2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

私はラブ・リーガル(Drop Dead Diva)第11話 もしもあの時

私はラブ・リーガルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 私はラブ・リーガル(Drop Dead Diva)あらすじと感想


私はラブ・リーガルDrop Dead Diva)~シーズン1の第11話は「もしもあの時(What if)」。


これもなかなか良いエピソードでございましたね。何と言っても、ジェーンのお相手のトニーが結構素敵で、個人的にはすっかり満足しちゃいましたジェーンとトニーがとってもお似合い(^^♪


今回のテーマは「母の愛」かな。なんといきなり、ジェーンの本当の母=エレーンがステイシーの家にやってきてしまったのにはビックリいたしましたね。いったいいつの間に引っ越したの?


どちらかというとちょっとガサツ系なエレーンを、本当のジェーンは疎ましく思っていたようなのですが、デビーの魂が入り込んだジェーンは、そんなことはありません。新しいお母さんとできるだけうまくやっていきたいし、仲良くもなりたい


自分に優しくしてくれる娘に戸惑いながらも嬉しそうなエレーンがなんだか可哀相でした。バリバリに仕事のできる立派な娘を持った事は誇らしいけれど、逆にそんな娘から厄介者扱いされていたなんて。


ステイシーを諦められずにいたフレッドにも、ちょうど良い話し相手になってくれたようです。オシャベリも好きだけど、人の話もよく聴く人なのね。これでフレッドもようやく吹っ切れて、新しい「人生」を送る決意ができたのですから彼は生まれながらのエンジェル?人間として生きるのは初めて??


留守電に、クールにカッコよく「later」(後で)といれちゃうトニーが初めてのデートで家にジェーンを迎えに来た時、ドレッシーなドレスに着替えたジェーンに自分のスカーフを貸したエレーンが、そのままふたりを送り出したかったのだけれど、優しいトニーに


「滅多に会えないお母さんがいらしているのなら、また日を改めようか?」


な~んて言われると、つい、それじゃ~と一緒に家でディナーしちゃうちゃっかり屋さんだから、(昔の)ジェーンにはうっとうしく思われちゃっていたのかな~。


でもそんな母親と一緒に歌を歌うジェーンに、トニーは惚れ直してしまったようです。You are awesome!!本当に素敵な声だものね~(≧∇≦)


それなのに~せっかくだから遊びに来ればいいとジェーンが事務所にエレーンを呼んだ時、テリーが余計な入れ知恵をしてしまったのがトラブルの元でした


クライアントにさえ、ちょっとモタモタしていると

「Just get to the point!」(さっさと要点を言えっ!)

と檄を飛ばしてしまうテリーですから、このエレーンにも容赦はありません。あなたが嫌いな母親だから、私も嫌い。また無心に来たに違いないわ


お金が必要だから逢いに来たの?


ちょっと寂しかったけれどそんなにお金がほしいならとお小遣いを渡したジェーンを実に寂しそうな眼差しで見つめるエレーン。昔のあんたと違って今度はうまくやれそうな気がしたのに


私は昔の私とは違うわもしかして~ちょっと嫌な人だった?ジェーン


赤ん坊の際の取り違え事件を担当し、病院のこのミスが、子どもから母親というかけがえの無い存在を奪ったと主張したジェーンは、いつにもまして素敵でした。もしもあの時~what if~後悔しなくてすむように、今できることは全てやってみなくちゃ。ああ、ジェーンのあのパワーが羨ましい


ちょっと小うるさいけど、おばさんはああいう元気なお母さんが好きだな~。これからもジェーンと仲良くやっていけるとよいですね。またパーカーも自信を失っていたようなのが、取り戻せたようでよかったです


トニーがジェーンを好きなのはLサイズだからじゃない事も分かった様ですし~でもこのふたりのキスシーンは迫力あるな~、これからはふたりの交際にも注目していきたいですね。この際、グレイソンなんかよりう~んと幸せにならなくちゃ今のジェーンが大~好き(^O^)/


関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ