ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
半沢直樹
 池井戸潤原作

半沢直樹 (第6話あらすじと感想) いよいよ三つ巴かっ!( `ー´)ノ

半沢直樹のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


半沢直樹の第6話もまた実に面白かったですね~。本社営業第二部のエース(次長)となった半沢直樹本人の活躍のみならず、理不尽なパワハラによって都落ちした近藤までが大いに気炎を上げたのも痛快この上なかったです


東京の本部に栄転となって1年が経過した直樹は、まさに水を得た魚のように生き生きとその本領を発揮しています。会議も決して長引かせず、かと言って決しておざなりにはせず、

「目標は10分

と気合を入れていたのがまた好ましい。部下も皆きびきびと働いているのが画面を通して伝わってくるようでした半沢直樹が面白すぎ!(≧▽≦)


そんな直樹を更なる試練が待ち受けています。今度はなんと120億の運用損失を取り戻すこと!


頑張ってまとめたつもりですが、何せ85分ということもありかなり長くなってしまいましたので、今回は続きを使わせていただきます。お手数をおかけいたしまするが「続きを読む」からこの先をお楽しみくださいますように


老舗の伊勢島ホテルが資金運用に失敗し、120億もの損失が出ることがこの度明らかとなったため、その担当で、直樹の同期だった「法人部」の時枝(高橋洋)はこの責任を取って出向となり、その代わりに直樹に白羽の矢が立ったのだそうです。


時枝曰く、本来この伊勢島ホテルの担当は、旧産業中央銀行出身が歴代の支店長を務めた京橋支店が担当だったそうなのが、これが急に法人部、つまりは東京第一銀行出身の自分に担当が回ってきたことから、京橋支店からの「引き継ぎ」が実にいい加減だったそうなのです。あれは嫌がらせに違いない!


とはいえ、損失の可能性を見抜けなかったのは自分の責任だと肩を落とす時枝でしたが、実はそうではなかったようです。ここにはもっと入念に仕組まれた大きな罠が仕掛けられていたのです。


そんなこととは露知らぬ直樹でしたが、なんと中野渡頭取直々の命により、伊勢島ホテルの再建と、これに加えて、2週間後に行われる予定の

「金融庁検査」

対策まで命じられてしまいました。ここで、営業第二部の部長の内藤を演じているのが吉田剛太郎さんだと言うのもくすっと笑えてしまいます(注:七つの会議)。今度はまるっとイイ人そうです


直樹はまず直接伊勢島ホテルに出向き、経営陣に損失の責任を問おうとしましたが、社長の湯浅は海外出張中とのことでしたし、その社長と激しく対立しているらしい専務の羽根夏子(倍賞美津子)にいたってはこれがなかなかしたたかな人物で、決して己の非を認めようとしないのです。本当は湯浅社長を出し抜こうとした自分が独断でやったことなのに、運用は社長の指示で行ったことだが、たとえそれに失敗したからと言って、銀行に責められる筋合いはないの一点張りです。


そこで直樹は、東京中央銀行が既に伊勢島ホテルに融資している200億を一旦回収したいと申し出ました。融資をしたのはあくまでも業績が黒字だという条件下だったはず。120億もの損失が出ると分かっていれば、決して融資はしなかったと食い下がりますが、それもこれも(またしても)

「見抜けなかった銀行がマヌケだから」

と言い逃れられてしまいます。その上、行内でこの回収案を検討したところ、200億を引き上げてホテルが潰れては元も子もないという「大和田常務の鶴の一声」で、頭取までがこの案を却下してしまうのです。


窮地に追い込まれた直樹を救ってくれたのは、またしても「同期」の力でした。時枝から、伊勢島ホテルのサブバンクである白水銀行が、いち早くこの運用損失を見抜いて融資を引き揚げたことを聞いた直樹が情報通の渡真利に相談したところ、渡真利はふたりの共通の友人=アブ(油山~木下隆行)が、白水銀行の融資次長だったことを思い出すのです


このアブから得た情報を元に、直樹は次に伊勢島ホテルの元経理を担当していた戸越という男に会いに行きました。この戸越がアブに内部告発したおかげでアブは融資を引き揚げることができたのだそうです。


内部告発をするなら、なぜサブではなくメインバンクである当行にしなかったのかという直樹の問いをあざ笑った戸越の口ぶりから、直樹は戸越が東京中央銀行にも運用損失を告発していたことを悟りました。その相手が

「京橋支店の古里課長代理」

だと聞きだした直樹は、同時にこの古里が、タミヤ電機に出向していた近藤にもひどい嫌がらせをして融資を渋っていたのを不快に思っていたこともあって、すっかり落ち込んだ近藤を引っ張り出し、古里に尻尾を出させます。戸越に古里を呼び出させ、内部告発を握りつぶしたばかりか、逆に戸越の行為を伊勢島ホテルにリークしたことを問い詰めさせたのです。


「俺はちゃんと上に報告した


弱い者にはとことん厳しく、強い者にはとことんこびへつらう人間の代表の様なこの古里が語るに落ちたその時の、戸越の後ろに陣取っていた直樹の得意げな声がいまだに耳から離れません脇が甘いね古里君(^^)/


「今時の銀行員はマヌケだな


会話はすべて録音したと聞かされた時の古里の顔ったらありませんでしたね~。だから言ったではありませんか、真相が分かったら容赦しないっ!倍返しだっ!!ってちゃんと聞いとけ~っ!( `ー´)ノ


この後、この古里が「見栄とプライドの塊」だという伊丹(笑)、もとい貝瀬支店長(川原和久)に上げてそこで文字通り棚上げとなっていた「運用損失の報告書」を、ほかならぬ

「近藤の類まれなる記憶力

のおかげで取り戻したのも楽しかった~。もしも~し、いくら8けたの数字を覚えられないからと言って、大切な金庫の暗証番号を、机の引き出しの下に貼っておくなんて、サラリーマンとして失格でござるよ~


金融庁の調査に先んじて(目に触れてはまずい)資料はすべて貝瀬が「疎開」させるのを阻止すべく乗り込んできた直樹と近藤が、これをまんまとその貝瀬の鼻先で奪い返したのには大喜びなんとか間に合った~っ!(;O;)。古里も「退職金無しの懲戒免職」されずに済みそうでようござったね


ここで直樹が古里に、タミヤ電機への融資を念押してくれたため、社内でいつも

元銀行さん=融資の際だけコネを使ってくれればいい役立たず」

と呼ばれていた近藤が面目躍如を果たしたのも嬉しかったな~。融資が降りたと聞いても尚、近藤を認めようとしない同僚を怒鳴りつけた近藤の、なんと勇ましかったことか


今の俺はタミヤ電機の経理部長だ!二度と「元銀行さん」などと呼ぶな、分かったかっ!!おまえはちっとも変っていない。自信を持つんだ、近藤~っ!


とここまででも相当楽しかったのですが、実はこの隠ぺいが、決して貝瀬の独断によるものではなかったことが戸越の証言により明らかになった時はも~おばさん大喜びでした。なんと、

「歴代の京橋支店長」

と伊勢島ホテルの間には暗い闇があるのだそうで、その闇の中心が、ほかならぬ

「大和田暁常務!」

その人なのだそうです黒幕出た~っ!(≧▽≦)


貝瀬から120億の運用損失の報告を受けた大和田は、おそらくはそれまでの伊勢島ホテル、というより先代のワンマン経営を受け継いだ羽根専務との癒着から、これを隠ぺいしただけに留まらず、あろうことか、同じ銀行内の敵である東京第一銀行出身の時枝にこの損失の全責任を負わせようとしたのでしょう


金融庁の調査によって、伊勢島ホテルが「問題のある融資先」、つまり「実質破たん先」と断定されてしまったら、東京中央銀行は、伊勢島ホテルが潰れた際の準備金=引当金の1千億以上を用意せねばならないそうです。そうなれば、東京中央銀行の失墜は間違いないというこの難局をも、大和田は、中野渡を初めとする東京第一銀行勢力を一気に排除する機会として利用しようとしているのかもしれません浅野とちいとも変わりません


でも、誰よりも優秀な直樹が、自分と同じ旧産業中央銀行出身だということに気を良くし、直樹を派閥に取り込もうとして宴席に誘った際も、そして今、自分たちの不正を直樹が嗅ぎ付けて調べ回っていると知り、岸川とともに直樹を呼びつけた時も、直樹の頭に浮かんでいたのは、倒産を避けるべく、必死でこの大和田に取りすがり、泣いて土下座までして死んでいった父=慎之助(笑福亭鶴瓶)の姿なのです。


あなたには分からない~土下座をする人間の必死さも悔しさも!


事あるごとに、派閥の争いを揶揄してきた大和田こそが、実は最もその派閥の勢力争いにこだわっており、銀行員としての本分を忘れていることを鋭く指摘する直樹ですが、面の皮が極厚な大和田には、何を言っても通じません


銀行は所詮は金貸し。銀行員はこの国で働く人々のために仕事をしているということを忘れてはならない!国民あっての国と同様、顧客あっての銀行だっ!( `ー´)ノ


そう熱く語った直樹は、あくまでも自分は銀行員として伊勢島ホテルを再建してみせると豪語します。これは直樹が妻の花に語った「大東京ホテルの再建」を研修生として目の当たりにして感激し、中野渡頭取に頼んで直樹を今回の担当にしてもらった伊勢島ホテルの現社長=湯浅が、先代社長からの悪しき経営体質を打ち破り、必死で再建のために奔走している事実を直樹も知っているからです。その上、戸越も再び直樹の口利きで伊勢島ホテルに復帰できたようですし


もし私が伊勢島ホテルを救えなければ、これまでの非礼を土下座してお詫びしましょう。が、隠ぺいを指示した人間があなただと証明できたら、私に土下座して詫びてください!


とここだけでも、大和田常務vs半沢直樹の闘いが見ものだというのに、そこへ金融庁の主任検査官と称して黒崎までがやってきたから大変です。おひさしぶりねえ


いや~これは続きがますます楽しみになってきました。実にイラッとさせられた予告の映像は気にせずにどうせ思わせぶりだから無視無視~( `ー´)ノ、来週の放送を心待ちにしたいと思いまする直樹、負けるな~っ!


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

今回も!!
こんさん、こんばんは~(^^)
待ったかいがありました~♪
おもしろかったです。

近藤さんが「元銀行さんと呼ぶな!!いいなっ」と
言い放ったときは、ホントにスッキリしましたーっ(*^^*)
近藤さん、がんばれーーーっ!!

しかし、実際の銀行は暗証番号があんなに
窓口に丸見えな感じでは置かれてはないですよね…

大和田常務は「半沢ネジ」のこと、すっかり忘れているんでしょうか。
あんな感じで、本当はしっかり覚えてたりしたら恐ろしいですね…
あのタンタンとした口調、ひょうひょうとした表情、
ムカつきました(^^)あはは 
さすがですね、香川さん。

本店の奥様達の集まりは、大阪のそれと違って
とても仰々しい感じでしたね。人数も多くって…

今週も花ちゃんの和食はすばらしかったです♪

あと…内藤部長、いい人な方向ですかね?
ぜひとも半沢さんの味方であってほしいです。
敵に回したら、あまりにも恐そうな感じなので…(>_<)

来週も楽しみでーす。
楽しいレビュー、お願いします❤
面白かったですね~( *´艸`)
ろんさん、こんにちは~♪

直樹ももちろんでしたが、私は近藤のエピソードの方がより印象的でした( *´艸`)。
応援したくなりますよね~あのキャラは( `ー´)ノ。

も~香川照之さんは、どこに出てきても憎たらしいです(爆。
さすが~とはもはや思えません~ドラマにどっぷりのめり込みます(;´∀`)。

内藤部長は、髪が黒いので(どういう視点や・笑)大丈夫だと思います~。
顔つきと雰囲気が良い人っぽいです~(^_-)。

来週の放送も今からう~んと楽しみですね~。こん^^
半沢次長vs大和田常務+黒崎
こんにちは。
面白かったですね。

ちょっと半沢、まだ分かってないのに大和田常務にけんか腰で話しすぎじゃ?と心配しました笑。

最後に黒崎さんが出てきたのも盛り上りましたね。
他にも近藤が自分を取り戻したりと、これまでで一番次が楽しみな展開になりました。

結局大和田が最後の敵なのでしょうか・・・
黒島部長、素晴らしい
黒島部長のセリフ、心に響きました。

来週も楽しみです。
はじめまして
こんにちは。

黒島部長というのはどなたのことだったでしょうか?
もしかしたら~ドラマか役名を、お間違えではありませんか??こん
確かに~( *´艸`)
闇夜のカラスさん、こんにちは~♪
またお立ち寄りくださいましてありがとうございます~!

確かにおっしゃる通り、
半沢は最初から喧嘩腰でしたね~ワクワクしました(≧▽≦)。

私は久々に「伊丹」(川原和久さん)を見れて喜んでましたよ~(^_-)。
秋には相棒もまた始まりますね~。

そうそう、近藤のエピソードは実に感動的でしたよね~。
あのぽたぽたと落ちる(胃のイメージでしょうか)血が止まったのが
何よりでした~ホッとしました。

黒崎はまだある意味正義漢なのでしょうが、
大和田は腹黒いですよね~来週はまた正念場ですね!こん^^

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング