2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

最高の人生の終り方~エンディングプランナー第6話も泣けました(;_;)

山下智久主演の最高の人生の終り方~エンディングプランナー~の第6話は「哀しき不倫愛の結末~孫への愛」。今気づいたんですが、このドラマは明確なテーマがいつも2つぐらいあるのですね。このエピソードもメッチャ良かった~最高の人生の終り方~エンディングプランナーあらすじと感想♪


高校生が担任と不倫するなんてあり得へん!これは腹立つわ~


と、いつもなら憤慨しちゃうとこなんですが、なんでしょうね~このドラマの醸し出す温かい雰囲気は山Pならでは(^^♪


今回はまさぴょんの妹の桃子が、担任の川原(黄川田将也)と不倫旅行に出かけます。これは、偶然街で川原の家族に逢ってしまった桃子が、あまりにもさり気なく生徒扱いされたことに腹を立て、週末泊まりに行きたいと誘ったのがきっかけでした


お定まりの嘘をつく川原に対する妻=の様子が、でもどうもおかしいのです。子どもには甘い夫に対し


「私がいなくなったらどうするの?」


ひゃ~今度の「逝ってらっしゃいませ」の相手はこの人なの???可哀相すぎる!


まだ若いのに、しかも不倫されている被害者なのに~となんともやるせない思いでいっぱいになったおばさんでしたが、これが後に桃子への大きな教訓となったのでございます


ふたり出かけた先(温泉かな)は、なんと兄=健人がいた町でした。既に記憶障害も出始めた健人でしたが、さすがに全ての事情を察知、妹を咎めにやってきます


「桃子っ!おまえいったい何してるんだっ!?


とそこへ、川原にも連絡が入り・・・お嬢さんを誰も迎えに来ていないのですが


桃子を連れ帰った健人を温かく迎えるまさぴょん一家。桃子から父の死を聞いてまず真っ先に仏壇へ駆けつける健人。オヤジ、すまなかった


あのあったかい食卓に家族全員が揃ったシーンはなかなか良い雰囲気でしたよね美味しそうなチャーハン


がそれもつかの間~桃子が不倫旅行に出かけたことを知った晴香はまたしても猛烈に怒り出します。あ~あ、また、まさぴょんが犠牲になって可哀相に


もっと自分を大切にしろって言ってんの!ここん家のケンカはすごい迫力ですね~


一方、彩は行方が分からないまま。まさか自殺では?と皆が心配する中、今回はこれを健人が見つけ出してきます。病院にいたぞ


彼女はなんと癌に侵されていたのだそうです。余命1年~子どももまだ小さいのになんとも気の毒な話です若いだけに進行も早いのでしょう


自分が死んだら、川原をお願いします。


でも死ぬまでは彼の妻でいたい。その手で葬儀を出してほしい井原屋さんでお願いしたい


死を前に覚悟を決めた彩を見て、桃子もようやく気づきます。先生に必要なのは私じゃない


口が悪い子どもなので上手に表現は出来ませんでしたが、桃子の真意を汲み取った彩は、葬儀の予約は出来ないといってくれたまさぴょんと桃子に向かって深々と礼をしました。遠くではまた川原が。


いくらこちらから誘ったとは言え、教え子と不倫するなど、担任教師にあるまじき行為だ!彩はここを謝ってましたね


と、怒鳴りつけても良いところを、ひたすら何度も頭を下げた健人やまさぴょんの家族愛に泣けました


また、もう1つのテーマ~以前自殺を疑われた男性=今野友也の49日も無事に迎えられてよかったです。あの子どもは本当に友也の息子だったのですね。


ホステスとの子どもだなんて~と当時は冷たくあしらった友也の母がここにきてようやく孫を迎える気になったというのも、まあ自然な流れなのでしょう。でもまあ、おばさんは個人的には子どものお母さんの気持ちも分からなくはないですけどね


苺のつぼみも大分大きくなってきて確実に春が近づいてますね~~正体不明の岩田さん(山崎努)も、そろそろその正体を明らかにしそうな気配です優樹(榮倉奈々)を見て驚愕していたようなので、きっと勘当した娘の子ども~とかいうんじゃないですかね。安易過ぎる?


優樹と言えば~すっかり健人に一目惚れしてた雰囲気でしたが、確かにまったく似てない兄弟だけど、おばさんは、まさぴょんの方がずっといいと思うな~。ふたりともとってもお似合いですし


見た後に心がポカポカ温まる最高の人生の終わり方~エンディングプランナーは、来週も続きが楽しみでございますね最高の人生の終わり方~エンディングプランナーも楽しいですヨ~


まさぴょんと優樹が特に可愛い♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ