2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

SF作家・梶尾真治氏原作のドラマダブルトーンを覗いてみました。黄泉がえりで有名なこの作家さんは存じ上げませんでしたが、おばさんは、とにかく中越典子さんが大好きなので、彼女が出演するドラマは一応目を通さなくてはならんのです


でも一旦見始めたら、も~イライラのさせられっぱなしで。


あの黒川友香の主婦と吉澤悠の夫の会話がダメだ~キレそう(;O;)

あれが延々と続くのではもう見なくていいっ!と録画を消そうとしたその時でした~おばさんの興味がう~んとそそられてしまったのは。以下あらすじとネタバレです。


このドラマでは、二人のヒロインのそれぞれが(互いに面識もないのに)それぞれの夢に現れるというシナリオが展開されていきます。最初はそれなりに面白かったこの設定も、次第にどちらがどちらなのか分からなくなったこと、しまいには夢なのか現実なのかさえ分からなくなってきたことから、15分ぐらい見た時にはも~おばさんのイライラは限界に達しておりました


その上、中越さん演じるキャリアウーマンの中野由巳ユミ)はともかくとして、主婦でアルバイトをしている黒谷友香さんの田村裕美ユミ)がまたおばさんが最もイライラさせられるキャラでして


朝から晩まで子供と亭主、そして家事に追われる私の人生って何なのかしら?


んも~健康で何でもできる体力があるのですから、そんな愚痴を言う前に、何か始めたらどうですか?と耳元で大声で怒鳴りつけたくなるのですよね~。そうそう、有沼郁子(友近)の言う通りです:

平和ボケの証拠ね」

って。


そんなおばさんが俄然見る気?が出てきたのは、こんな事実が明かされたからでした


実は有沼は、裕美に「夫」の洋平(吉沢悠)を紹介した人物なのですが、それがまったく素知らぬ顔で、今度は由巳に、同じ洋平を紹介してきたのですよ。


「私に不倫をしろというのですか?


最初はあまりにも突飛な話なので我慢して黙っていたものの、ふたりからそれぞれに交際を迫られては、夜な夜な裕美の夢を見て洋平が裕美の夫だと知っていた由巳が怒るのも当然です。


すると、有沼はこう答えました:

洋平は2年前に奥さんを亡くしたの


有沼が由巳に初めて会った時(これはたぶん裕美の夢の中に出てきたのですが)、

「ゆみって言うの?どんな字を書くの?」

と言ったのも、こちらも由巳を紹介された洋平が、由巳が指を頬にあてる癖を見て

「その癖は昔からですか?他にもそう言う人がいたので」

と言ったのも、きっと裕美のことを思い浮かべていたのでしょう。


ということは、これから間もなく死ぬらしい裕美にとってはこれはまさしく「予知夢」であり、過去を見せられている由巳にとっては、

「洋平は有沼が言うほどお得な男じゃない」

ということを教えている教訓夢?ということでしょうか。一度失敗して学習した男~とも言えるでしょうか


冗談はさておき、この「夢」には少々参ってしまっているおばさんですが来週もこれだけなら止めますよ~、仕事が恋人だと断言する有沼と、こちらは過去の心の傷のせいで結婚はしないと語っている由巳のやりとりはなかなかですしやっぱり中越さんは素敵だわ~(≧▽≦)、来週登場するらしい嶋田久作さんの役どころも気になるところでございます。モロ師岡さんの、由巳の上司もなかなかです


視聴を続けられるかどうかは、来週の展開にかかってきそう~せっかくのキャストなので、面白くなってくれることを期待しておりまする面白くなってくれるといいな~♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.