2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

梅ちゃん先生の第5週は「もつべきものは、友」~で、全体的に見れば、友達思いの梅ちゃんとその仲間たち~てな感じで悪くなかったと思うんですけど、おばさんは、あのお父さん並に偏屈なところがあるので、ちと

カチーン

ときたところが2箇所ほどございました。黙ってスルーしようかとも思ったのですが、これもまた長丁場ですし、何も言わずに溜め込むのもストレスがたまりそうで~という訳で、今日はちょっぴり辛口で行かせて頂きまする。これも可愛い梅ちゃんへの

「愛のムチ

とご了解いただければ幸いでございます


まず一点は、やはりあの「コーラ作りでございましょうね。いくら江美が秋田に帰る汽車賃を稼ぐためとは言え、学生が、学校の名前を出してもらってきたサッカリンを、コーラ作り(私用目的)に使うってどうかと思うんですが。ま、いかにも学生がやりそうなことですが


しかも、こちらが最も大事なポイントですが、家計が苦しい中で通わせて貰っている学校の勉強をおろそかにし、4教科も再試(ビーコン)になるとは言語道断!!


いったい何をしていたんだっ!

その上、再試に落ちたら後が無い=退学だと言う事実を知らなかったというこの甘さ


勉強に費やしたはずの「時間」のほとんどが、板書を書き取ったノートがあまりにも汚いがため、ただこれをきれいに清書するためだけだったという情けなさ書いていたら眠くなっちゃって(>_<)。だったら、汚いノートを何度も読んだ方がマシでしょ


も~呆れてものが言えませんでしたさすが梅ちゃん!。でもこれが「梅ちゃん」なのだとここまでは何とか我慢したのですヨ。その後も一生懸命心を入れ替えて頑張っていたようですからね


本当に腹が立ったのはこの後のシーンでした


「他人のことばかり考えて自分のことはいつも後回し


と、自ら言っちゃう人が、退学がかかっている親友に、しかもお人よしで、こちらの方こそ「自分のことより他人のために奔走しちゃう梅ちゃん」に、あんな相談事を話してしまうものだろうか?


いくら一児の母とは言え、まだまだ若いことですし、切羽詰ってのことだったろうとは思うんですが、それにしても、あのタイミングは無いだろうと、なんだか無性に腹が立ってしまったおばさんなのでありました。厳しすぎ??


~再々試験が許されなかったら、いったいどうしてくれんのよっ!!どんだけ苦労して入ったか知ってます!?


この手ののんびりドラマそれが癒しなのですしに腹を立ててみても仕方がないのですけどね。なにせ、牛ちゃんのために頑張っちゃったわけだし


ハナちゃん~だと思いましたよ

ああそれともう1つ、学生の思いつきでコーラ売りを始めた梅子と、家を出てまで必死で頑張っている竹夫が比べられたのも腹立たしく思った原因の1つかも知れません


「梅子のほうがビジネスの才能があるな


冗談でもそんなことは言ってもらいたくないんですけど竹夫が気の毒で見てられませんvv~叔父さん。まあでもこれで、竹夫が一層たくましく成長してくれればそれでよいのですけどね。あ、あのあかねちゃんは、おばさん結構好きだな~歌はともかく


好きといえば松子の職場で松子にちょっかいを出してきている真田伸吉(平岳大)は、ちょいと良い方向に化けていきそうな感じですね。あのいかにもチャラ男の山倉(満島真之介)よりは、よほど好感が持てて、応援したくなってしまいます


まあ何にせよ、何事にも一生懸命なのは良いことですし、それが梅ちゃんの取り柄ですけど、遊びと同じ様に勉強もおろそかにしてはいけませんよ。建造父さんの後ろで、おばさんも見張っていますからね


来週はダンスパーティーだそうで(゜o゜)~ま、それもまたいいか(^O^)/

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 1

There are no comments yet.
jkokoさんへ  
拍手コメントをありがとうございます!

jkokoさん♪
いつも拍手コメントをありがとうございます。
ホントですよね~それしかないですvv。こん

2012/05/07 (Mon) 06:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.