2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

愛もお金になりますかのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 愛もお金になりますか あらすじと感想一覧 (全20話)


ヨン・ジョンフンさん主演の韓国ドラマ、愛もお金になりますか?~今週は13話を視聴しました。以下早速あらすじ(ネタバレ)です。


今回新たに分かったことはこの3点です:


  • ウンソルは、インタクの不眠症のカウンセラーだった、

  • ソヌとチョン理事はグルだった、

  • 本物のミスンが現れた。

ウンソルは、インタクの彼女でも秘密の恋人でも(商売女でも)なかったのです。18で起こした事故以来不眠症になってしまったインタクは、ありとあらゆる手段でもってこれを治そうとしたのが失敗に終わったのに、ウンソルの施術だけはぴったり効いて、毎回ホテルで治療をしてもらっていたのだそうです。


この話を聞いたダランが

「どうして自分のことを『ウンソル』っていうの?ちゃんと『私』って言えばいいのに

とおばちゃんぶりを発揮していたのが可笑しかったですね~


またインタクが記者会見で前回のスキャンダルを説明していた際、ウソクに暴力を振るったかどうかを聞かれると、ダランが思わずあれは自分のせいなのだと口走ってしまうのですよ。


そんなことを言ったら「新たなスキャンダル」になるだけだと舌打ちをするミンジュと、ただひたすらインタクを庇おうとしていたダランの天然ブリが実に対照的で面白かったな~。結局はここも

「すべては私の責任だ」

とインタクが引き受けてしまうんですが


また2点目の、チョン理事とソヌがグル~の件は、要するにふたりともインタクを会長の座から引きずり下ろすという共通の目的を持っているということらしいですね。


そこへもうひとり、

なぜ司法試験に合格できたか不思議なほどの〇ホ

なソンテクも絡んできそうです。これは、ソンテクがウソクにダランの玉の輿作戦を明かしてしまったことに気づいたミンジュの言葉です


チョン理事がいうには、インタクの父親、もしくは祖父が、インタクに会社を譲る際、その株を一部、ソンテクの息子のインゴルにも譲渡していたそうなのですが、それが今後どう転ぶのかが今一つ分かりません。このインゴルはようやく除隊となり、インタクの会社に就職したと言っていたのですけれど?


3点目のホン・ミスンは最後に登場し、その名を聞いたインタクが気づいたようでしたけれど、これも詳細は次回に持ち越しです。


とまあ覚書はこれぐらいにして、個人的には、インタクが

「まだ耳に死骸が残っている

と言い訳をしてダランに耳かきをおねだりしてきた(笑)シーンが最も楽しかったな~


それでも、ダランがギョンエと外出し、インタクとの思い出のうどん屋に来ていたのを見たら、またしてもへそを曲げられてしまうんですけど。ギョンエはインタクにとって憧れの存在だったらしいので、今の姿を見るのがインタクには忍びないのでしょうかね~。何とか乗り越えられるとよいのですが。


と、今回はこれぐらいだったでしょうか。


愛もお金になりますか?は、来週の放送も楽しみでございまする愛もお金になりますか~も楽しいです( *´艸`)


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.