2018/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>

ラッキーセブン 第5話 事件解決!後に深まる謎(^^)v

松潤主演のラッキーセブンは、今回もなかなか面白かったですね~ラッキーセブンも面白くなってきた(^O^)/


新田の無実を信じる駿太郎ほか、北品川ラッキー探偵社の面々が、仲間を助けるため、そして探偵社の存続をかけて奔走します


新田の部屋から押収された証拠書類は、真犯人が持ち込んだものではないか?


飛鳥と淳平が新田のマンション付近を探索怪しいのは淳平(爆)。新田のマンションの監視カメラは既に警察が押収しておりましたが、付近に設置されたカーブミラーから、向かいのマンションの監視カメラの映像を使えないかとひらめくあたりは、さすが、探偵でございます


パソコンでそのゆがみを修正したところ、見つかったのはなんと、あの男~愛人の浮気相手を調査してほしいと依頼してきた林原浩志だったのです!


~先週までコメディ気分で見ていたので、正名僕蔵演じるこの男をチェックできなかった自分が悔しいアノ顔を見たらピンと来なくちゃ


と、ここから本格的に皆の(おばさんも)頭脳が回転し始めました遅まきながら推理スタート♪


確か駿太郎は、以前、調査対象の女将と峰永の男女関係についてビミョーなコメントを残していたのですよ。滅多に会えない愛しい男にようやく逢えた女性の眼つきじゃない~とかなんとか


あの依頼こそがニセモノだったに違いない!


一方、逃走中の新田もこの林原を追っていました。林原は金髪の若い男から金を受け取り、その後その金髪男の後をつけていくと、この男が、峰永の運転手と接触している場面に出くわします白手袋は運転手よね


僕もあなたもはめられたんです


新田が峰永を訪ねた時に、そう語ったそうです。まあ、この運転手自身が黒幕ということはありえないでしょうから、筑紫さんの読みどおり、ここは警察内部に黒幕がいると見て間違いないでしょう。


実際、林原(という名前を語っていただけ)が逮捕され、新田の無実が明らかになった際、字幕に「田無」と出た警察関係の人物がその上層部らしき人物に電話をして


「まだつぶすチャンスはある」


と語っていたようでしたから。「つぶす」の目的語はやはり北品川探偵社なのでしょうね?


また、今回もまた思わせぶりな筑紫さんのいうことによれば筑紫さんサイコー!、峰永が16年前に「異例の出世」を遂げたのは、


「社長のお父さまの事件」


に関係があるらしいのです。行方不明となったという峰永の前任者が、社長の父親なのでしょうか?


そして、今回の事件をきっかけに、新田は家業を継ぐと言い出しました


「新田の坊ちゃんこんな変な人じゃないわとして近所にも知られていた、育ちのいいコロッケ大好き少年だった新田が、親の反対を押し切り、自由を求めて探偵になったはずなのに、今さら家に戻るのも、この


「社長のお父さまの事件


に関係があるのでしょうかモンクの「執事」みたいだな~筑紫さん♪。新田と父親の間に何か取引でもあったのかしらん?


ぼんやり・のんびり見ていると、大切なことを見逃しそうラッキーセブンは来週もメチャクチャ楽しみになってきましたラッキーセブンが面白い♪


フジテレビ系ドラマ「ラッキーセブン」オリジナルサウンドトラック

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ