2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

がんばれ!クムスン~ようやくハッピーエンド!(*^_^*)

がんばれ!クムスン」が昨日でようやく終わりました。山あり谷ありの韓国ドラマ特有ジェットコースターものでしたが、登場人物のほんわかしたムードがそれを和らげ、トータルでは心が幸せになるような物語でしたね(*^_^*)。


主人公のクムスン(ハン・ヘジン)は、ジェヒ(カン・ジファン)と結婚してジェヒの母親(店長、ユン・ミラ)と同居。結婚に猛反対だった店長の最後に出した結婚許可の条件が笑えました~


「ひとりものの姑を気遣って必要以上にいちゃつかないこと!」(^O^)/


~って結局はイチャイチャしちゃうのですが、仕方ないですね~新婚さんなんですから(^^♪。


結婚式の時、花嫁の父を務めた「ノ」家のお義父さん(パク・インファン)。本当に満足そうでした。お義母さん(キム・ジャオク)も「あんなにきれいな花嫁さんなら、もっと早くお嫁に出せばよかったわ(*^_^*)」な~んて言ってましたし(笑)。


フィソンのためと、1年間は逢わない決心をした彼らでしたが、やっぱりどこか寂しげです。それを察知したソンラン(キム・ソヒョン)、息子ウジュをつれて、「ノ」家に帰ることに。このソンランも初めはやたらと権利ばかり主張してイヤな役だったのですが、そうならざるを得なかった心の「ひだ」を実に見事に表現していました。この人、これからも見てみたい女優さんです。


クムスンの実家では、叔母さん(ヤン・ヒギョン)が無事に男の子を産んだようで、子育てそっちのけで毎日ぐーすか寝ているようデス。子どもが泣こうが、姑(ユン・ヨジョン)がわめこうが、一向に起きる気配も見せません(笑)。この嫁と姑は、本当に、笑かしてくれました~。さすが、期待を裏切らない大女優達です(^O^)/。


そして、ほのぼのとしてオマケまでついてました~「ノ」家のお義母さんがなんとCMデビューをすることに(#^.^#)。キャリアウーマンの嫁ソンランのコトバに自分の人生を省みていたお義母さんも、ここにきて一花咲かせることができそうです(^0_0^)。


クムスンと実の母親(ヤン・ミギョン)との関係もすっかり修復されました。ヤン・ミギョンさん、相変わらずおきれいでした~(*^_^*)。


1年ぶりに里帰りしたクムスンたちと「ノ」家のみんなで撮った記念写真が印象的でした(*^_^*)。いい家族モノを見た時はいつもそう思うのですが、テレビではなく、ご近所さんの話みたいに思えて、なんだか離れがたくなってしまいます(^^ゞ。


ジェヒのケガもよくなって病院に復帰。きっと立派な外科医になることでしょう。クムスンはリッパな「美容師先生」になって・・・最初の頃のリンゴのほっぺにクルクルパーマの田舎くさい女の子の陰など微塵もありません。もうリッパに素敵な大人の女性ですね。


これからも応援していますよ~。


がんばれ!クムスン(ハン・ヘジンさん)!」(^_-)-☆


がんばれ!クムスン(全163話)~ミニ情報

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 6件

コメントはまだありません
ダモ  
昨日おわりましたー。

最終回、今日、家に帰ってから見ます。

クムスンは、ほんと最初の田舎の娘から、後半はとってもあか抜けてきれいになりましたよねぇ。

今、いばらの鳥で、ハンヘジンさん見てますが、クムスンの時の方がきれいです^^。

ク家の嫁姑の上下関係には違和感がありました。

ドラマのシオモニ(姑)は怖いですが、実際は最近そんなに威張らないシオモニが増えてるみたいですね。

しかし、韓国の息子はお母さんを大事にしますよねぇ。

日本では、嫁と姑が対立したら、嫁の味方をしないと非難されますが、韓国ではお母さんの味方をするのが普通みたいですね・・
それは、ちょっと嫌だなぁ。

2012/02/09 (Thu) 10:23 | 編集 | 返信 |   
ダモさんへ  
ママボーイ?(笑)

ダモさん、こんにちは~♪
頑張れ!クムスン~ようやく最終回でしたか~お疲れ様でしたv-22

韓国ドラマを見ていると
よく「ママボーイ」という言葉が聞こえてきますよね。
いかにも~ですよね~(笑)。確かに孝行息子だけど、
嫁の立場としてはね~ちと困り者ですねvv。

クムスンも途中はかなり家族に冷たくあたられて気の毒でしたもの。

でも最終回はv-343ですからどうぞ楽しんでご覧くださいね~。

「いばらの鳥」も面白そうですよね~。
ハン・ヘジンちゃんは大~好きなのでv-9
早くこちらでも放送してくれないかしらん。こん(^_-)-☆

2012/02/09 (Thu) 12:24 | 編集 | 返信 |   
躁介  
No title

ハン・ヘジンはどこから見ても文句なしに美人ですね。鼻が高くて眼がパッチリしているので、どこか鷹に似た猛禽類のような鋭さを感じます。敢えて欠点を探すと、ちょっと生意気な感じがするところでしょうか?口を尖らせるところは美人の割に三枚目な感じがします。鏡に映った顔を見た時、やはりいつもと左右が逆になるので違和感を覚えました。それでも日本の女優以上に綺麗だと思います。純粋な韓国人なのでしょうか?

クムスンは、実母役のヤン・ミギョンの娘という設定ですが、クムスンが尊敬する美容室のユン室長の方が娘らしい顔をしているなと思いながらずっと観ていました。二人とも性格的に穏やかで落ち着いた雰囲気がありましたし。

「チャングムの誓い」にヤン・ミギョン、チェ・ジャヘ、イ・セウン、イ・ヒド達が出ていましたが、共演シーンはあまりなかったですね。イ・ヒドは「チャングム」ではチェ・パンスルという悪役でしたが、クムスンでは優しいお父さん役だったので、やっぱり俳優って色んな役を演じられて凄いなと感じました。チャングムでのイ・ヒドは60歳位かと思ってましたが、クムスンでは髪の毛が真っ黒でまだ若い俳優だったんで驚きました。それが凄く意外でした。

クムスンの祖母役のユン・ヨジョンも、「ホテリアー」では冷静な社長役でしたが、幅広い役を演じられるんですね。秋の童話、夏の香り、春のワルツなどに出ていたキム・ヘスクさんも脇役女優としては凄いと思っていましたが、韓国の俳優さん達の演技力は相当ありますね。

2012/10/14 (Sun) 22:16 | 編集 | 返信 |   
躁介さんへ  
チャングムとクムスン

チャングムの誓いと頑張れクムスンは、
その出演者が、かなりかぶってましたよね~。

イ・ヒドさんは「ホジュン」での役柄が一番好きです。

ホジュンにはユン・ヨジョンさんもちょい役で出てらしたのですが
ものすご~く年を取った中風の患者さんの役(領議政の妻)で、
最初は誰だか分からなかったほど(゜o゜)。彼女の役者魂を感じました。
ご本人はまだ若かったはず~ホテリアー(2001年)の1年前です。

今はすっかりおばあさん役ばかりですけどね。

韓国の俳優さんは「役どころ」を決めずに
様々な役をこなされるところがすごいですよね。

私もナチュラルビューティーの女優さんが好きですよ。こん(^_-)-☆

2012/10/15 (Mon) 09:07 | 編集 | 返信 |   
躁介  
あと2話で終ります。

2012年3月中旬頃から視聴し始めましたが、当初クムスンの叔母(ヤン・ヒギョン)を見た時はB級ドラマかと思ったものです。クムスンの髪型もダサくて、朱蒙のソソノの知的でシャープなイメージがあまりなかったので、違和感を覚えました。
クムスンの実家のシーンから、実母の家、ジョンワンの家..と3つの家庭を織り交ぜていたので当初は訳が分からなかったものです。よく我慢して観続けたなと思います。
クムスンの祖母役のユン・ヨジョンはホテリアーの女社長で始めて見たので、こんな役もやるんだなと感心していました。秋の童話に出ていたキム・ヘスクも幅広く演じられる名優だと思っていましたが、韓国の女優さん達は恐るべしですね。
カン・ジファンは男から見てずっと嫌なタイプに思えたので、当初は嫌悪感ばかりありました。善徳女王の後半で大活躍するキム・ナムギルの演技が殆んど見れず残念でした。まぁジョンワンが生きていたらドラマにはならなかった訳ですが。

ところで質問があります。
韓国は日本以上に厳しい学歴社会だと聞いていますが、大学受験をテーマに秀才高校生の頑張りを描いたようなドラマはあまり聞いた事がありませんが、作られないのでしょうか?恋愛物、歴史物、学園ドラマはもういいから、受験をテーマにした現実感溢れる骨太のドラマが観て見たいと思っています。

2012/10/27 (Sat) 19:52 | 編集 | 返信 |   
躁介さんへ  
さあどうでしょうか?

こんにちは^^。

がんばれクムスンはなかなか良いドラマだったと思いますよ。

骨太な受験生のドラマですか?
う~ん、残念ながら私は見たことがありませんね。お役に立てず申し訳ない。

韓国ドラマはあくまでも「エンターテイメント」主体のようなので、
逆に、映画のほうがあるかもしれませんよ~私は存じ上げませんが(汗。こん

p.s. 高校入試のほうにお寄せいただいたコメントですが、
大変申し訳ありませんが削除させていただきました。
あくまでもここは「ドラマ」に関して語るブログであって
読者の方のプライベートな体験を語っていただく掲示板ではありません。
その点何卒ご了解くださいますようお願い申し上げます。

2012/10/28 (Sun) 06:41 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ