このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

グッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

グッド・ワイフ4 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧

グッド・ワイフ4」(The Good Wife S4のあらすじと登場人物のリストですグッドワイフ4あらすじ一覧。主な登場人物に関しては、S4に登場した状態で明記しますので、それ以前の情報はS1~3までのリストをご参照くださいますように


グッドワイフ あらすじと登場人物】



【 グッドワイフ4 主な登場人物 】


アリシア・フロリック-Alicia Florrick(Julianna Margulies)
ロックハート&ガードナー法律事務所(以下LG)のアソシエート弁護士で、夫のピーターとは復縁を考慮中。ザック、グレースとともにシカゴ・ハイランドパークのアパートに住んでいる


ピーター・フロリック-Peter Florrick(Chris Noth)
アリシアの夫。州知事をめざし、DMCの指名を受けるべく奮闘中。アリシアとの復縁を望んでいる


ザック- Zachary "Zach"(Graham Phillips)
アリシアとピーターの長男。ワシントン大学への進学を希望?


グレース- Grace(Makenzie Vega):
アリシアとピーターの長女


ジャッキー(ジャクリーン)・フロリック-Jackie Florrick(Mary Beth Peil):
ピーターの母。S3で入院したが無事退院するも(?)


ヴェロニカ・ロイ-Veronica Loy(Stockard Channing):
アリシアとオーウェンの母親


オーウェン-Owen Cavanaugh(Dallas Roberts)
アリシアの弟。ゲイ



ダイアン・ロックハート-Diane Lockhart(Christine Baranski)
LGの共同経営者。経営難に頭を痛めている。アリシアの良き理解者


ウィル・ガードナー-Will Gardner(Josh Charles)
LGの共同経営者。S3で謹慎処分を受け、S4第1話でその処分が解ける


カリンダ・シャルマ-Kalinda Sharma(Archie Panjabi)
LGの女性調査員。S4でようやく夫のニックが登場。カリンダはとっくに別れたつもりでいる、裏社会に住むニックとの攻防が見もの


ケイリー・アゴス-Cary Agos(Matt Czuchry)
弁護士~検事~弁護士という経歴の持ち主で、アリシアとはLGの同期。再び戻ってきたLGでどんな活躍を見せるか


イーライ・ゴールド-Eli Gold(Alan Cumming)
ピーターの選挙対策マネージャー兼LGの所員かつ上客。ピーターとアリシアの間での気苦労が絶えない


デヴィッド・リー-David Lee(Zach Grenier)
LGのシニア・アソシエート


クラーク・ヘイデン-Clarke Hayden(Nathan Lane)
LGに派遣されてきた管財人。ウィルは彼を「毛沢東」と名付けた(笑


ハワード・ライマン-Howard Lynn(Jerry Adler)
ロックハート・ガードナー創設時のパートナー弁護士


ステイシー-Stacie(Julie Sharbutt):
LGのアソシエート


ジョン・ゴールトナー-John Gaultner(Robbie Sublett):
LGのアソシエート


ロビン・バーディーン-Robyn Burdine(Jess Weixler):
司法省でテロリストの金の動きを追跡した実績を買われてLGの新しい調査員に採用される。イリノイ大で刑事法の学位を取得するもマイナーはバレエ。両親は元ヒッピー?



ルイス・ケニング-Louis Canning(Michael J. Fox マイケル・J・フォックス):
新しい債権者


シモーン・ケニング-Simone Canning(Susan Misner):
ケニングの妻



エルズベス・タシオニ-Elsbeth Tascioni(Carrie Preston):
S1からお馴染の一風変わった切り口のランボー弁護士



ラナ・ディレイニー-Lana Delaney(Jill Flint):
FBI調査官。カリンダの元?カノ



ニック・サベリーズ- Nick Saverese(Marc Warren)
カリンダの夫。自称レッカー業者でLGのクライアントでもある


ビル-Bill(P.J. Brown)
ニックの知り合い。カリンダを脅そうとやってきて逆にこんてんぱんにのされる


メリンダ-Melinda(Tawny Cypres)
カリンダのGF。警察犬の訓練士



マイク・クレスティーバ-Mike Kresteva(Matthew Perry)
州知事選をめぐるピーターのライバル。(悪徳)弁護士。小児がんを患う息子のジャックスをキャンペーンに利用している


ウェンディ・スコット・カー-Wendy Scott-Carr(Anika Noni Rose)


元ピーターのライバル。現在は司法省の役人?


ペギー・バーン-Peggy Byrne(Kristin Chenoweth)
ジャーナリスト


デイヴィッド・ラガーディア-David LaGuardia(Hamish Linklater):
司法省の役人。選挙資金規正法違反を取り締まる。アコーディオンが趣味


ジョシュ・パロッティ-Josh Perotti(Kyle MacLachlan):
司法省の役人。ウェンディ・スコットカーの後任



ライオネル・ディアフィールド-Lionel Deerfield(Edward Herrmann)
過去にウィルと大いに因縁の有る弁護士



マディ・ヘイワード-Maddie Hayward(Maura Tierney )
LGの新しい大家。半導体女王と呼ばれる大物。アリシアを気に入ってピーターを支援するも??



ヴァイオラ・ウォルシュ-Viola Walsh(Rita Wilson)
ダイアンの天敵弁護士



バッキー・ステイブラー-Bucky Stabler(Brian Dennehy):
行政機関の代理人を務めることが多い弁護士



ジム・ムーディー-Jim Moody(Skipp Sudduth)
選挙スタッフ。イーライの部下でジャッキーのお目付け役



ジェニーバ・パイン-Geneva Pine(Renee Goldsberry)
凶悪犯部門の検事補


マタン・ブロディ-Matan Brody(Chris Butler):
古株の検事補


ローラ・ヘリンジャー-Laura Hellinger(Amanda Peet):
軍人でアリシアのクライアントだったが、軍を辞めて検事補となる



フランク・ランドー-Frank Landau(Mike Pniewski)
DMCの委員長



コナー-Connor(Luke Kleintank):
グレースのBF



サンディ-Sandy(Lucy Walters):
ピーターの選挙スタッフ


デボラ-Deborah(Jenna Gavigan):
ピーターの選挙スタッフ。IT担当


ジョーダン・カラハリオス-Jordan Karahalios(T.R. Knight):
選挙参謀候補(イーライの予備・笑)。資金集めの天才(boy wonder)



ニール・グロス-Neil Gross(John Benjamin Hickey):
チャムハム社のCEO



ジェフリー・アゴス-Jeffrey Agos(John Shea):
ケイリーの父。ロビイスト


カート・マクベイ-Kurt McVeigh(Gary Cole)
弾道解析家。今度こそダイアンと結婚か?



【 グッドワイフ4 あらすじおよび各回の登場人物 】


第1話 マディソン郡の道


ジェイムズ・チェイス判事-James Chase(Fred Melamed)
LGにヘイデンを派遣した判事


カーティス・ロブ巡査-Curtis Robb(Matthew Del Negro)
押収街道で儲けていた悪徳警官


フィル・タピア-Phil Tapia(Jeremy Davidson)
押収街道で儲けていたマディソン郡担当の州検事。一度はピーターを恐喝するも?



第2話 デモで消えた命


マディ・ヘイワード-Maddie Hayward(Maura Tierney )
LGの新しい大家


ライオネル・ディアフィールド-Lionel Deerfield(Edward Herrmann)
シカゴ市の代理人


バーナード・テンプル-Bernard Temple(James Urbaniak)
ハーバード出身を鼻にかけた判事


ブリアンナ・シュワイカート-Brianna Schweikert(Maïté Alina)
被害者の元婚約者


メイレン-Mallen(Mike Doyle)
被害者をスタンガンで撃った巡査


デイヴィッド・ザレヴィッチ-David Zarevich(Dakin Matthews)
被害者の元カウンセラー


カール・ベイリス-Carl Bayliss(Cameron Scoggins)
反NATOのデモの参加者



第3話 第三の道


マイケル・マークス-Michael Marx(Dominic Chianese)
判事。IT関係にも造詣が深い


ヴァイオラ・ウォルシュ-Viola Walsh(Rita Wilson)
チャムハム社の代理人


ニール・グロス-Neil Gross(John Benjamin Hickey):
チャムハム社のCEO


ジュディス・ホームズ-Judith Holmes(K.K. Moggie):
チャムハム社の広報担当



エリザベス・サン-Elizabeth Sun(Virginia Kull):
音声入力ソフト「マルガリータ・モーションズ」の発明者。シカゴ工科大学の学生。LGのクライアント。祖母の名前はマーガレット


ジュリー・ドイル-Julie Doyle(Jee Young Han)
音声入力ソフト「マルガリータ・モーションズ」の発明者。シカゴ工科大学の学生。LGのクライアント。祖母の名前はリタ



リーランド・カーライル-Leland Carlisle(Adam Godley):
シカゴ工科大学の学長


ケビン・コスタス-Kevin Costas(Devin Ratray):
ブロガー



マンディ・ポスト-Mandy Post(Miriam Shor):
シンセ・マガジンの記者


インディラ・スター-Indira Starr(Liz Holtan):
ピーターの選挙スタッフのひとり



第4話 「憎悪犯罪」 シナリオの深さに脱帽です


ジャレッド・アンドリュース-Jared Andrews(John Glover):
シカゴ工科大側の弁護士


グレッグ・ブロチャード-Greg Brochard(Brooks Ashmanskas)
フェミニンな判事



シャンク-Shank(Christopher Innvar):
シカゴ工科大ウォーターポロチームのコーチ


ウェイン・クロケット-Wayne Crockett(Ro Boddie):
トレイ・ローソンを殺した罪で服役中。オメガ・デルタ・オメガ(right skin)の一員


ベス・アレグザンダー-Beth Alexander(Ginna Le Vine)
トレイのGF


ホレース・サルタン-Horace Sultan(Kyle Anderson):
ウェインの友人


チャド・ミンソン-Chad Minson(Tyler Weaks):
ウェインの幼馴染でゲイ



ジョン・ローソン-John Lawson(Daryl Edwards):
トレイの父


レベッカ・ローソン-Rebecca Lawson(Lisa Branch):
トレイの母



セントマーティンホテルの女性スタッフ(Joanna Adler)



リチャード-Richard(David Margulies)
マンディの連れ。何者??



第5話 ノックを待ちながら



ルモンド・ビショップ-Lemond Bishop(Mike Colter)
マフィアのボスだが、仁義はまもる。子煩悩


ディラン・ビショップ-Dylan Bishop(Eric Ruffin):
ルモンドの息子。8歳の誕生日に父が逮捕される



レスリー・ランド-Lesli Rand(Annabella Sciorra):
カトナー・アンド・パラディーニ事務所の弁護士。ビショップのドラッグビジネスの弁護を担当


ラナ・ディレイニー-Lana Delaney(Jill Flint)
FBI調査官。カリンダの元?カノ


デクスター・ロハ-Dexter Roja(J.D. Williams):
ビショップの下で6つの事業を任されているマネージャー


ジェニファー-Jennifer(Meredith Patterson):
スポーツジムのスタッフ。デクスター・ロハの部下



ギャヴィン・ウェルズ-Gavin Wells(Hassan Johnson):
ニックのレッカービジネスのパートナー。身元はしっかりしているらしい



ジミーV-Jimmy V.(Adam Dannheisser):
ピーターのスキャンダルをブログで暴露したブロガー



第6話 法律の壁


レオラ・クーン-Leora Kuhn(Linda Emond):
陸軍の判事。軍の男女平等問題を扱う法委員会のメンバー


ローラ・ヘリンジャー-Laura Hellinger(Amanda Peet):
アリシアのクライアント。法務部に12年勤務した陸軍大尉


チャールズ・アバーナシー-Charles Abernathy(Denis O'Hare)
担当判事


バッキー・ステイブラー-Bucky Stabler(Brian Dennehy):
リッキーの代理人


リッキー・ウォーターズ-Ricky Waters(Brian J. Smith):
ヘリンジャーを強姦しようとした犯人


ウェイド・コンプトン-Wade Compton(Nick Blaemire):
軍曹。ヘリンジャーのオフィスの隣にオフィスがある


ライアン・フード-Ryan Hood(Don Harvey):
民間軍事会社マーティネル警備のCEO



クリスティアン・ロマノ-Cristián Romano(Yul Vazquez):
ジャッキーのために雇われたキューバ出身のイケメン介護士(笑。時給40ドルで出張の場合はは45ドル


ペギー・バーン-Peggy Byrne(Kristin Chenoweth)
ジャーナリスト



第7話 ジョークの解剖学


テレサ・ドッド-Therese Dodd(Christina Ricci ):
LAのクライアント。母をガンで亡くしたコメディアン


バール・プレストン-Burl Preston(F. Murray Abraham)
テレビ局の代理人。Top LA lawyer。離婚訴訟がメイン


メル・フェンドラー-Mel Fendler(John Horton):
担当判事


レベッカ・ストークス-Rebecca Stokes(Melissa van der Schyff):
テレサのメイクアップアーティスト


パンチ・サットン-Punch Sutton(Austin Lysy)
品位を守る親の会会長



FCC委員
ライザ・ビックス-Liza Bix(Megan Byrne)
マルティネス-Martinez(Thom Sesma)
トム・ギル-Tom Gill(Andrew Stewart-Jones)



ローラ・ヘリンジャー-Laura Hellinger(Amanda Peet):
軍隊を辞め、アリシア&ピーターのコネで州検事局に再就職


ジェニーバ・パイン-Geneva Pine(Renee Goldsberry)
凶悪犯部門の検事補。ローラの面接を担当し、採用を渋るもピーターに押し切られる


エディ・コラコウスキー-Eddie Kolakowski(John Lutz):
AHL事務所の弁護士。ウィルの友人だったはず~ローラが面接を受けるが不採用



ジェフリー・アゴス-Jeffrey Agos(John Shea):
ケイリーの父。ロビイスト



第8話 判事の偏見


ハリソン・クレアリー-Harrison Creary(Judd Hirsch):
偏見の塊の判事。妻と離婚後は酒浸り


ジアダ・カブリーニ-Giada Cabrini(Karen Olivo):
ウィルの元カノ。クレアリー判事と知り合い


グウィネス・ヴァン・ザントン-?
被告人。LGのクライアントで殺人教唆で訴えられるも無実を主張


ギャレット・イエーツ-Garrett Yates(Lorenzo Pisoni):
グウィネスの愛人。グウィネスの夫ヴァン・ザントンを殺した犯人


ピーター・ダナウェイ-Peter Dunaway(Kurt Fuller):
ミニ裁判の担当判事


チェイピン-?
クレアリー判事の書記官。ケイリーの友人



サンディ-Sandy(Lucy Walters):
ピーターの選挙スタッフ


デボラ-Deborah(Jenna Gavigan):
ピーターの選挙スタッフ。IT担当



コナー-Connor(Luke Kleintank):
グレースのBF



第9話 結婚防衛法


バッキー・ステイブラー-Bucky Stabler(Brian Dennehy):
国税庁の代理人


クローディア・フレンド-Claudia Friend(Bebe Neuwirth):
担当判事


デール・ランボーン-Dale Lamborn(Malcolm Gets):
LGのクライアント。タックスランチ・ドット・コムのCFO。ゲイ


ウォーレン・ネメック-Warren Nemec(Kyle Dean Massey):
デールのパートナー


ジェレミー・ブレスロー-Jeremy Breslow(Bruce McGill):
最高裁のスーパー弁護士。DOMAの廃止が宿願


ヴァンス・フォスター-Vance Foster(Michael Bryan French):
タックスランチ・ドット・コムのCEO


ヴェロニカ・ロイ-Veronica Loy(Stockard Channing):
アリシアとオーウェンの母親


オーウェン-Owen Cavanaugh(Dallas Roberts)


ブライアン・ロイ-Brian Loy (Jonathan C. Kaplan):
ヴェロニカの3番目の夫=マルコムの息子



第10話 代理戦争


スザンヌ・モリス-Suzanne Morris(Jane Alexander):
ブランディ・コラヴィート殺害事件のシカゴの担当判事


ローラ・ヘリンジャー-Laura Hellinger(Amanda Peet):
ブランディ・コラヴィート殺害事件の担当検事補。ウィルをやり込める


トロイ・マリック-Troy Mallick(Bret Lada):
LGのクライアント。ブランディ殺害の容疑者



マーフィー・ウィックス-Murphy Wicks(Stephen Root):
ミヌーカでの担当判事。相変わらず柔軟かつ現実的


マタン・ブロディ-Matan Brody(Chris Butler):
ローラに頼まれてミヌーカの裁判に参戦


リー・トリプキー-Lee Tripke(Reed Birney):
ミヌーカ裁判での州検事


ゲイリー・カハースキー-Gary Kuharski(Cosmo Pfeil):
ミヌーカでの容疑者。造園業者



デイヴィッド・ラガーディア-David LaGuardia(Hamish Linklater):
司法省の役人。選挙資金規正法違反を取り締まる。アコーディオンが趣味



第11話 新しい債権者


ルイス・ケニング-Louis Canning(Michael J. Fox マイケル・J・フォックス
アトランティック銀行の代理人


マーサ・リード-Martha Reed(Grace Rex):
ケニングの同僚?アトランティック銀行の代理人


ウィルクス・インガソル-Wilkes Ingersol(James Rebhorn) :
アトランティック銀行の頭取でマーカンタイル取引所の役員


ケイリー・スペンス-Kaley Spence(Olivia Nikkanen):
LGのクライアント。ウェストナイルウィルスに感染して半身不随となる



セラフィナ・ノーヴィ-Serafina Norvy(Tamara Tunie:
調停委員


ウェンディ・スコット・カー-Wendy Scott-Carr(Anika Noni Rose)


元ピーターのライバル。現在は司法省の役人?


トビン・エルストロム-Tobin Alstrom(Gary Wilmes):
ウェンディの元選挙参謀で元弁護士


フランク・ランドー-Frank Landau(Mike Pniewski)
DMCの委員長



ジョーダン・カラハリオス-Jordan Karahalios(T.R. Knight):
選挙参謀候補(イーライの予備・笑)。資金集めの天才(boy wonder)



シモーン・ケニング-Simone Canning(Susan Misner):
ケニングの妻



第12話 スポーツ仲裁裁判所



エルズベス・タシオニ-Elsbeth Tascioni(Carrie Preston):
アリシアとは友人。アナ・ブデイの代理人。嫌がらせで逮捕される


アナ・ブデイ-Anna Buday(Elizabeth Alderfer):
エルズベスのクライアント。陸上選手


サイモン・ファセル
「仲裁」の被告。エロボスというランニングシューズメーカーのCEO


モーガン・クロフト
ファセルの代理人



トーマス・ポリティ-Thomas Politi(Vincent Curatola):
融通の利く判事。ピーターの知font-size:1.2em;;り合い



アントワーヌ・ヴィラピク-Antoine Villapique(Ronald Guttman):
仲裁裁判の判事(仲裁人)。フランス人


チッコーネ-Ciccone(Vincenzo Amato):
仲裁裁判の判事(仲裁人)。イタリア人


カール・ハインリッヒ(笑)-Karl Heinrich(John Hans Tester)
仲裁裁判の判事(仲裁人)。ドイツ人



エリオット・チェスターフィールド-Elliott Chesterfield(Ato Essandoh):
ラボの主席アナリスト。ドーピング調査の権威(?)


デイドリック・クライン-Dedrick Klein(Dominik Tiefenthaler):
ドイツ人の自転車レーサー



第13話 パートナーの条件


ディーナ・ランパート-Deena Lampard(Megan Ketch):
ニール・グロスの婚約者。弁護士


ポール・ランパート-Paul Lampard (Larry Pine ):
ディーナの父


ニール・グロス-Neil Gross(John Benjamin Hickey ):
チャムハム社のCEO。ウィルの天敵。ディーナの婚約者


ロシェル-Rochelle(Margaret Colin):
ニールの代理人



ジェームズ・チェイス-James Chase(Kenneth Tigar)
LGの借金返済に関する審議の判事。情は厚くても理性的


ライマン・ノルキスト-Lyman Norquist(David Garrison):
LOC製薬のCEO。ケニングとともにエンシナル・エクイティを作った人物。LGに恨みがある



ニールの隠し子~名前のみ~ジェイコブ・カーライル、その母=ダーラ・カーライル



第14話 赤組VS青組


ジョシュ・パロッティ-Josh Perotti(Kyle MacLachlan):
司法省の役人。ウェンディ・スコットカーの後任


ハワード・ライマン-Howard Lynn(Jerry Adler)
ロックハート・ガードナー創設時のパートナー弁護士。模擬裁判で判事を務める


ステイシー-Stacie(Julie Sharbutt):
LGのアソシエート


ジョン・ゴールトナー-John Gaultner(Robbie Sublett:
LGのアソシエート


ラント-Brad Lund(Colm Feore):
シーフ・コーポレーションのCEO娘の名前はカレン


マーガレット-Margaret Lorenzo(Carol Woods):
模擬裁判で原告の祖母=デニース役を大熱演


アーサー・シューマッカー-Arthur Schumacher(Alexander Chaplin):
シーフ・コーポレーションのマーケティング部長



第15話 狙われたイーライ


マイケル・マークス-Michael Marx(Dominic Chianese):
民事裁判の判事。司法省が嫌い(笑


ヒュー・サクソン-Hugh Saxon(Robert Stanton):
高齢者ホーム・グリーンゲイトのCEO


フランク・ランドー-Frank Landau(Mike Pniewski)
共謀加担容疑でジョシュに呼ばれた証人


ジャッキー(ジャクリーン)・フロリック-Jackie Florrick(Mary Beth Peil):
ジョシュに呼ばれた証人


メラニー・エリス-Melanie Ellis(S. Epatha Merkerson):
連邦裁判予備審査の判事



第16話 悪魔のささやき


クローディア・フレンド-Claudia Friend(Bebe Neuwirth):
担当判事


リズ・ローレンス- Liz Lawrence(Audra McDonald ):
アリシアのロースクール時代の宿敵。現在は連邦検事補


チャールズ・レスター-Charles Lester(Wallace Shawn):
ビショップの闇を引き受ける弁護士


ジュディ・ビショップ-Judy Bishop(Tracie Thoms):
ルモンド・ビショップの妹


セス・デルーカ-Seth DeLuca(Walter Bobbie):
LGのスターン時代からのクライアント


ロビン・バーディーン-Robyn Burdine(Jess Weixler):
司法省でテロリストの金の動きを追跡した実績を買われてLGの新しい調査員に採用される。イリノイ大で刑事法の学位を取得するもマイナーはバレエ。両親は元ヒッピー?



第17話 死因審問


クレイプール-Claypool(Rene Auberjonois):
検視官


ジェニー・ラドウィク-Janie Ludwig(Jessalyn Gilsig):
亡くなった最高裁判事=ロジャー・ラドウィグの妻。LGの顧客


ウィルク・ホブソン-Wilk Hobson(Frederick Weller):
保険会社の顧問弁護士


シャーリー・マン-Shirley Mann(Kathleen McNenny):
検事補


ジャレド・ビゲロー-Jared Bigelow(Lucas Caleb Rooney):
ロジャーの友人


ベサニー・ビゲロー-Bethany Bigelow(Dana Eskelson):
ジャレドの妻


ジェフリー・アゴス-Jeffrey Agos(John Shea):
ケイリーの父。ロビイスト


デール・ダッゾ-Dale Dazzo(Sam Freed):
エモンズのCEO


ニーサ・ダルマー-Nisa Dalmar(Rachel Hilson):
ザックのGF



第18話 依頼人の死


マシュー・アッシュボー-Matthew Ashbaugh(John Noble):
LGのクライアント。セントパトリック・デイに何者かに殺害される


ヴェロニカ・ロイ-Veronica Loy(Stockard Channing):
アリシアとオーウェンの母親


マイク・クレスティーバ-Mike Kresteva(Matthew Perry)
州知事選をめぐるピーターのライバル。(悪徳)弁護士


ショーン・ノゾウィッツ-Sean Nozowitz(Gene Gillette):
アッシュボー殺害の容疑者。刑事


ダグ・ヤング-Doug Young(Will Chase):
アリシアを取り調べた刑事



第19話 史上最速の裁判


コリン・スウィーニー-Colin Sweeney(Dylan Baker)
LGのクライアント。LGに年間2200万ドルを支払っている


イゾベル・スイフト-Isobel Swift(Morena Baccarin):
コリンの婚約者


カート・マクベイ-Kurt McVeigh(Gary Cole)
弾道解析家。今度こそダイアンと結婚か?


トーマス・ポリティ-Thomas Politi(Vincent Curatola):
担当判事


グレゴリー・ステック-Gregory Steck(Michael Esper):
ウォレス最高裁判事の書記官~ホックニー・バーンズ法律事務所に転職



第20話 匿名の支援者


レイニー・セルウィン-Rainey Selwin(Makenzie Leigh):
レイプ事件の被害者。LGのクライアント


トッド・ブラッチャー-Todd Bratcher(Jason Hite):
レイピスト


ディラン・スタック-Dylan Stack(Jason Biggs):
S3に登場したMr.ビットコインの代理人。今回は集団訴訟を起こすためLGに代理人を依頼


ロバート・パークス-Robert Parks(David Fonteno):
担当判事


ジャレド・アンドリュース-Jared Andrews(John Glover):
トッド・ブラッチャーの代理人


ヴァージル・リブラン-Virgil Ryvlan(Jeffrey DeMunn):
最高裁長官(Chief Justice)


スコット-Scott(Brian d'Arcy James):
刑事



第21話 労働争議


ロドニー・ジェスコ-Rodney Jesko(John Michael Higgins):
NLRBの行政法審判官


ナンシー・クロージャー-Nancy Crozier(Mamie Gummer):
相変わらずのぶりっ子弁護士。ブロウトーチの代理人


シャーリーン・ピーターソン-Charlene Peterson(Cara Buono):
ブロウトーチの従業員でLGのクライアント。ヴェロニカの義理の姪


ユージーン-Eugene(Fran Kranz):
LGのクライアント。ブロウトーチの従業員


マージー-Margie(Da'Vine Joy Randolph):
デヴィッド・リー付で古参のアシスタント


ローナ-Lorna(Mandy Siegfried):
LGのアシスタント


レス・ニューカーク-Les Newkirk(Kevin Carolan):
労働省の役人


チャーリー・ローズ-Charlie Rose(本人):
インタビュアー


マット・ベッカー-Matt Becker(Jeremy Strong):
ピーター陣営の世論調査員


ヴェロニカ・ロイ-Veronica Loy(Stockard Channing)


オーウェン-Owen Cavanaugh(Dallas Roberts)



最終回(22話) 疑惑の投票箱


パティ・ナイホルム-Patti Nyholm(Martha Plimpton)
子連れ弁護士


チャールズ・アバーナシー-Charles Abernathy(Denis O'Hare)
担当判事


パトリス・レスナー判事-Patrice Lessner(Ana Gasteyer)
意見をいう時は必ず「In my opinionをつけないとお気に召さない判事


ジョーダン・カラハリオス-Jordan Karahalios(T.R. Knight):
選挙参謀候補(イーライの予備・笑)。資金集めの天才(boy wonder)


トレント・バックリー-Trent Buckley(Christopher Denham):
投票所の係員。共和党員


ナナ・ジョー-Nana Joe(Estelle Parsons):
認知症気味な投票所の受付女性


マイケル・ブルームバーグ-Michael Bloomberg本人:
NY市の市長



シーズン5が楽しみです


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はグッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング