2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>

高校入試~第6話 消えた答案用紙の行方

高校入試のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 湊かなえ氏原作ドラマ あらすじと感想一覧


高校入試~登場人物リストを作ってみました(^^♪ 順次補充してあります


長澤まさみ主演の土曜ドラマ高校入試は毎週メチャクチャ楽しみにしているドラマです。1話が40分程度と短いのが残念でならないほど、あっという間に時間が過ぎてしまいます。今回は坂本のおばちゃんネタ採点制度に対する警鐘的な部分が多かったので、時間が特に短く感じられてしまいました。え?もう終わっちゃうの??


さて今回は、前回話題になっていた46番の受験生がほぼ確定されました。あの位置といい、後姿といい、46番は田辺淳一にほぼ間違いないようです。席順も一番後ろということで、ロッカーに杏子の携帯を隠したのも、おそらくこの田辺の仕業と見てよいとおもわれます


村井は数学の講師なので46番が100点を取ったのは数学の問題でしょうし、予告によれば、この田辺の英語を除く合計点数は、トップクラスだったものと推察されますこれはまさに「挑戦」ですな


ここはやはり、46番は「ヤケになって一か八かの賭けに出た」のではなく、わざと「解答用紙」を提出しなかったと考えるのが妥当でしょう。あのニヤニヤと笑っていた顔を思い出せば、この46番・田辺こそ、

「入試をぶっ潰す

とうそぶいた張本人だったに違いありません。数学の得意な兄の存在も気になりますし、ここはこの田辺が何らかの理由で「復讐を企んでいる、もしくは、教育界に「挑戦しようとしていると考えて間違いないでしょう。でもそこにはきっと「共犯」がいる!


それがおそらく、水野村井なのではないかと今おばさんは睨んでいます。いくら村井が間抜でも、白紙の答案用紙を回収するほどア○ではないだろうし、また、ここはちょっと記憶が不確かなのですけれど、水野もまた、回収された答案用紙の枚数をカウントしていたような気がするからです。それにあの「貼紙」の件もありますし


そう言えば、水野が最終確認をした際「一枚足りない」と言って、ケータイ事件で先に回収されていた芝田麻美の解答用紙をここに入れましたね。あの時に水野が、実際には「1枚余分にあった(白紙の)答案用紙」をここに混入させたのではないでしょうか?


~ということはふたりとも共犯??でももしそうなら、違うルート(動機)で共犯になってしまった~と読むのが面白いかな。いっそここで、あらかじめ解答用紙を1枚多く用意した張本人=杏子も共犯だと考えればラクチンなんですけど、それはルール違反でしょうしね


そしてこのふたりのどちらかが石川衣里奈にあのメールを送っていたのではないでしょうか。


これからが本番だ。実況よろしく


でもそれを考えると、石川と相田の交際を知っていた村井がより怪しくなりますね。君の彼氏は音楽の先生と二股かけてるよ。でもこれに関しては水野もなんだか怪しかったな~弱みは決して握られるなってことは、水野もまた村井に何か弱みを握られていて共犯にさせられた?


また、試験中に携帯を鳴らせてしまった芝田麻美ですが、彼女の英語の得点は、なんと95点だったそうです。最後まで解答できていたら満点かもしれなかったのに惜しかったですね~。ああいう娘の気持ちが分からない母親って、多いんだろうな~気の毒に


この麻美が菫ヶ丘女子高に行きたいと前回の予告で言っていたのは、こんな事態になってしまったら、一高へ行っても苛められるだけだと悟り、受験のために止めさせられたピアノを続けたいと考えたからのようです。


そうですね~昨年似たような問題を起こした石川衣里奈の例を見ても、入学後もずっとそのことで苛められていたようですし、それが原因でひとりぼっちになっていた石川を、男子バレー部のマネージャーにと誘ったのが相田だったのだそうです。


前回予告で言っていた「同じ中学に嫌な奴がいる」のは松島の息子・良隆の話だったようです。中学時代、いつも嫌がらせをしていたのは、同窓会会長の息子の沢村翔太。この翔太のカンニングは、是非減点対象、もしくは失格にしてもらいたいものですな


「これからが本番だから高校入試をぶっ潰す!


土ドラ「高校入試」はこれからの展開がますます楽しみになってきました。保身のためなら受験生の不合格さえ願うような事なかれ主義の上層部が慌てる顔を考えると、今からワクワクしてきますね~も~サイテー!


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ