2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

愛もお金になりますかのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 愛もお金になりますか あらすじと感想一覧 (全20話)


ヨン・ジョンフンさん主演の韓国ドラマ、愛もお金になりますか?~今週は15話を視聴しました。これまた実に楽しかったでござる。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)感想文です


今回は、ついにダランがインタクから「正社員」に採用するという確約を取り付けます。前回ミミにダランがひっぱたかれた際に庇ったインタクが、

「(ダランは)うちの人間だ。これからもずっと秘書として働いてもらう

と言ったのをダランが決して聞き逃さなかったのです。それは正社員にするという意味なのかとまたダランがしつこく聞くのですよね


何度も説明させるなとめんどくさそーに言ったインタクにおまえは缶からか(*´Д`)、ダランが大喜びでまたしても忠誠を誓った姿が可愛かった~


でもその後、これはソンテクとその妻の発案なのか、ギョンエが還暦を迎えるからと、ダランが手作り料理を作ってこっそり会食が開かれたのはちと時期尚早な感じでしたよ


不意を突かれて怒ったインタクは、昔は苛めていたくせに今では「義姉さん」とおだてる叔父夫婦が許せなくて、ついつい怒声を浴びせてしまったためにギョンエが怯えてお漏らしをしてしまうのです


今回ばかりは会長が悪い!!


怯えて泣きじゃくるギョンエの姿にブチ切れたダランは、なんとインタクの顔を平手打ちにしてしまいますやっちまった(>_<)。あ~あ、せっかく正社員になったと思ったのに


でもインタクはこれでようやく目が覚めて、母に逢う決意を固めたようです


「秘書ではなく、同僚として一緒に行ってくれないか


プライベートには一切かかわるなと命じられたとすねるダランをなんとかなだめすかして施設までは同行させたものの、ダランは決して部屋に入ろうとはいたしません。ここから先はおひとりでどうぞ


自分を息子と認識できないギョンエを前に、ひとり、昔の辛い気持ちを吐露するインタクが可哀想だったな~。でもその姿はおばさんのみならず、ギョンエの心をも動かします


「タクチ、ごめんね」


ひしと抱き合って泣く親子の姿が実に感動的でした良かったね~インタク(;O;)


また今回は、インタクが事故を起こした原因も明らかになりました。なんでも、ギョンエが出ていった後、インタクはギョンエを訪ねていったにもかかわらず会えなかったそうなのです(追い返された?)。それで荒れたインタクが運転をし、ジェヒを轢いてしまったようです。でもインタクは、ジェヒが死んだと聞かされていたようでしたね?


そのジェヒですが、ソヌの恋人ではなくだったこともこのたび判明いたしました。ソヌもまた、母親からジェヒは死んだと聞かされていたのがそうではなかったことを知り、インタクに復讐しようと今に至っているようです


ミスンから、ソヌがダランに大切な女性(ジェヒ)を会わせたことが許せないと打ち明けられたインタクは、その辺の事情をソヌから聞き出そうとしたのですけど、その女性がまさか、自分が轢き殺した(と思っている)人物だとは想像すらしていないようです。


思えばこのソヌも何とも不幸な人物なので、どうにか恨みを解き放って幸せになれるとよいのですけどね~。ジェヒが目覚めることはないのかしら。


一方、本物のミスンもインタク捜しを始めたようです。土地勘のないミスンは捜索の一切をソヌに任せましたが、何せミミを偽物ミスンに仕立てたソヌですから、そう簡単に真相は明かさないのでしょうね~。インタクも、またミスンを目にしたのにちいとも気づいてないようでしたし。ま、今はダランのことで頭が一杯で、他の女性には目が行かんのでしょうが


インタクを平手打ちにした自分の罪を帳消しにするには、自分を殴ればいいと覚悟して目をつぶっていたダランに近づくインタク~拳で殴るというよりは、愛の接近に見えてしまったのはおばさんだけではありますまい


こ~れは来週が今からとっても待ち遠しいですね~


~以前から、なぜか慕わしく思えてならなかったミンジュが、昨日ようやく大好きだったクムラン@大祚榮(シム・ウンジン)だったことに気づいてとっても嬉しかったおばさんでござった。我ながら気づくの遅すぎでござんすね


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.