2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ゴールデンタイムのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 韓国ドラマ 「ゴールデンタイム」 あらすじと感想一覧


イ・ソンギュンさん主演の韓国ドラマゴールデンタイムの14話は「初めての執刀」です。以下早速簡単なあらすじ(ネタバレ)ですゴールデンタイムのあらすじ行きます~(^◇^)


今回はふたりのケースに焦点が当てられました。ひとりは依然として目覚めないパク・ウォングクと、もうひとりは、こちらも相変わらず

「手術はしたくない~腹を切りたくない

と言い張る女性患者のユ・ミジュです。


まず、ウォングクの方は足を切断すべきかどうかが最大の論点となっていましたが、これはどんなにミヌが頑張っても、インヒョクの長年の臨床医としての所見が勝っていて、最後には切断を余儀なくされてしまいました。最後にインヒョクがミヌに語り聞かせた言葉が、今でも印象に残っています

おまえは「切断をしない」という結論ありきで、なんとかそのための根拠を探そうとしていた。最善の答えを探すのと、自分の望む答えから根拠を探すのでは話が全く違う


人は時に自分にとって都合のよい「結論」を導き出そうとするけれど、そうであってはならないというのですよ。正当な手段と道筋を通って辿り着いた結論こそが真に正しいのだという論理は、いついかなる場合にもあてはまりそうです


以前インヒョクが言っていたように、ウォングクの容体が悪くなっていないにもかかわらず好転も見られないのは、この血栓が原因なのかもしれませんし、なおかつ、敗血症性の(新たな感染症をもたらす)血栓であったとしたら、足を残すための逡巡が、文字通り、命取りにもなりかねません


こうしてウォングクの足は切断されることとなりましたが、それならせめて足首の上~できるだけ切断箇所を小さくしたいと考えるのは素人考えだということも大いに納得させられました。足首では義足が上手く使えないのが、ひざ下15cmで切断すれば義足が付けやすく、術後のQOLが格段に上がるというのです


これを、整形外科医(フェロー)のソンジンのみならず、ジェインも既に勉強して知っていたというのも素晴らしかったですよね。ミヌは確かに情が厚くて、それはそれで美徳なのだけれど、医師としては当面の「情」に流されることなく、患者の将来まで考慮に入れることが必要なのです。


でもそのミヌの「情」(というより小心さかな)ももう一人の患者=ミジュを救いました。経緯はこうです:

インヒョクは、腸穿孔が進んで緊急手術を余儀なくされたミジュの開腹をミヌに任せました。これまで何度も手術に立ち会ったのだから、その記憶力を試したいというインヒョクの前で、ミヌが初めて執刀します初めての執刀です♪


腹腔内の処置は再びインヒョクがメスを握るも、その後インヒョクは、ミヌに「結紮」をも命じてきました。もし結紮がほどけたら大出血になる~そうさんざん脅かされたミヌは術後も気が気ではありません。何せ術中も1カ所ほど結紮がほどけたこともあり、術後また異変が生じるのではないかと、当直の間中ドレーンチューブが気になってなりません出血したらどうしよう!


でもこの気の小ささ(笑)がミジュを救いました。ドレーンチューブの体液が緑色に変化したのを見て慌てたミヌがインヒョクに連絡すると、インヒョクは既にこのトラブルを想定していたようです。この患者の腸には小さな血腫があったらしいのが、自然治癒の可能性もあるため放置していたところ、やはり破裂して胆汁が漏れてしまったのだそうです。これをしきりに「結紮ミス」のせいではないかと心配するミヌに、インヒョクは情け容赦ない一言をぶつけてきます:

命にかかわるような大事な結紮は任せない。あそこは出血しない箇所だ


初めて任された結紮だったというのに、まだそこまでは信頼されていなかったとショックを受けるミヌがなんとも気の毒でございましたね~。もっともっと研鑽を積んで、全てを任せられるよう頑張らねば


でも広い意味で言えば、外傷の術中のみならず、ああして患者の様子を見守ることも1つのゴールデンタイム(患者の生死を決める瞬間)とも言えなくないのでしょうから、ミヌは本当によくやりましたよね


予告によると、今日はどうやらウォングクが目覚めるようでしたね~。それにミジュたちが、銃で撃たれたにもかかわらず警察に届けない真意もちょいと気になります


ゴールデンタイムは本日の放送も楽しみでございまする


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.