2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

屋根部屋のプリンス あらすじと感想 第8話 接近 初めてのキス

屋根部屋のプリンスのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 屋根部屋のプリンス あらすじと感想一覧


屋根部屋のプリンスの8話は「接近 初めてのキス」です。


このタイトル通り、きっと大半の方はこのキスシーンがお気に召したのでしょうが、おばさん的には、

「アナフィラキシーショックの呼吸困難にマウスツーマウスが効くのだろうか?

な疑問が湧いてしまい、そこで人工呼吸しているよりもさっさと病院に運んだ方が良いのではウ・イクチャン~っ!世子を病院に運べ~っ!!~などとひとりでヤキモキしてしまいました。ガクに甲殻類アレルギーがあると知ったテムの陰謀で、

「カニの醤油漬け」

を食べろと言われたガクが、正体を知られまいとして、平然とこれを食べたのは実にアッパレでしたけど、下手をしたら命まで落としかねないのに~とここは本当に心配させられたので、なんとも無粋な感想文で申し訳ござらぬ。でも、これに味をしめたガクが、

「もう一度~

を期待したシーンには大笑いでしたけどね。ガクは結婚していたのだから、あれが初めてってことはないのですよね


自分としてはむしろ、この後ガクがテヨンでないと知った(知らなかったんか!パク・ハがガクをなじったのに対し、車に轢かれる危険を犯してまで堂々と道路を横断し、こちらは歩道橋を渡ったパク・ハを追ってきたきた命知らずのガクが、

自分はに会うためにこの時代にやってきたが、詳しい事情は「過去」に関係するから言えぬ~でもこれからは決して偽らぬ

とキッパリ言ってくれたシーンの方が良かったです~


また、上限無しのブラックカードを手に入れてからというもの、ガクがすっかりパク・ハの上位に立ってしまっているのも楽しいですよね


リフォームした屋根部屋(というより屋根の上にもう1軒建てた風の主人はオレ様だと言わんばかりに、パク・ハを本当の「ムスリ」扱いしてしまってますし、ファストフード店で手に入れた呼び出し用のベルをパク・ハに持たせては、用事もないのにパク・ハを呼びつけて悦に入っているのです


でもこうしてからかう一方で、なかなか面倒見も良いところなどはさすがの「世子様」、人の上に立つお方でございまするね


パク・ハがマノクに勧められてお見合いをすることになった時も、パク・ハが自分の一番好きな上下を着て行こうとしたのを止めて、ガク自らドレスを買いに同行してくれるのです。この試着のシーンも実に可愛かった。


次々とドレスを着替えるパク・ハに、何を着ても似合うと思ってしまうらしいのは惚れた弱みか~のウ・イクチャンと、いやいや、そんなんじゃダメだとかぶりを振るガクが笑えました。いいのかな~そんなに可愛く着飾らせてお見合いに行かせちゃっても


そしてついにガクのお眼鏡にかなったワンピースはさすがにパク・ハに良く似合っていましたね~。髪型もすっきり整えてヒールを履いたパク・ハを見ていられなかったのか、子分ども3人を残して自分はさっさと屋根部屋に帰ったものの、その状況を逐一報告させるガクをにんまり眺めていたおばさんです。残された3人も、その目つきたるやかなり「ワル」かったですよ。ウ・イクチャンのみならず、他の2人にとってもパク・ハは大切な「ヌナ」なのですね


相手は背が高くて男前です。美人だと喜んでいます。(相手は)よだれをたらしました。成功しそうです!


ひとり屋根部屋で魚にえさを与えていたガクは、ついにいたたまれなくなってパク・ハを呼び出してしまいます。魚にえさをやる時間だ。帰ってこい!


多分パク・ハも、これ以上見合いの相手と親密になる気はなかったらしく、これ幸いとばかりに席を立ち、(たぶんガクに)呼び出された場所へとやってくると・・・?


「車の運転の仕方を教えろ!


ガクはなんとレッカー移動してきた車に乗ってさも得意げに笑っているではありませんか。も~自転車とは訳ちゃうで~甘く見んなよ~( `ー´)ノ


案の定、あまりにも厳しいパク・ハ教官の教えに、(怒りで)ぷるぷると震えだし、

「生まれた時から運転できたかっ!!その口塞いでやるっ!( *´艸`)

と怒鳴るガクのこの決まり文句にまた大爆笑のおばさんでした。たしか自転車の時も言ってましたよね~おんなじこと。


そんなガクですから、いくら忠臣とは言え、たまにはストレスを発散したくもなるのでしょう。ガクのお供でやってきたスーパーで、ガクの「よしを合図に一斉に試食品のウィンナーを食べ始めた姿にも笑ったけど、その後、こっそり「アレ」を買っていたシーンにも大笑いしてしまいました

「角(ガク)砂糖」


確か、韓国語の「k」は「g」に近い発音なのですよね~。これを「ガリガリ噛み砕く」のはどうだというチサンに、マンボとウ・イクチャンが大賛成していたシーンには大喜びでございました。しかももう1箱買おう!ってガク、結構恨まれてるな~( *´艸`)


おお、話が横道にそれてしまいました


運転ではパク・ハに負けた悔しさから、ガクがパク・ハに馬に乗れるかと言ったのをきっかけに、ふたりは乗馬をするのですが、そこがまた実に素敵だったのですよね~。ふたりで馬に跨りながら、ガクがパク・ハの好みを聞くのですけれど、あまりにも近い距離での「質疑応答」だったため、パク・ハがドギマギしてしまったのが、なんとも可愛らしくていい感じだったのでござる


そんなパク・ハを苛めるセナは、まったくもって許しがたい!セナは絶対許したくないっ!( `ー´)ノ


この女は何度も勝手にパク・ハの部屋に無断で入り、そこで2年前にテヨンがパク・ハと蝶を描いたハガキを見つけてしまうのです。セナはあらかじめギルラムから、テヨンのスケッチブックを預かって、その「E.O」というサインを見知っていたのです。


~このE.Oも前から不思議だったのですけれど、これはハングルを略した記号らしいです。テヨンをハングルで書くと「태용」と書くらしいんですが、確かにEとOの形が見つかりますね。また不思議と言えば、ガクがチェーンを付けているのもちと不思議でござる。世子が自分でネックレスを買って身に着けてるとも思えんしな


これをパク・ハに突き付けてまるで天下を取ったかの如くわめき散らすセナの鬼女の様な顔を、いっそガクに見せてやりたいですね~。あの姿を見たら、まさに100年の恋も冷めてしまうことでしょう


でもギルラムはそうはいきません。ギルラムはこんな性悪女をガクの嫁にと考えているため、元々パク・ハのことが気に入らなかったようなのですが、このハガキを見たことで、パク・ハとテヨンが2年前から知り合いだったと思い込み、あろうことか、パク・ハが

「孫の財産を狙っている悪女

であると勘違いしてしまったようなのです。も~ギルラムがパク・ハを思い切り殴りつけた時には、思わず目を疑っちまいました。他人様の娘にいったい何をするんでしょうね~これだから財閥は嫌いなんだ


どうやら例のテヨンの携帯もパク・ハの部屋にあったようでしたが、あれをガクなりパク・ハなりが中を調べればいいのに~ここはヤキモキさせられてます。でも、この携帯の待ち受けが、テヨンとパク・ハの写真だったことを見て知っていたセナが、パク・ハがガクに施したマウスツーマウスの人工呼吸をキスだと思い込んだことなども、ふたりが昔から知り合いだったという話につながってしまったようです。


う~ん、ここは何とかガクか、ガクの味方になってくれそうなテクスが、パク・ハを救ってほしいところでござりまするね屋根部屋のプリンスは、来週の放送が今から待ち遠しい限りでござるkaeru-coffee



屋根部屋のプリンス Blu-ray SET1&2

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 4件

コメントはまだありません
りいこ  
仲良くケンカしな♪

こんさん~♪

またまたコメント置きにきました(*⌒∇⌒*)テヘ♪

あのカニアレルギーの処置は私も
「そんなことしてる場合か!」と
思いました(笑)
だってアナフィラキシーショックってものすごく
怖いイメージがありますから(ドラマの見過ぎでしょうか)
そのあと、また苦しいフリをしたガクの下心に
おいおい(^▽^;) と思いましたが~

パク・ハのお見合い用に服を選んでるシーンでの
ウ・イクチャンの拍手がカワイイですねぇ。
顔は真剣で体全体で気持ちを込めて
賞賛をおくってるかんじがいいです(笑)

ガクが戻ってこいと電話してきて
あっさりとお見合いの場を去るパク・ハはやっぱり
惚れてる弱みなのかと思いましたが
乗り気がなくてこれ幸いだったのかな(笑)
車の運転のシーンは本当に面白い~
パク・ハの口調がかなり激しくて
ガクがぷるぷるワナワナするのが最高です。

そうそう、スーパーで三人が角砂糖を買うシーン、
ガリガリボリボリしたいのね~って思いました(≧▽≦)
やっぱり鬱憤は積もっているのか(笑)

セナやテムにはむかつくばかりで
早くぎゃふんと言わせてやりたいv-359

来週もまた楽しみですねv-363

2013/09/12 (Thu) 20:23 | 編集 | 返信 |   
りいこさんへ  
いらっしゃいませ~♪

りいこさん、こんにちは~♪
いつでも大歓迎ですよ~!

んね~!あそこはあんなことしてる暇ないですよね~。
隣にAEDがあるならまだしも(笑、あのまま心臓止まったらどうすんだ?
な感じでしたよ(笑。

でもそれをセナが見ていたのはざ〇あみろ~でしたけどね~( *´艸`)。

ぷぷ~ウ・イクチャン、あの目がね~どこ見てんだか分かんない(ちっこすぎて)
んですが、そうそう、おっしゃる通り体全体が「真剣」なんですよね~いつも(≧▽≦)。

私は、ユチョンさんのドラマは多分これ(長く拝見するのは)が初めてなんですけど、
このしゃべり方って「わざと」ですよね?

いかにも「皇太子然」とした、あの重々しい発声を聞いていると、
お腹に力入ってて大変だな~と思います。プロ意識をひしひし感じますv-218

真っ赤になって怒るガク vs ハナでせせら笑うセナ

ってサイコーの構図ですよね~。

そうそう、あの角砂糖のシーンがまた実に楽しかったです~。

「親の七光りのくせにっ!」

っていうあれはやはりある意味「本音」なのかも~ですね、ぷぷv-398

悪人カップルには本当にイライラさせられますね~。
代わりにとっちめてやりたい気分でいっぱいです( `ー´)ノ。
続きもめちゃくちゃ楽しみです~。こん(^_-)-☆

2013/09/13 (Fri) 06:41 | 編集 | 返信 |   
りいこ  
あれは

こんさん~♪

役柄ゆえですね~
ホント、あのしゃべり方は大変だったでしょうね!

言われてみればウ・イクチャンの目、ちっこいですね(笑)
でも眉毛のせいかとても凛々しいお顔立ちの印象がありますね!
セジャ様も目は大きくないですが
くるんとしたまつ毛に機会があればご注目下さい(笑)

2013/09/13 (Fri) 20:10 | 編集 | 返信 |   
りいこさんへ  
了解しました!

りいこさん、こんにちは~♪

やはりあれは役作りだったのですね~ですよね~(笑。
睫毛は見たことなかったな~次回、気を付けて見てみますね。

私は、男性の目はあまりパッチリしてないほうが好きなんです(^^ゞ。
自分がでっかいからでしょうかね~だからちっこい目は褒め言葉です(爆。
そうそう、眉毛が凛々しい~。

海雲台の時はほとんど興味がなかったのに、
やはり時代劇マジックは健在ですね。こん(^_-)-☆

2013/09/14 (Sat) 06:57 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ