2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

最後から二番目の恋 第7話 恋に寂しさは付き物ですか?

小泉今日子主演の最後から二番目の恋も毎週楽しみにしています最後から二番目の恋が面白い。第7話はなんとも痛いエピソードが満載でしたね


まずは愛しの和平さんから今週の和平さんも頑張ってました!


真平の病気についてつい口を滑らせてしまった和平さんまだ言ってません。お兄ちゃんが言わないならアタシが言うと「ガサツ」な典子でも結構好きです♪に急かされて、ついに千明に真相を話してしまいます


真平が11歳で脳腫瘍の手術をしたこと。再発の可能性は0ではなく、再発したら治癒の確率が低いこと。真平は中学の時にこれを知って以来、ずっと「死」を見つめて生きてきたこと。自分の死に周りを巻き込むことが無い様、悲しむ人を作らないよう、他人を幸福にするためだけに生きてきたこと。


とまあ、これはこれでなかなか良い話だったのですが、この後、なぜか話はまことに妙な方向に流れ出し・・・


そんなことは誰にでも言えることでしょ


千明がこう切り出したのが間違いでした。しかもその後はずっと和平さんを指差しながら

あなただって、明日交通事故にあうかもしれない。もう既に(年だから)悪い病気に侵されているかもしれないし、そうそう、二股かけてる親子からぶすりと刺されるかもしれない


あの妹たちがこれを聞き逃すはずがありません


?何?二股かけてんのっ?!サイテーっ!!男らしくないっ!!信じられない~!


このあとまた色々あって、和平さんは典子の夫のじじい、もとい広之に誘われてキャバクラへ行くのですが(初挑戦、ここであの小うるさい一条さんにバッタリ出会い(元気ですね=)、またしても二股の話題が上り、キャバ穣から一斉コールを受けてしまうのです。


男らしくな~い!


でもこのあと、千明に逢った和平さんは、さんざんな1日を千明に聞いてもらうのですヨ男らしくないって言うのはひどい暴言です!。心の健康のためにはもう一杯飲んでスッキリさせた方がいいですよ、と優しく千明に誘われて


その時の千明のひとことが、なんだかとっても胸に響きましたさすがだな~って思いました♪


私たちみたいにね、恋愛から遠ざかる生活が長いと、恋愛するのが億劫になってしまいますよね。でも私はちょっとだけ頑張って真平君と向き合ってみたいと思うんです。


だからあなたも、もう少しだけそのふたりのことを知ることから始めてみたらどうですか?


もう少し互いのことをよく知って、恋をするのはもう少し先のことでもいい~さすがにここは痛い失敗をいっぱい積み重ねてきた大人の女のセリフですよねでも~自分は大丈夫?


そう言えば、あの脚本家もなかなかイイこと言ってましたっけ


いつから、とか、どうして、とか、時期や理由なんて関係ない。ふと気づいたら恋しているというのが「恋」というものじゃありませんか


たとえ広之や典子があんなに焦って&頑張ってみても~先には「痛い」結果が待っているだけなのに。ね~息子はあきらめて私とどうですか、だなんて我が身を振り返れという教訓ですな(爆)


千明も和平さんも、もうとっくにお互いの相手がいることを、ど~して気づかないのかしら。下手に気づいてこの「心地よい関係」を壊したくないというセンサーがどこかで働いているのでしょうか臆病になっちゃうのよね


でも、そんな風に気張って肩肘張ってする恋は結果が見えてしまう気がしませんか。予告の最後で千明がつぶやいていたように

って意外と寂しくなるものなのよふたりでいるのが寂しくなったらでももうお終いです

って。恋をしていなければひとりでも何ともなかったのに、恋をしたばっかりに寂しさ執着?がこみ上げてひとりでいられなくなる独占欲?。ホント、そんな恋っていったい何なんでしょうね?


たとえ離れていてもその人のことを考えて楽しくなったり、楽しいことがあると一緒にこれを分かち合いたくなったりまずは相手を思うこと、と楽しさは2倍になって寂しいことは半分にできる理想ですな~~というのが本物の恋やはり枯れないとなかなか無理かもvv~愛情だと思うんだけどなニャンコ相手にならできるんですがvv


見栄だったり、憧れだったり、対抗心だったり、世間体だったり、同情だったり、寂しさを埋めるためだけだったり~で始めてしまう自己満足な恋に付き物なのが寂しさなのではないのかしらね~などと、こっそり分析してしまった大人のおばさんなのでありました口では何とでも言えますからね


最後から二番目の恋は来週もなかなか楽しみでございます最後から二番目の恋が面白い♪


~え~、「友達の話」はやっぱり「友達の話」ですよね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ