ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
平清盛
 NHK大河ドラマ

平清盛~第23話 叔父を斬る~全ては一門のために!

大河ドラマ・平清盛の23話は「叔父を斬る」。生きるも死ぬも全て平氏のため~平氏はみな一蓮托生という言葉の意味が明白にされたなかなかよいエピソードでしたよね。ナレーションがプロだったのもとってもよかった~あれで2割はイメージアップでしたよ~ん


~最初からちと余談なんですけどね、あの「坂の上の雲」の冒頭のナレーション~一言一句違わぬ内容だったにも関わらず、これを読んだ渡辺謙さんは、毎回その内容に思いを馳せて、その都度新たな気持ちで語られたそうですよ。まさにナレーションを軽視するなかれ~ですな


叔父とその息子たちを斬首にせよ!


非情にも下された信西の命に、激しく反発する清盛です。そのような刑は廃止されたはずだ。本来内輪もめであった今回の騒動に巻き込まれただけの武士がなぜ、そのような理不尽な処罰を受けねばならぬ?


「武士だからだ


どんなに力をつけようと、財を得ようと「番犬=飼い犬」であるかぎり、最後は主人に逆らえぬこの苦衷平清盛あらすじと感想。命に従わねば官職を剥奪し、財産も没収する。も~はっきり言ってただの奴隷に過ぎませぬではありませんか信西許すまじ!!


一旦はこの命を預かり家に戻る清盛ですが、叔父に対しこれを告げた後、きっぱりとこう言い切ります私は身内を見捨てたりいたしませぬ!


なんとかお助けいたします。言うなりになどなりません


が、叔父の忠正はこの命を受け、甥に自分を処刑するよう命じました


おまえが切れ! わしは平氏のお荷物にだけはなりとうない!


幼い頃より「災いの種」とのそしりを受けてきた清盛を、ずっと責め続けてきたのは自分だ。そんな自分が今、その「種」となりえようか?


同じく処刑の命が下った息子たちを呼び寄せてこう言い聞かせる忠正です。決して一門を恨むでない。恨むならわしを恨め。


が、いざ、処刑の段となると、どうしても振り上げた刀を下ろすことができぬ清盛。


できませぬっ!


斬れっ!!清盛っ!!!それこそがお前の使命なのだ!


あの世で兄上に逢うた時、おまえを頭領にしたのは間違いだったと言うてほしいか!?


も~どこまでこの叔父さんは悲しい人なのでしょう。誰ひとり自分を信じなかった時でさえ、陰になり日向になり支えてくれた父に恥じぬ頭領でいなければならぬ。父が自分を棟梁にしたのは、あくまでも「武士の世」を創るため。ここで貴族に屈して、全てを終わりにしても良いのかっ!?


心の中で何度もそう葛藤したに違いない清盛が、ついにその刀を振り下ろします!えいっ!!身内を斬って「家」を守った


これを見ていた忠正の息子たちが、父の姿が見えるうちにあの世へ送ってほしいと清盛に頼んだシーンは涙を抑えることができませんでしたなんていい子達だったのでしょう。我らみな、平氏を守るため、父とともに旅立ちます


血のつながらぬ他人だからこそ「非情」に徹しなければならなった清盛に対し、ここにきて「親子の情」に負けてしまったのが義朝でした。


息子が殿上人になれただけで本望だ。おまえのその手でわしをあの世に送ってくれ


最後の願いと頭を下げた父の気持ちを思えば思うほど、これまでの「不孝」が蘇ってきたのでしょうね~この甘ったれのバ○タレが!結局はまだまだボンボンだったのですヨ


結局は太刀を振り下ろすことができず、こちらで結末をつけたのは鎌田正清でした。最後の願いも聞けぬような情けない頭領をもった気の毒な父上をひとりでは逝かせられぬ!正清、早く我らも斬ってくれ!


この様子をまばたきもせずじっと見守っていたのは鬼武者です。そんな鬼武者を誰よりも強い男に育てねばならぬと誓う由良御前


これまでは弟すらもその手で切り殺した義朝と、まったく血のつながらぬ弟の死に心を痛めてきた清盛が初めて逆転した瞬間でした。この差が、この後に台頭する武士を平氏に決めたのかもしれませんね。


そして、このような強すぎる棟梁を得た平家が滅ぶ原因となったのもこの差だったのかもしれません。それを暗示するために、平氏の処刑の場には、あえて盛国しか置かなかったのでしょう。時子はその意味を十分理解していたようですが、はたして息子たち(後継者)に棟梁たる者の痛み(荷の重さ)が通じたかどうか?


世の矛盾を百も承知しながら、その世をひっくり返すためには、あえて火中の栗を拾わねばならない決意をした清盛なのです。が、どうしてもその胸にたまったうっぷんを吐き出さずにはいられず


結局は何も変わらぬっ!


血を吐くようなその言葉に「すべての重き荷を背負ってこの国の宝となれ」と声をかける信西。藤原家の力を封じ込めるためだけに「重すぎる処罰」を武士に課した信西を、狭量なおばさんはまだ許したくないですけどぶっ飛ばせ~!、清盛はどうするのかな


自分の知力でおまえを支えるというその言葉に一片の嘘もないかどうか~これからしかと見届けさせてもらいまする


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は平清盛のレビュー一覧」でお読みいただけます

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング