2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

医龍4 あらすじと感想 第9話 チームドラゴンの神髄ここに極まる!

医龍4~Team Medical Dragon、今週は第9話です。これまた素晴らしく面白くてワクワクさせられたエピソードでしたね~。まさにチームドラゴンの神髄を見せつけられた回でございました。以下早速あらすじ(ネタバレ)です今週もまた医龍4のあらすじ行きます~(^^)/


今回はL&Pで2つのオペがほぼ同時に行われました。5歳男児の下縁欠損型ASD(Atrial Septal Defect~心房中隔欠損)と多胎妊婦の周産期心筋症です。


前者は野口が連れてきたVIPの患者=脇坂将~L&P病院の親会社の副社長の息子だそうです。通常ASDならカテーテル手術が可能なところ、将の場合は心臓の下縁が無いところに20mmほどの穴が開いているため、この下縁を閉じるための外科的手術が必要らしいのです。


野口はその手術のため(朝田を除く)チームドラゴンに結集をかけて、他の手術予定を勝手に動かしてきました。とりあえずは、他に一刻を争う手術が無かったようで、荒瀬大先生様もしぶしぶ納得したようです


一方双子を身ごもっていた桐山恵美の心筋症のケースは本来かなり難しく、訴訟のリスクも高くなるため、L&Pでは引き受けない方針だったらしいのですけど、これを岡村が強引に引き留めます。他の病院では助からない。うちで必ず救ってみせる!!そのためにこの道を選んだんだ( `ー´)ノ


アメリカにいた頃の岡村の婚約者も同じ症例だったらしいのですが、保険適応外で手術を断られたため、岡村は愛する人と子供たちの死をなす術もなく見ているしかできなかったのだそうです。


不妊症で苦労したけれどようやく双子を授かった微笑む恵美の顔が、亡き婚約者=エミリーのそれに重なり、子どものための靴に着けるリボン~双子だからピンクと青を付けたかったのに青いリボンを買い忘れたと語っていた恵美のために、それをわざわざ買ってきた岡村に、恵美急変の知らせが入ります


ちょうどその頃、この恵美の主治医となっていた伊集院は将のASD手術のため手が離せず、朝田もまた桜井病院での外来対応に追われていました


それでも岡村は決して諦めることなく朝田のもとへ駆けつけてきて、その目の前で跪き、助けてくれと頭を下げます。あなたにしか助けられない患者がいるっ!!


~そうですよね~。あそこでいきなり岡村が心臓手術まで始めちまったらさすがの医龍ファンでも引いちまいます


L&Pでひとり恵美の対応に追われていた木原が、母子ともには無理だからせめて母体だけでも救おうとベンタール手術に踏み切ろうとしていたその時、ゴッドハンド=朝田が姿を現しました!じゃ~ん!(≧▽≦)


「デーヴィッド手術を行う!!


確か医龍3でも登場しましたね~大動脈弁を温存して負担を少なくする手術。(自分で検索かけちゃいました: 医龍3~第5話あらすじ 立ち上がるのは患者自身だ!


低体温で行うベンタールでは胎児を救うことはできず、その上人工弁を装着するベンタールでは、半永久的に抗血液凝固剤の内服が必須となるため、出産の際に大出血をしてしまいます。


常温でデーヴィッド手術を行えば母子とも両方救える!俺は決して諦めないっ!!


も~ここからはまさに「The 医龍って感じでしたね~。しかも隣の手術室でこれを聞きつけた荒瀬が、

「デーヴィッドにはオレ様がいなくちゃダメだろ

とばかりに、久しぶりの大仕事に張り切って姿を現した時にはおばさんもう大喜び荒瀬キタ~っ!(^^)/。賢い荒瀬はこんな日も見越して、既に信頼出来る麻酔科医を育て、その彼女に後を任せてきたそうです。それに手術の一区切りを終えたらしい伊集院も、鬼頭に「第一助手」の座を譲って駆けつけてきます


妊婦の体外循環下(人工心肺)での開心術など、麻酔の管理ができません!!聞いたことない!(;O;)


慌てふためく麻酔科医をちらりと見やり

「だから俺なんだろう

と言った荒瀬大先生様のなんと頼もしく魅力的だったことか!文句言っている暇があったらさっさとお立ち台を用意せんかっ!


ここに猪原看護師もやってきて手術が始まると、またしても困難が立ちはだかります。なんと形成を行う箇所=左冠動脈の開口部(カスプ)が通常より低かったため、このカスプも形成しなくてはならなくなったのですそのための伊集院ですよ♪


朝田がこの形成を引き受け、伊集院が冠動脈入口部をボタン状に切りぬくトリミングを行い、胎児の管理は抜かりなく荒瀬が行う


「おまえらは術野に集中しろ!


久しぶりのチームドラゴンの神業に惚れ惚れしたひと時でございましためっちゃ楽しかった~(^^)/。あ、前回から格段の進歩を見せている早川は、402号室の池野さん?)が気になって、病棟を離れられないようです


が、医龍は最後の最後までまったく気が抜けません。麻酔許容時間の60分で恵美の心拍が戻ったまでは良かったものの、今度は二つ聞こえるはずの胎児の心拍が1つしか聞こえません


ここでぎゃあぎゃあとうるさく騒ぎたてる木原を黙らせうるさい、黙れ!( `ー´)ノ神の手を恵美の腹部にあててその心音を「指先」で感じようとした朝田の姿が神々しく見えてしまったのはおばさんだけではありますまいさ~すが朝田!(^^)/。どうやら朝田はあの時、一人の胎児が少し右に下がっていたことに気づいたようです。妊婦の頭を下げて体を左に30度傾けろ!


ふたりとも心音あります!!


仲良く二人そろって122の心拍数を示していたのが何とも微笑ましくて嬉しかったシーンでした


と、ついつい暑苦しく語ってしまいましたが、やはり医龍はオペシーンあってのなんぼですものね~。あ~ここで目いっぱい語れて本当に幸せでござる医龍4を語れて幸せです( *´艸`)


また例の桜井院長の同時オペの件ですが、こちらもなかなか難航しそうです。岡村がマイク・ボールドウィンに交渉して桜井院長のオペは行われることになったものの、自分に反旗を翻した岡村を許せない野口が、どうやらこれを妨害してきそうなのです


岡村はボールドウィンの説得を条件に朝田をL&Pに引き抜こうとしていたのだけれど、今回恵美を救ってもらったことに恩義を感じて朝田の引き抜きを延期すると決めたのが、野口の逆鱗に触れたようです。ふん、何ができるかみせてもらおうじゃないか


「医者の目をしていた


恵美を救ってほしいと頭を下げた岡村を評して朝田が言ったこの言葉が

「おまえならできる!

に聞こえたのはおばさんだけではありますまい


さ~医龍4もいよいよ終盤でござりまするね。来週の放送も今から待ち遠しくてたまりません~医龍4が待ちきれない(≧▽≦)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 2件

コメントはまだありません
黒猫  
これぞ医龍…な神回

こんばんわ。風邪ひいてコメント遅れました。(^O^)/
今回は特に面白かったですね☆
すっかり「良いドクター」になってるツーブロックに看護師長も安心の笑顔(o^-^o)
私も一安心でした。
さて、今回は「医龍4では一番の"医龍の醍醐味"がたっぷり味わえる、まさに神回」
双子の胎児の心音が1つしか聞こえないときの、手術手袋を突き上げるパフォーマンス(!)にしびれました(笑)
\(^o^)/

そして「医者の目をしている」岡村が完全に朝田側の人間に。
エントラッセン…でアメリカ脳外科医の話は振り出し!?
やっぱり岡村さんと朝田先生がオペ室に入るのでしょうか…
野口「No~No~No~(脳脳脳~)」
を期待します(^〇^)

2014/03/09 (Sun) 21:07 | 編集 | 返信 |   
黒猫さんへ  
盛り上がりましたね~( *´艸`)

黒猫さん、こんにちは~♪
体調はもうよろしいのですか?

おっしゃる通り、今回はサイコーの展開でしたね~。
自分はここでブログを書ける幸せを噛みしめていました(^^)/。
やっぱりチームドラゴンはカッコいいですね~(≧▽≦)。

ぷぷ、ホントホント、
野口の悔しそうな顔(と叫び)が目に浮かぶようですね( *´艸`)。

あ~今週の放送が待ち遠しいですね~(^_-)。こん

2014/03/10 (Mon) 07:15 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ