2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

半沢直樹のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


半沢直樹は第9話もまためちゃくちゃ楽しかったです~半沢直樹が今めちゃくちゃ面白い!(≧▽≦)。最後のあれ、できれば避けてほしかったけど、(ドラマの流れとしては)やはり避けては通れぬお約束なのでしょうやはり近藤でしたか~(;O;)。以下、ネタバレでござる本当の敵は大和田だっ!


まずは直樹の「秘策」ですが、彼はなんとまあ、伊勢島ホテルをフォスターの傘下にいれようと、つまりは「M&A」を考えていたのだそうですこれは考え付かなかった~( *´艸`)


湯浅社長にしてみれば、フォスターがナルセンを訴えさえしなければ再建計画が軌道に乗ったはずなのですから、今やフォスターは憎むべきなのですよ。その相手を買収するならともかく、買収されるという屈辱には到底我慢がならないようです。


が、冷静に考えてみればこれほどよいことはありませんよね。乗っ取られると思えば不愉快ですが、ナルセンの協力を得て実現しようとしていた顧客の予約システムを既に完備しているフォスターとの事業提携はまさに渡りに船のはずなのです。しかも直樹は、渡真利という実に優秀で頼もしい協力者の尽力によって、

老舗・伊勢島ホテル」

の伝統を残せるよう最大の配慮をしてくれたのです。その筆頭が湯浅を社長として残すこと。


もちろんこれは秘密裏に行われ、湯浅の承諾を得られたのも、最後の最後~金融庁の最終聞き取り検査が始まってからのことだったようですここはハラハラさせられた~(;O;)


これを知らない黒崎や大和田がいい気になっているところに、満を持した直樹が、湯浅社長からのメールを差し出したシーンは、痛快この上なかったです


「これがその証拠です!このメールが目に入らぬかっ!控えおろ~っ!


が、ここで1つ大きな問題が持ち上がりました。直樹が

「灯台下暗し」

と言って、見られては困る「疎開資料」を東京中央銀行の地下2階に隠していたことを、前回直樹にコテンパンにやられた福山が嗅ぎ付け、こともあろうに金融庁に密告したようなのです。も~コイツは、自分の立場分かってるかな自分の城を潰してどうする!


伊勢島ホテルが「実破」(実質破たん先)に分類できなくなった悔しさを抑えながらも、最後の切り札としてこれを持ち出してくる黒崎もまた、どんだけ人が悪いんだか


もちろんその疎開資料の中には、京橋支店の貝瀬から取り上げた内部告発の報告書も含まれているため、ここは、資料が見つからないよう祈るよりも、

いっそ見つかってしまってもよかよか大和田をぶっ潰せ~っ!( `ー´)ノ

と、むしろ大和田の慌てぶりを楽しんでしまったおばさんの人の悪さには到底敵いませんが


でも直樹はちゃ~んとこれも計算のうちだったようです。倉庫の入口に「かくし芸」で使うコスプレの衣装を収めた段ボール箱を山積みにし、本物の疎開資料が入った段ボールは、倉庫の奥まったところにブルーシートをかけて隠しておいたのだそうです


黒崎ももう相当テンパっていましたから、そこまで頭が回らなかったというのも実に楽しかったですね~しゅんとしちゃってました(≧▽≦)。逆に名誉棄損で訴えるという内藤の言葉には縮み上がっていたようですから


と、ここまではう~んと楽しかったのですけれど、やはりこれが最終回ではないためか、最後の最後に辛い展開が待ち受けておりました


前回近藤が突き止めた、タミヤ電機のラフィットへの3000万のまた貸しは「迂回融資」と呼ばれる詐欺行為だったそうです。ラフィットは相当「ろくでもない」会社のようです。しかも、そこの棚橋社長は、大和田の愛人ではなく、妻だったというのには驚きました。こういう時の言い逃れをも考えての夫婦別姓なのでしょうかね~呆れてものも言えません


騙されて利用されたのはタミヤ電機も同じだと、近藤は最後まで誠意を尽くし、田宮を説得にあたりました。大和田に命じられてのことだったと証言してくれれば、大和田を弾劾できる。


それで自分も根室への出向が回避できるのかとせせら笑った田宮には、一度決まった人事を覆すことはできぬと腹をくくっていた近藤の諦めたような笑顔が心に沁みるシーンですも~なんて可哀想なやつなんだ( ;∀;)


そこをうまく突いてきたのが大和田でした。田宮は信じてきた大和田に裏切られたと知って激怒し、近藤にすべてをぶちまけたと大和田に告げてしまったのです。も~なんでこうも余計なことをするかな~これを聞いた大和田が黙っているはずもありませんのに


「君が黙っていてくれさえすれば、本店に戻れるよう手配する


これまでの妻や息子の苦悩が脳裏をよぎる近藤なのです。


「俺はおまえたちと同期で良かった


と、一旦は出向の覚悟まで決めた直樹の顔も、その前には影をひそめた様なのがなんともやり切れませんでした


「よろしくお願いします


サラリーマンが「イエスマン」になったらロボットと同じだと田宮に言ったその言葉も、近藤は決して忘れていないと思うのですよ。でもこれまでずっと自分を支えてくれて来た家族を思うと、ここはつい魔が差してしまったのでしょうね~。


「100倍返しだ!いったいどうケリをつけるのか!?


予告ではこんどこそ、直樹がこう気炎を上げていたようですが、さてさて、この半沢直樹は、最後にどんな鉄槌を下してくれるのでしょうか


直樹は果たして、亡き父がネジに込めた遺恨を晴らすことができるのか? そこを一歩脱却して、今後も誠実で優秀なバンカーとして、理想の銀行を創り上げていけるのか? また、直樹や渡真利はもちろんのこと、近藤自身は、今回自分の取った行動を許すことができるのか?近藤も何とか良心を取り戻せ~っ!(;O;)


半沢直樹~形ある「武器」を持たない男たちの熱い熱い闘いのドラマも、いよいよ来週が最終回です!半沢直樹、最終回は絶対に見逃せない( `ー´)ノ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
ろん  
大和田め~(-"-)

こんさーん、こんばんは(^^)

金融庁検査は、本当に気持ちよかったです。
疎開資料の場所がばれてしまったときは
どうなってしまうんだろう…と思いましたが(^_^;)
社長からのメールを黄門さまの印籠のように見せていた半沢さんに
ニンマリしちゃいました~(*^_^*)
なので、こんさんのレビューに黄門さまのイラストを見つけたときも
ニンマリしちゃいました~♪

頭取と内藤部長も深くうなずいてましたね(*^_^*)

あーーーっ、でも大和田のやろう、許せないっすv-412
近藤さんに手を出すなんてorz…
まったく卑怯ですよーー大和田め~っ(-"-)

近藤さんの「お願いします」が悲しすぎました(>_<)

来週、最終回なんですね(>_<)
来週が楽しみです♪
個人的には痛快な100倍返しを期待してますv-411

2013/09/16 (Mon) 18:41 | EDIT | REPLY |   
ろんさんへ  
なんとかやっつけてほしいですね!

ろんさん、こんにちは~♪

本当に、直樹黄門はカッコよかったですよね~v-343
も~すか~っとしちゃいました。

でもあの田宮が大和田に電話した時にはが~んっ!v-399
近藤はこれまでの苦労があるだけに、なんとかしてやりたいですよね~。

とりあえずは伊勢島ホテルの件は何とかなったのですから、
羽根専務との癒着(例の内部告発)で大和田を追い込めるのではないでしょうかね。

それを思うとやはり近藤は焦りすぎましたよね~。
ドラマだからそうヤキモキしても仕方ないんですが(;´∀`)。

本当に、これ以上ないぐらいの100倍返しをしてほしいですね~。こん(^_-)-☆

2013/09/17 (Tue) 06:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.