ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/03
<<02 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  03>>
平清盛
 NHK大河ドラマ

平清盛~第9話「ふたりのはみだし者」 腐りきっとる(-_-;)

大河ドラマ・平清盛も順調に楽しく見ています。ここ数年、まったく大河から遠ざかっていたおばさんの両親も、結構気に入っているようです平清盛ひさしぶりにわが家で大河の復活です


でも、あの「王家」と「藤原家」のおどろおどろしさには少々、いやかなり参っている模様もう勘弁してほしいですvv


今回、あの鬼のような形相でようやく「皇子」を産んだ得子と、息子の雅仁親王にその非人間ぶりを公然と指摘された待賢門院璋子(たいけんもんいんたまこ)のやり取りには開いた口がふさがらないようでございました


「いったいこの人間関係はどうなってるわけ?


めずらしく説明を求める母に、こちらも頭を痛めるおばさん


え~と、今子どもを産んだ人=得子(松雪泰子)は鳥羽上皇(三上博史)の側室


今、生まれたばかりの弟を抱きたいと言ってやってきたのは雅仁親王(松田翔太)で、鳥羽上皇とその妃=璋子の次男。


「長男はどうしてるの?」


長男は、一応、崇徳天皇(ARATAあらため井浦新)なんだけど、この人は、鳥羽上皇の息子じゃなくて、璋子と白河法皇(伊藤四朗)の間に生まれた子どもだから、鳥羽上皇には疎まれているのよ


「今、歌を詠んだ人は?


あれは佐藤義清。清盛の同僚


しばらく経って、またふつふつと疑問が湧いてくる母


「確かアノ人は、女御さんと関係があった人よね?


そうそう。そ~ゆ~とこは見逃さないのね、その通り


ただしくは「女御」ではなく「女房」だそうです。ご指摘ありがとうございました


「で~今度は璋子さんとそ~なろうとしてるってこと?」


「腐ってる!」


いや~まさかでしょ、とその時は思ったおばさんだけど、どうやらそんな展開になりそうでしたねひゃ~恐るべし母


と、昔はよく書いていた「母と娘の会話」で書かせていただきましたが、まことに母の申すとおり、この平清盛というか、この時代の天皇家がいかに腐敗しきっていたか~この辺はまさに見るに耐えないところでございますよね


この場に居合わせた清盛が語ったように、だれひとり「子どもの誕生を心から祝う者がいないのですから子どもは政争の具じゃないぞ!


そんな腐り切った王家に現れたひとりの風雲児が、雅仁親王、のちの後白河法皇というわけです


おばさんの日本史の知識はせいぜい高校生どまりなのですけど、これから「保元の乱」、「平治の乱」~そして平氏全盛期から鎌倉時代へと流れていくのですよね。今はすっかり影が薄い源義朝もそろそろ台頭してくるでしょうか


夕べは今ひとつこの雅仁親王のキャラがピンと来なかったのですけれど平清盛の直前までライアー・ゲームを見ていたため頭が切り替えられんかったカモはお前だ♪、こうした流れを思い浮かべてみると、今後の清盛と雅仁親王の関わりがキーになってくる、それを浮き彫りにするためのこのおどろおどろしさ~という解釈も浮かんできます今後が楽しみ♪


これまではつい無視しがちだったのですけれど、先を見越して雅仁親王の乳父になったという高階通憲の動向も今後は注目しないといけないですね


まあ、その対比が狙いなのでしょうが、腐敗しきった王家に対し、平氏の親族の関わりは実に好ましいですね~清太の誕生時の皆の喜びよう(^^♪。血のつながらない弟家盛と我が子の誕生を喜ぶシーンはなかなかよかったですし、叔父の忠正は時々清盛を疎んじたりしていますが、宗子の従兄の藤原家成でさえ清盛にさり気なく好意的だったりするのも、とても温かい雰囲気を醸し出していますよね佐藤二朗さん結構いい味出してます♪


息子の清太が生まれてすっかり父親らしく落ち着いた感のある清盛が、同じDNAを持つ雅仁親王に出会ってどんな化学反応を起こすのか?この辺はなかなか面白くなってきそうですね平清盛は来週もまた続きが楽しみでござりまする平清盛もこの先が楽しみ^^


~でもおばさんは基本的に、よろめきドラマは大の苦手なので、義清と璋子さんの~~なんていうのは、ち~とも楽しみではありませぬ。むしろとっとと終わってほしいでやんす


NHK大河ドラマ「平清盛」完全読本 (NIKKO MOOK)も面白そうです

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は平清盛のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
白河法皇が元凶のドロドロの時代ですね~。
フランスのルイ14世~革命前に匹敵するような時代ですよね。
(貴族は、結婚したら不倫をしないとおかしい、といわれたそうです)

まあ、時代的にも若干は通い婚が残っている時期だし、貞操観念や倫理観は今とは全然違いますよね。
源氏物語なんかでも、人の妻との不倫を悪いとは全然思ってないですしね。
宮中の女房が男が鉢合わせしてしまって慌てる、みたいな話もありますが、
鉢合わせしてしまったことは問題だけど複数通ってきているのは別に悪くないみたいですし。
けど、天皇の妻たちはまた別な感じはあるんですけど、やはりそうでもない話も
あちこちで読んだりするので、本当のところはどうなんでしょう。
(この時代は正妻・側室ではなくて、もともとは対等な妻が何人かいて、
その中から誰かが中宮(貴族なら屋敷に迎えた北の方)になる、という感覚だと思います。)

璋子という人も、白河法皇の欲と都合であちこち行かされて気の毒な人ですよね。
璋子自身は、誰か好きな人があったんだろうか、とか思ったこともあります。
佐藤義清・西行法師は、女御に失恋して出家したという説もありますし、
(もちろん、別に妻子はいるんですが)その相手が璋子という設定になっていくんでしょうか。

平安後期あたりまでは、今と人間関係や世界のとらえ方の基本が全然違うので、おもしろいです。
武士が中心になってきて、今に通じる世界・世間の感覚に変わったような感じがします。
大河もご覧になってましたか!
天鼓さん、こんにちは~♪
お、今日は大河ですね~。

確かに言われてみれば、
今とはまったく貞操観念が違うのですものね。
まさにルイ王朝と同じ感覚かもしれませんね。

私はかなり苦手ですが、その辺はもうサクサク流しています~v-422
ほ~っv-403、みたいな感じですね。

たとえて言うなら、白石のギャグ的存在でしょうかv-401
時々むかっ腹は立つけど、ま、いいか、しょうがない~みたいな感じですv-392
(天鼓さんにしか言えない喩えですが・笑)

そうですね~私は根がガサツにできているので(爆)、
武士の世界の方が心地よいです^^。清盛もゴッツー気に入っています。
同じドラマでも色々な見方があって、それもまた面白いですね(^^♪。こんv-16

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング