2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

高校入試 第7話 田辺の共犯は誰だ!?

高校入試のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 湊かなえ氏原作ドラマ あらすじと感想一覧


高校入試~登場人物リストを作ってみました(^^♪ 順次補充してあります


長澤まさみ主演の土曜ドラマ高校入試~これもいよいよ核心に迫ってきましたね。とりあえず、主犯が田辺淳一なのは間違いなさそうです。ここであえて主犯という言葉を使ったのは、田辺には共犯がいると信じて疑わないからです


犯行の動機はどうやら淳一の兄=光一の一高不合格(採点結果)に起因していたようです。


5年前に一高を受けた田辺光一(受験番号79)。自己採点では91点と合格ラインを超えていたにも関わらず、実際には不合格だったそうです。合格ラインを下回った(88点)とぼやいていた友人(受験番号80)は合格したのに、なぜ光一は落ちたのか?


~おばさんはここですぐに坂本の顔が浮かびました。あのおばちゃんがまた何かミスをやらかして不合格にしてしまったに違いない


世間体ばかりを気にしている父母が、一高に落ちた長男をどんな風に扱ったか想像するに難くなく、それを見ていた弟の淳一が、自分の受験を利用して兄の復讐を果たしたかったというのが真相のようです。


「あの時兄さんを不合格にしたヤツラを裁いてやる!


当時は「開示請求」ができなかったのでしょうかね?


一方、受験番号46番の英語の答案用紙が紛失したという報告を受けて大慌ての上層部ここはでもざ○あみろ~ですな


これに隠された本当の意味にはまだ気づかない学校側ですが、この46番の受験生(=田辺淳一)の他の教科がほぼ満点~4科目ではトップな上に、中学での英語の成績も10だったことを確認したからには、まさかこれが

46番の受験生本人が、故意にこれを紛失させた

とは思いもよらないようです


他の誰かによる盗難(愉快犯)か、手違いによる紛失かをつきとめるべく、とうとう関係者からの事情聴取が始まりました。ここも本格ミステリーに負けず劣らず楽しかった。またこの尋問を担当した荻野が本物の刑事みたいなのですよ


そこで明かされた事実は、各々の口から聞かされたとは言え、これまでドラマ中で見てきた事柄ばかりですし、英語の答案用紙を回収した後は村井だけでなく水野も、その「枚数と受験番号」を確認した事が確認されました。でもこの「受験番号」に関しては、本当に確認したのか、それとも「確認した」とをついているのかまでは、さすがに見抜けませんでしたけれど


その後の最終確認を行ったという教頭の話はデタラメでしょう。テキトーに枚数だけ数えて(数えてもいない?)判を押していたような記憶があります。失敬な!と言われても、画面のこちら側にいるから全然怖くないですし


校長からは、いっそ46番の残りの教科の平均点を英語の得点としてしまおうか~とねつ造案まで出る始末です


ここで何人合格するのかは分かりませんが(まだ言ってないですよね?)、この46番の英語の得点次第で変わる当確ライン上ギリギリに位置しているのが、問題の芝田麻美沢村翔太というのもまた可笑しいですねなんとまあ都合のよいことで(笑)


ケータイ事件を起こしたものの、県会議員の娘である麻美を不合格にするのもためらわれる~と頭を抱える上層部。その麻美の得点に内申点を加算したとすると、もう1点上にいる生徒が不合格になる~それがあの口うるさい沢村同窓会長の息子の翔太(55番)だというから大笑い


しかも今回は、この同窓会長が「英語の解答用紙」を持ち込むというハプニングもありました。しかもそれは55番~息子の答案用紙であり(内容は満点)、例年合格発表の紙を啓示する場所=校舎の玄関脇の窓にテープで貼ってあったのを見つけて持ってきたそうです


~きっとこれこそが本物の46番(田辺)の答案用紙なのではないでしょうか。この答案の筆跡を調べれば分かることだと思われますが(19日の朝に思い出したので加筆しております)~


そしてこれらのでき事はまたしても全て掲示板で公開されておりましたこれを同窓会長がみどりに見せられて!


解答用紙発見!


これはあの石川衣里奈の実況中継と見て間違いないことでしょう。まだ校舎内にいたようですし


また、55番(翔太)のカンニングの話も全て明らかにされてましたね~これは松島の息子=良隆が書き込んだのかしら? その上同窓会長が「乱入」したことまで!高校入試が楽しい~っ!


合格するの、だーれだ


本当に~いったい誰が合格できるのでしょうか?ぷぷ、マスコミにまで漏れちゃったら、校長も教頭も「進退問題まで問われかねせんね


さて、問題の共犯ですが、それもまた「動機」が重要な鍵となりそうです。淳一に「脅迫」されたのか、はたまた「同情」したのか~ということ


コメディ的には光一を不合格にしたのは坂本になりそうですけれど、ミステリーとしては、

「普段ミスを犯さない水野」

が、実は5年前にミスを犯していた=光一を不合格にしてしまった~という展開もありそうです。だからあそこで荻野が

「試験中に携帯が鳴ったのは先生のミスではありませんよ

と念押ししたのではないでしょうか。その件を明らかにすると脅されれて、仕方なく淳一の計画に協力させられた、な~んて言うのはうがちすぎでございましょうか


また、年代的には、村井もますます怪しくなってきましたね。村井は数学講師ですから、学生時代、数学が得意な光一の家庭教師をしていたとは考えられないでしょうか


しかも自分は一高出身ではない事もありますし、何としても光一の合格を願っていたのに&自己採点では間違いなく合格ラインだったのに不合格となったことに憤慨し、今回の淳一の計画に力を貸した。な~んてね


来週はまたあの芝田昌子が乗り込んでくるようです。先生方も気の毒だけど、娘はもっと可哀相。あ、そうそう、相田とみどりの交際もとうとうバレてしまいました


高校入試は終盤に入って一層盛り上がってきましたね~高校入試が今メチャクチャ面白い(≧∇≦)。来週の放送が今からとっても待ち遠しいです


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ