく、敏之はゴンゾー先輩に誘われて、ふたたびバンドに参加することになりました。「オヤジバンド」と呼ばれる中高年バンドが腕を競う「オヤジバトル」に出場することが目的です。


アンタ、また昔の過ちを繰り返すつもり?

きっと大成するから待っていてくれと故郷を出て行ったことを忘れたの?

今度こそ地道に働く~3人で人生をやり直そうと言ったから、結婚する気になったのに


そんな靖子を新たな悲劇が襲います。娘のうららが白血病にかかってしまったのです。でも、今は8割が治るといわれているらしいですね


もう、うちらのことは忘れていい。アンタはバンドでも何でもやればいい


ようやくバンドを辞める決心がついた敏之でしたが、いかにも羽振りがよい様に見えていたゴンゾー先輩が、実は借金を抱えて倒産の危機にあることを知って愕然とします先輩がそんなに大変だったなんて!


だって、夢がなくちゃ、おまえたちがいなくちゃ、俺の生きている意味がないじゃないか!


最初は、シャウトさえうまく出来なくなっていた(ボーカルの)敏之、揚げ物屋でヘッドホンをつけながらノリノリの健一注文まったく聞こえてないしvv(危ないって)、妻に内緒でこっそりギターの練習に励んでいた稔


アタシはアンタが歌う姿に惚れたんだったわ。精一杯歌ってきなさい


快く送り出してくれた靖子、そして家族のために、敏之は精一杯歌いますシャウトも見事でした(^O^)/


今の日本に元気がないのは、オヤジが元気(夢)を失っているからだ!


無事に予選に出場した時の、敏之のジャンプたるや凄かったですね~。筧、まだまだイケるで~!お父さん、カッコよかったよ


THE BLUE HEARTSのTRAIN-TRAINは俺たちの青春の歌この歌はやっぱりええわ~


なんだかとっても懐かしくて昨日は何回も聴いちゃった、見ているこちらまで元気がもらえましたありがとうございました。とっても良いドラマでしたおじさんもおばさんも頑張れ~(^O^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ