2018/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>

私はラブ・リーガル(Drop Dead Diva)第2話 見た目は重要!?

私はラブ・リーガルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 私はラブ・リーガル(Drop Dead Diva)あらすじと感想


私はラブ・リーガルDrop Dead Diva)~シーズン1の第2話は「見た目は重要!?」~これは「The'F'Word」のほうが面白かったな私はラブ・リーガルあらすじと感想


The'F'Word~差別用語にうるさいアメリカではよく使われるこの○-word表現。この場合の「F」はずばり「fat」を指しています。日本語だと「デブ」だったのかな


なかなか「ジェーン」の身体に馴染めないデビーです。親友のステイシーは盛んにダイエットを勧めますが、頭ではその正しさが分かっていても、ジェーンの本能がこれを許してくれません


スクワットはイヤ~膝を曲げたら元に戻れない~ドーナツも食べたい!アレがないと頭が働かないの!


そんなジェーンが今回担当したのはやはり「F」なルーシー。元々オシャレなバーで働いていたのが1年で20kgも太ったのが原因で店を解雇されてしまったのです


なぜ私がこの担当を?


もちろん初めて逢うルーシーを、上から下まで「bodycheck」してしまうジェーン


今何?何したの??上から下までチェックしたわね?!


細くて若い美人にされるのは慣れているケド、私と同類の「F」なあなたにそんなコトをされるなんて!


昔デビーだった頃は、何気なくしていたそのしぐさが、今度は自分の心をも傷つけることに初めて気づくジェーンなのです良かれと思ってした事も本当は単なるお節介だった


太っているとその人格まで否定されてしまう!


アメリカ女性の20%はこの体型だと主張するジェーンはなかなかカッコよかったな~また声が可愛いんですヨね~彼女


差別には大いに敏感のはずのこの社会なのに、性別に障害、民族などへの差別は法で禁じられているというのに

「太ったから」

という理由だけで解雇されるなど、言語道断!許せないっ!


でもさすがに「デブ」=「障害」と持っていこうとするなんて、いかにもアメリカらしい発想でしたね~これは


~実際にアメリカ人は「デブ」=自己管理能力の欠如として大いに軽蔑する傾向があるのですよね。だから、ジェーンのように有能かつ「F」な弁護士はちとめずらしいかもしれません


夫に去られた寂しさを紛らわせるためにどか食いした結果があの体型で、それで店を首になってしまったルーシーのため、そして、痩せるのがどんなに大変かを思い知った自分のためにも頑張るジェーンが健気でした


一部の選ばれた人間だけではなく、皆がもっと気軽に入れるような店を目指すべきでしょ?


それにこの「一部の細い人種」もまた、見た目がいいだけの空っぽな人間と思われていると嘆いているのもいかにも皮肉でございました。四六時中体重のことを考えなくちゃいけないなんてね~


つい最近まで自分がその「一部」だったのに~人はやはりその立場になってみないと他人の心は分からないものなのですね


同じ事務所で働く(元?)恋人のグレイソンとのやりとりも気になるところですし~私はラブ・リーガルは、来週もますます楽しくなりそうですよ~私はラブ・リーガルも面白いよ~(^^♪


関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ