2018/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>

ストロベリーナイト~第8話で解けた「悪しき実」の謎

竹内結子主演のストロベリーナイトの第8話は「悪しき実」。これはなんとも意外な展開でございましたねストロベリーナイトあらすじと感想。個人的にはちとセンチメンタル過ぎた感も無きにしも非ずですがなんだかな~ビミョーになってきた気配がvv、ま、そんな展開も決して嫌いではないのですが、このドラマでこの手のエピソードに出会うとはこれ以上来たらあかんな(>_<)~なんとも複雑な心持にさせられましたここで踏みとどまってくれ~!


でも日下が解いた部分は文句なしに面白かったです生瀬もがんばっとったがな(^O^)/


殺されたふたりの暴力団組長の神部鷹見は、世間的には反目する間柄だったのに、実は裏で手を組んでいた


神部組は大和会系暴力団に属しているのだそうですが、その大納会において神部が「幹部」に任命されなかったのだとか~大和会系内部で、神部を蹴落とそうとする動きがあったようなのですね


これに腹を立てた神部は親和会系の鷹見組と手を組み、大和会系に復讐しようと企むも、これが大和会系の知るところとなり、神部も鷹見も殺されてしまった大和会お抱えのプロの殺し屋の手によって


日下が明らかにしたのはここまででしたが、姫川はこの後を見事な推理で紐解いていきます


この殺し屋が、最初に國奥先生が持ち込んだ遺体本人=岸谷清次だったのです。そう言えば、最初の報告で、岸谷は「大和会系吉田組構成員」だと言ってましたっけ。ちゃんとメモ取っておかないといかんですな


岸谷はプロの殺し屋で、これまでに神部と鷹見を含めて計13名の人間を殺害しておりました。前回見つかった写真は11枚で、岸谷が過去に犯した(既に裁かれた)殺人が2件。これが分かったのは、今回初登場の


「捜査第一課 特設現場資料室」


林警部補(半海一晃)~この人もまたなかなかの怪物ですね~。過去5年間の未解決事件の被害者の顔が、写真を見ただけですぐに分かってしまうのですから


ここまではかなり面白かったのですけれど、このあとがな~ちょいとメロメロしちゃったのですよね


6年前、刑期を終えて出所した岸谷は春川美津代(木村多江)と出会いました。人殺しを生業としていた岸谷にとって春川はまさに天使のような存在となった木村多江がいかんかったな。恋人同士となったふたりはつかの間の幸せを享受するも、岸谷にはすぐに大和会系の追手の魔の手が迫ってきます


逃げては見つかり~を繰り返しながら、おそらく岸谷はその9件の暗殺を遂行していったのでしょう。その血なまぐさ、火薬の臭いから逃れるため=死者への贖罪の気持ちから、岸谷はあの「木片」を彫り始めたのだそうです


これ~仏像に見えないかな


この香木には「シキミ」という名がついていました。その実に猛毒が含まれることから「悪しき実(あしきみ)」と呼ばれていたのがいつの間にか「シキミ」となったのだろうということです。


そして、最後の殺人を行った後、岸谷は自ら命を絶った。その前に美津代と別れておいた~これ以上彼女を不幸にさせないために


遺体の左右の温度が違っていたのは、美津代が亡くなった岸谷に一晩中寄り添っていたからだそうです。愛する人との最後の別れを惜しむ行為が、この「謎」を産んでしまった。エアコンをつけていったのは遺体の腐敗を遅らせるため、警察に通報したのは「たった一人で死んでいる」岸谷を放っておきたくなかったため


そこまでするならなぜ自分の手で弔ってやらなかったのか?と思いたくなりますが、美津代は岸谷の子どもを身ごもっていたのだそうです。愛した人の子どもではあるが、その子を「殺し屋の子ども」として生み育てたくはなかった。だから、岸谷との関係をすべて断ち切っておきたかった。


2話完結とはいうものの、美津代のこの告白部分を妄想させるにはちとコマ不足だった気がいたしましたが、でも、こうしてあらためてこれを文章にしてみますと、なんとも良くできたエピソードだったのだな~と思わずにもいられませんこれに関しては小説の方が面白そう♪


また、おばさんが気になっていた日下は期待通りのキャラでした遠藤憲一がいいわ~。緻密で融通が利かないけれど、有能で度量が深い


俺は別に姫川を嫌っているわけではない。ただ危なっかしいと思っているだけだ


姫川も、自分にはない日下の長所を「気持ち悪い」と否定ばかりせずに、日下のような資質も懐に抱えられるぐらいの大物になれるとよいのですけどね~今泉警部みたいに緻密な捜査を自分でやらずにやってもらえるんだからお得なのに♪


なかなか面白い展開を見せるストロベリーナイトは、確かに「異色」の刑事ドラマのようでございます。でも、来週の予告(字幕)に


「ふたり(姫川と菊田)の恋の行方は?


などとでかでかと書きたてるのはいかがなものかと菊田はパチンコ強いですから~(^O^)/~いくらフジ系でも、このドラマに「恋」をメインに期待している人がどんだけいるのか~ちと考えたら分かりそうなものですが。もちろん「恋」が存在しても構わないし、あのふたりなら実に好ましいのですヨ。でもそこを取り上げてあおるのはね~ちと、いや、かなりいただけませんな、というのがおばさんの感想でございました。そういうのは


「こそっと見せるあからさまだとひいちまうわ


ところでかえって際立つのですヨ~


が、あえてそこは目をつぶってストロベリーナイトは、来週の「ソウルケイジ」も楽しみになってきました。お願いですから、最後までメロドラマにはせんといてな~しかと頼みましたよ



誉田哲也の小説~ストロベリーナイト (文芸)シンメトリーソウルケイジ感染遊戯なども面白そうです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

コメント 2件

コメントはまだありません
チャングム  
今までとは違う展開でしたね

木村多江さんといえば~ていうキャラクターでしたねv-356いつも同じような役柄なので、ちょっと違った感じもみたいものです。

遠藤憲一さんは、期待通りいい感じでしたねv-218

来週は、こんさまのおっしゃるとおり、恋愛メインは、やめていただきたいですね。



ちなみに・・・ロイヤルファミリーも見てます。だけど火曜日はストロベリーナイトとかぶってしまいますv-394週末、見れるといいな~と思っております

2012/03/01 (Thu) 17:00 | 編集 | 返信 |   
チャングムさんへ  
ね~そうでしたよね~♪

チャングムさ~ん、こんにちは~♪

ぷぷ、そうそう、そんな感じでした~。
アノ人を見たらご用心?v-392

木村多江さん、以前ホタルノヒカリというドラマで、
少~し変わった役をしてました。
女手ひとつで子どもを育てる役柄なんですが、
あれは結構よかったです~。
女性を売り物にしそうなんだけど、実はそうじゃなかった~みたいな。(^_-)-☆

ね~、日下はいいですよね~v-426
私的には今泉さんの次に並んでいますv-343

刑事モノにベタな恋愛は持ち込まないでほしいですよね~v-427
せっかくカッコイイのに、調子狂っちゃいますってv-292

私も最近視聴スケジュールが超過密状態ですv-393
少々お疲れ気味なので~週末は少しゆっくりする予定でおりまする^^。

ロイヤルファミリーもなかなか面白そうでしたよ。
よかったら~またどうぞお立ち寄りくださいね~v-300。こんv-285(様はいらんよv-321~爆)

2012/03/01 (Thu) 17:20 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ