2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

デカ黒川鈴木の最終回はピッカピカのハッピーエンド(^^)v

板尾創路(いたお・いつじ)さん主演のデカ黒川鈴木は最終回までとっても楽しかったですデカ黒川鈴木~とうとう最後まで誰も名前を突っ込まんかったvv


静江さんの激しいまでの黒川への愛情結局はとっても愛しているのですねは、いつかきっと「犯罪につながりかねない~とひそかに恐れていたおばさんでしたが、まさかそれを荻野目慶子が代わりにやってくれるとは~似たもの感があふれていてここは大笑いしちゃいましたもう彼女が登場しただけで笑えました(^O^)/


「さすがにそれはやりすぎでしょ


娘の髪が送られてきたのを見てショックを受ける旦那の西岡徳馬の姿に、黒川は自分の影を見たのかもしれませんね


と、今見たばかりなので後半部が最初に来ちゃいましたが、今回は最初からなかなか面白かったですヨ


なんといってもあの「お手伝いの田中」(伊藤修子)が面白すぎ~。彼女、うぬぼれ刑事の小山婦警の時も相当面白かったので、もう少し出番があったら楽しかったのにな


また、娘をさらわれた神主の土地から出たパワーストーン。これには「幸せになるオーラ」があると聞いて俄然興味を持つ黒川も相当笑えました。「夫婦仲」にもよく効くと聞いた途端、必死にそのオーラを吸い込んでいましたよね分かりやすい~


ところが~せっかくのご利益も静江さんには効かなかったようで、現場に赤木から電話がかかってしまいます


「静江さんが『私たち離婚するのですよ』と言っています。どうしましょう~」~とかなんとか


本当に離婚するつもりなら黙って出て行けばよいところを、職場に乗り込んで


「私の大切なもの


を焼き捨てに来るなんて、さすが静江さん、容赦無しですね~アッパレです


「ここもとりあえずとりこんでいるから


一応、誘拐事件を抱えた黒川に、静江さん説得を頼まれる赤木が不憫で不憫で赤木~どうしてるのかな~~その後の犯人探しなんか、すっかりどこかへ消え去った感じでした。んなもん、白石に任せときやアノ人の思いは私には届きませんでした<(`^´)>。でも、黒川が運転できたのにはおばさんもビックリ。免許持ってたんかい


結局どんだけ泣かされたのか~耐え切れずに再び電話をかけてきた赤木に


「静江に代わってくれ。どうして離婚なんか!あわてふためく黒川


と言った黒川に遠慮して、誘拐事件で大変なはずの関係者3人が全て後ろを向いてしまったタイミングも実におかしかった気まずそう~居心地悪そう~


毎晩ご飯を一緒に食べたいと言ったのに、あなたはいつも1ヶ月しか持たない!!すぐに忘れるんですもの!同じことの繰り返しはもういや!


仕事や金儲けにしか興味の無い夫への静江さんと犯人=神主妻の警告だったのですね~。これで事件も見事解決!


てか、あんだけ警察(白石~今日はひとりで頑張ってたな)を引っ張りまわしたら、逆に逮捕されそうなもんだけど、そこはそれ~オトコマエの黒川はそんなことはしないのでございまする


こうして事件は解決し、黒川は晴れて静江さんと思い出旅行に出かけることになったそうです今度はその写真集を掲載してほしいな。あの静江さんの嬉しそうな顔赤木も晴れて医大生~ということはそれまで白石ひとり?不安~~。取調室でカツ丼が食べてみたいという妻の願いも、ちゃ~んと叶えてくれた黒川は、なかなかよいご主人だとおもいますけどね


ものすご~くおいしそうに見えるんですよね、あのカツ丼って


最近はこの手のコメディが少なくて~終わっちまうのが寂しい限りでございます。またぜひいつか第2弾を放送してもらいたいものです。ここでおつき合いくださいました皆様にもこの場を借りて厚く御礼申し上げます


またぜひ楽しいコメディでご一緒できますように


~日曜日にはSPEC~翔~が放送されます。ご覧になられる方はぜひご一緒いたしましょう


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

コメント 10件

コメントはまだありません
天鼓  
犯罪のないミステリー

ここ数回、犯罪なしですね。ちゃんとミステリーですけど。
でも、本筋で結構ぎちぎち。遊びなし…寂しい…。

今回のお話、黒川の話とパラレル…そういえばそうですね。
全然気づかずに、捜査中にこんな電話、いいのか?と思ってましたよ。

本筋の方は、割と始めから奥さんがわざとらしい感じはしてましたが、
ドラマの演技ってこんなもんかな?とか思っていました。どうでしょう?
決定打は山小屋?のところで弟さんが携帯を見つけたところ。
近寄って確かめる前に、「携帯電話」とわかっていたので、おかしいと。
お手伝いさん、印象に残ってます。しかし、暗いうちから庭掃除して、
きれいになったかどうかわかるんだろうか…。
あと、なんであんな所で黒川に不審車の話をしたんでしょうね。
奥さんとかがいるところでは、しにくかったのかな?黒川にはプラスでしたが。

射撃場で、電話が切れたのはなんでだったのか、謎です。
もしかして、緑川さんが来ちゃったから切ったのかな。
現地にいたわけじゃないから、白石の行動は無関係ですよね。
あと、最後に白石が歩いていた河原は、「車で一時間半」の所かな?
今回はよく働いてましたが、あさっての方ばかりで、気の毒。

その他、パワーストーンと黒川、とか、尾行をはしょりたがる白石、とかありましたが。
そういえば、黒川は運転できたんですね!なのに署長を使うなんて…。

さて、問題の「離婚宣言」ですが、ああいう理由でしたか。納得です。
やっぱり、「犬も喰わない」以下の理由でしたね。
でも、そのまま帰すとさっさと荷物をまとめて、
黒川が帰ってくる頃にはもぬけの殻、ってこともありそうですし。
引き留め役の赤木は気の毒でした。大変だっただろうな~。
以前静江さん本人が言っていた「見直し→幻滅」の繰り返し、の底に来たのか、
繰り返し自体に対して「もういやだ!」となったのか?
前回、黒川がおやつを食べずに出て行ってしまったから?とか思ってしまいました。
最後の1本の藁、という意味で。
黒川はどうやって仲直りしたんでしょうね。旅行を餌に?釣れそうですけど。

最後、まさかと思ってましたが、赤木は合格しましたね。
「刑事もやめない」って、そんな長期の休職とかできるの?と思いました。
そして赴任当初のエピソードも。黒川まで…と思ってしまいました。

ともかく、めでたく終わりましたね。
続編も…ですが、とりあえず再放送してくれないかな。
始めの方をもう一度じっくり見たい。
本編を見て、ここのあらすじでもういっぺん楽しめるので、
二度おいしい感じで、なかなか楽しかったです。

さて、放送も終わったので、原作を解禁にします。楽しみです。
あ、本屋に行ったらぜひ帯をご覧ください。創元推理文庫・滝田務雄です。

長くなってしまいました。ありがとうございました。

2012/03/31 (Sat) 23:44 | 編集 | 返信 |   
天鼓さんへ  
フツーじゃないです(爆)

天鼓さん、こんにちは♪
まずは~最後までおつき合いくださいましたこと、お礼申し上げますv-300
いつもはひとりで語ることが多いコメディ関係~天鼓さんのおかげで
2倍楽しむことができました~ありがとうございましたv-343

そうそう、顔ぶれ自体が「遊び」でした。特にあの荻野目恵子がv-408
アノ人、ソープドラマなどであの手の演技全開で~
出てきただけで笑えちゃう人なのですヨv-398
お、もしファンがいたら叱られそうだけどv-356

田中~も存在自体が笑えたので、細かい点は気になりませんでした。

きっと制作者側は最後の数回を「配役」で遊んだのですね~筋ではなく。
天鼓さんの疑問を伺ってなるほどな~と思いました(笑)。
私はうまく乗せられちゃいましたね^^。

また原作をお読みになったら楽しめそうですね~。
いつなりと、感想などお聞かせくださいね。お待ちいたしておりまする。こんv-286

2012/04/01 (Sun) 07:12 | 編集 | 返信 |   
天鼓  
No title

フツーじゃなかったんですか。
でも、ああいう演技なんですね~。
いかにもわざとらしかったので、初手からばらしてんのかと
思ったのですが、そういう訳じゃなかったんですね。

テレビドラマをよく見ていると、おもしろい配役だったわけですね。
何か、いろんな面で玄人(って言うのかな?)受けを狙うドラマだったんですね~。

ところで、原作の黒川は全然大阪弁じゃありません。
白石は、ドラマ以上にイタい感じです。(今のところ)

2012/04/02 (Mon) 01:00 | 編集 | 返信 |   
天鼓さんへ  
あれ以上?(゜o゜)

天鼓さん、こんにちは~♪
順調に読書を進められている感じですね~v-411

ああやはり~板尾さんだからの大阪弁でしょうね。
白石が、あれ以上にイタい??v-408
想像できません~あれでも個人的には目一杯でしたv-393

私は結構この手のコメディが好きでよく観ています~。
それがシリーズ化されていくとまた面白味が増して堪えられませんvv。
この黒川鈴木も(とうとう名前に関する突っ込みはありませんでしたねvv)、
そうなってくれればな~と願うばかりですv-343

それではまた~(^_-)-☆こん

p.s. そうそうv-21、最終回に登場したお手伝い=伊藤修子さんですが、
平清盛の「生田」(時子の侍女)を演ってましたね~。
これまで不覚にも見逃していたけど昨日は大笑いでした(^O^)/。

2012/04/02 (Mon) 06:52 | 編集 | 返信 |   
天鼓  
白石

ワサビ盗難事件、読み終わりました。盗難のみ、殺人なし。
登場人物も違いますし、わさび畑という舞台と車のライトのトリックだけ使ったみたいです。
1話見てないんでよくわかりませんが。

で、白石ですが、事件と同時並行で参加型PCゲームの話が出てきます。
黒川が別人格でプレイしているところに、たまたまチームを組んだ中に白石がいて、
本名を名乗り、警察官だと言ってしまう、という所はいかにも白石らしいところです。
で、捜査と並行して数日間ゲームも進むのですが、ゲーム内で白石が上司の悪口を言うのです。
これが、さんざんな悪口で、地の文(どっちかというと黒川目線)と合わせて読むと、
すごく考えなしの人のような印象になってます。言葉遣いとかも、ちょっと行き過ぎな感じで…。
ま、1話目ですし、静江さんも登場はしてますが、名前も出てこないし。

お手伝いさんを演じていた田中さん、清盛にも出てるんですか。
もしかして、時子出産のときにばたばたしていた侍女かな?

2012/04/02 (Mon) 12:25 | 編集 | 返信 |   
天鼓さんへ  
複雑そうですね~

そうですか~なんだか漫画の方が複雑な感じですねv-394
絵があれば分かりやすいのかな~私にはちと理解が難しそうです(笑)。

今度私もドラマ熱が冷めたら~いつかトライしてみますね。

そうそう、あのバタバタと叔父をこき使った侍女です。
あ~平清盛も書かなくちゃv-393~ではまた~(^.^)/~~~。こんv-392

2012/04/02 (Mon) 15:52 | 編集 | 返信 |   
天鼓  
あ、小説です。

原作、小説です。
しかも、情景描写、すごく少ないです。
人物の服装とかも、ありませんね。年齢くらいは、一応、って感じです。
おかげで情景を作るのに時間掛かって、読み進むのも割とゆっくりです。

車のライトのトリックなんかも、鏡に映して、くらいの表現しかなく、
未だにどういう角度でどう置いたら、そう見えるのか?謎です。釈然としません。

2012/04/03 (Tue) 00:01 | 編集 | 返信 |   
天鼓さんへ  
やっぱり大変そう(爆)

そうですか~小説でしたかっ!v-405
それはますます分かりにくそうですね~v-393
お疲れ様ですv-435
でも天鼓さんなら、そこも楽しんでおられそうですね~(^_-)-☆。こん

2012/04/03 (Tue) 07:02 | 編集 | 返信 |   
天鼓  
明日から再放送

関西では、明日から再放送あるみたいです。
見逃した回を見たい!と楽しみにしております。
原作本は2冊とも読みましたが、あまり原作通りではありませんでした。
また違うおもしろさ、という感じです。ドラマの方が衝撃的だったかな。
が、こちらでも名前の由来は明かされず…でした。

2012/06/26 (Tue) 00:46 | 編集 | 返信 |   
天鼓さんへ  
あらよかったですね(^O^)/

そうですか~再放送!
さすが関西ですね~。こっちじゃやらないな~きっとvv。

また面白いところを再発見されたらお聞かせくださいね^^。こん

p.s. 別のドラマで白石(田辺誠一)がえらい二枚目をやってました。
やっぱり二枚目似合いますヨ~v-408

2012/06/26 (Tue) 06:53 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ