2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

屋根部屋のプリンス あらすじと感想 第2話 混乱~現代にタイムスリップ

屋根部屋のプリンスのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 屋根部屋のプリンス あらすじと感想一覧


屋根部屋のプリンスの2話も続けて視聴いたしました。いや~このドラマ、ホントに楽しいですね~屋根部屋のプリンスも楽しいです~( *´艸`)。時代劇好きなおばさんとしては、現代にやってきた4人が、朝鮮王朝時代の者ならだれもが尊敬してやまない世宗大王様が印刷されたお札を見て

「チョーナー

とひれ伏したのがサイコーに笑えました


多分これが、時代劇のままでのコメディだったなら、あ~んまり食指が動かなかったのかもしれないのですけれど、この4人があまりにもく〇真面目なのがそのまま「コメディ」として大笑いできるところが、思い切りおばさんのツボにはまってます


とにかく彼らにとっては見るものすべてが「未知なのです。そしてそんな彼らこそが「未知なる人間=侵入者」であるパク・ハが、何とかしてこの4人を追い出そうと

「王宮へ行きたい」

という願いを叶えて、昌徳宮に連れて行ったのも大笑いでしたが、そこで大真面目に

「開門せよ~っ!世子様のお帰りである~っ!!ここも笑った~(≧▽≦)

と大声を出したら、たちまち警察がやってきたのも可笑しかった~。ここは何せ今では世界遺産ですから当然ですよね。彼らの格好も「仮装」以外の何物でもないと思われちまってます。


が、たとえ300年前とはいえ、人一倍知性も教養も備わっている彼らですから、次第にここでも「学習」をしていくのです。みだりに世子であることを訴えてもどうやら通じないようだ、何とかしてこの牢獄から脱し、何か口に入れなければ空腹で死んでしまう


ここから出るためには保証人を呼ばねばならぬと聞かされたマンボが、その手段として車のナンバープレートに目をつけ、それなら記憶していると、パク・ハのそれを再現してみせたのは見事でした。時代から言ってハングルは知っていたはずですが、あの算用数字もまた未知の記号のはずなのに、これを見事な「イメージ」として描くのは素晴らしい!あれこそかの有名な映像記憶能力!


それまでもこの4人にはさんざん手こずらされた警官(アン・サンテ)が、ようやくパク・ハに彼らを押し付けられると、大喜びでいそいそと帰っていたシーンも可笑しかったな~。んなことでいいのか、庶民のための警察~っ!もっと親身になって世話せんか~っ!( `ー´)ノ


見るからに腹を空かした4人が気の毒になったパク・ハが、オムライスを作ってご馳走したまでは良かったのですけれど、その後、席を外してしまったのがいかにもまずかった。


テレビも炊飯器も何もかも~とにかく人工的な映像や音が出るものを彼らは見聞きしたことが無いのです。そう言えば、う~んと大昔にテレビを見た人が、こんなに狭いところに閉じ込められて可哀想にと涙を流したという話を思い出しましたけど、まさにそんな状態ですよね。


しかも、この世界にやってくる直前に「刺客」に襲われたこともまだ記憶に新しいのでしょう。武官のヨンスルは得意の腕力を生かして、テレビやら炊飯器を

「やっつけて=壊して

しまった上に、その勢いでストーブが倒れてしまい、その火がカーテンに燃え移っちまってあ~あ~(-_-;)


これを消そうとしたマンボが、ようやく水を「便器」の中に発見しますが~~その後は触れたくないから省略させていただきますが、何か器ですくいあげるとか、他に良い手はなかったものか。後に「学習」した際に、マンボが大いに後悔していた姿にも大笑い


ようやく部屋に戻ってきてこの惨状に気づいたハが、消火器で火を消したため、とりあえずは事なきを得たようですが、このハが、ここで決してめげてないのがまたたくましいのでござる


こっそりと逃げ出そうとした皆を引き留め、色とりどりのジャージを着せて、それぞれをその「色」で呼び、市場で働かせることにしたようなのは賢かったですよね。そうそう、あそこまでめちゃくちゃにされたのだから、きちんと弁償してもらわなくちゃ。


赤=ガク
緑=マンボ
黄=チサン (黄色は見にくいのでこの色に
青=ヨンスル


この4人中で、ガクは世子だから働くなんてとんでもないし、チサンはたとえやる気があっても「内官=宦官」だから力が無くて使えないというのも楽しい。


ジャージのファスナーの止め方から歯の磨き方、トイレの使い方(水を溜めてる理由が判明)にバスの乗り方まで、懇切丁寧な指導をするパク・ハでしたが、おそらくは、家に入る時は靴を脱げと教えたのか、バスに乗る時までこの「教え」を守り、皆が裸足でいることに気づいた時は大慌てですまた素直なんだ、これが( *´艸`)。ジャージの色に合わせてとりどりに並んだスニーカーのきれいなこと


と、ここまではお腹がよじれるほど可笑しいコメディ一色だったのですが、この先は、ちょっぴりミステリアスな展開が待っていました


働かないだけでなくむしろハの仕事を増やしちまうガクが鼻を怪我したために、パク・ハは彼を病院に連れていくのですけれど、そこで同じく病院に来ていた、テヨンの祖母=ヨ・ギルラム会長が、ガクの姿を目にしてしまうのです。


「テヨンっ!!」


あれこそ2年前から消息を絶っている孫のテヨンに違いないと引き返した時にはもう遅く、ガクは

「世子様

と呼ばれて診察室に入ってしまった後だったのは残念でした。も~セジャなんて名前が本当にあったら病院中大うけでござるね


そしてこれは決してたった一度の偶然には終わりませんでした。


なんと、ハの義姉のホン・セナは、ギルラムの会社の秘書だったのだそうです。幻を見るぐらいだからとテヨンの生存を諦めたギルラムは、義妹の勧めに従って、テムをテヨンの部屋に住まわせて後を継がせようと、テヨンの部屋を片付けるよう命じたのですが、その仕事を回りまわってハが受け持つことになり、真っ赤なジャージといういでたちからも

「業者にしか見えないガク

が、テヨンの部屋に招き入れられてしまいます。ガクを連れて行っても役に立たないから家の前で待っているようハが命じたことが仇になってしまいましたな。というよりも、これはラッキーだったというべきか?


孫の面影を偲びに部屋にやってきたギルラムは、そこで自分にそっくりなテヨンの写真に驚いているガクを見て大喜び~やはりテヨンは生きていた!戻ってきてくれたのよっ!!


これを聞いたテムはもう気が気ではありません。しかも、アメリカでテヨンと一緒にいたハが近くにいると知ったら尚更でしょう。もしや、ふたりは共謀して俺を陥れようとしているのか?あれからもう2年が過ぎたというのに!


う~んと楽しいコメディにミステリー要素も加わった見どころ満載の屋根部屋のプリンスは、来週の放送も今からとぉ~っても楽しみでございまする



屋根部屋のプリンス Blu-ray SET1&2

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 4件

コメントはまだありません
りいこ  
うふふ

こんさん~♪

来ちゃいました(笑)
subject からして不謹慎で失礼いたします。

あのナンバープレートの再現のところ
大好きです~
毛筆タッチなのがなんとも言えない(≧▽≦)ノ
300年を越えてきた4人のおもしろエピがわんさかですよね。
でも赤いジャージを着ても立ち居振る舞いが
ぶれない(?)、あ、もちろん言葉使いも
サスガ、世子様(笑)

こんさんの感想を読ませていただくと
細かい心理とか背景とか
あらためて気づいたりすることも多々あり
さらにこのドラマを楽しめるように思います♪



2013/08/23 (Fri) 11:08 | 編集 | 返信 |   
りいこさんへ  
おいでやす~♪

りいこさん、こんにちは~♪
遊びに来てくださって嬉しいです~( *´艸`)。

ね~あのナンバープレートのシーンは実に楽しかったですよね。
あの「9」の書き方なんて、()が先に来てましたよね~
ここで動画をアップして再現したいほどでした~(笑。

そうそう、赤いジャージであそこまで気品が漂っているのは、
世子様を置いて他にはいませんね~っ!(≧▽≦)

んも~りいこさんったら、そんな嬉しいことを言ってくださったら、
どこまでも登っていっちまいますよ~v-14

元々がめんどくさがりなので、
きっちり真面目なあらすじは語ろうとしても語れないんですが(;´∀`)、
まさに、ドラマを見て印象に残った所を、同じように見て楽しんだ方と
共有したいな~が、アタイの気持ちなのでござるv-441

来週の放送が今からとっても楽しみです~。
くれぐれもご無理のない範囲で、また遊びにいらしてくださいね~v-343。こん(^_-)-☆

2013/08/23 (Fri) 11:44 | 編集 | 返信 |   
加藤研治  
No title

今日も見ました。
一万ウォンに描かれた世宗大王に「チューナー」と土下座は笑えました。実際に描かれているのですかね?
ハングル文字を創作していて朝鮮王朝の王様の中でも最も尊敬されているから当然かな?

コメディーの笑える面白さには興味がなかったけど、たまには良いかもしれません(笑)

2014/02/13 (Thu) 14:35 | 編集 | 返信 |   
加藤研治さんへ  
楽しまれているようで何よりです

加藤研治さん、こんにちは~♪

私がまだ韓国に対する知識がほぼ皆無だった頃(汗、
ブロ友さんがそう説明しているのを聞いて感心したのを思い出します。
「お札で有名な世宗大王」って(笑。

この屋根部屋のプリンスの「笑い」は
ウィットに富んでいてなかなか面白いですよね~。

時代劇好きなら尚のことです~なにせ「過去の人々」ですから、
これからもいろいろ出てきますよ~( *´艸`)。
むしろその辺が一番のツボでした(^◇^)。こん

2014/02/13 (Thu) 14:45 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ