このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

MOZU(モズ)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

MOZU(モズ) S1 百舌の叫ぶ夜 最終回あらすじと感想 未希が嘘をついた理由

MOZUモズ)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけますMOZU(モズ)S1&S2 あらすじと感想一覧


MOZUモズ)~Season1 百舌の叫ぶ夜がようやく最終回を迎えました。とはいえ22日から即他局でシーズン2が始まるので、予想通り謎は謎のまま残されてしまいましたが、妄想好きなおばさんにとってはある程度の確信が得られたので、まずまず満足のいく内容となりました。以下、その(相変わらずはた迷惑な)妄想をメインに、最終回のあらすじ(ネタバレ)を簡単にまとめさせていただきまするMOZU(モズ)のあらすじ行きますよ~(^^)/


まずはまたしても大胆に副題に掲げてしまった明星未希のついた「嘘」ですが、これは、未希が倉木に、室井から

「千尋は爆弾について何も知らされていなかった」

と聞いた、と言ったことを指しています。これは決して以前ご披露した自分の妄想に固執している訳ではなくて、もし室井が未希に告げたのがそんなことだったとしたら、今目の前に爆弾犯の室井を追いつめている未希が、一瞬我を失うほど呆然とするはずがないからです。あれは

「倉木にとって真実が過酷過ぎたから言えなかった

に違いないのです。未希が倉木に迷惑をかけたくなくて写真を回収したのは本当だとしても、それ以外は辻褄が合わんでしょ。誰がなぜあのタイミングで爆弾を起動させたのかも不明ですよね~それはありえんて


君が追い求めている真実も同じだ。どうして父親が行方不明になったのか、君に真実を知る覚悟があるのか?


室井は未希にそう言いました。その上今回、やはり未希の父親明星は、行方不明になった後もずっと無言電話をかけてきていたらしい(=生存しているらしい)ことが明らかになっています


となると、これはまだおばさんの妄想の域を出ませんが(自分の中では確信しておりますが)、誰に指図されることなく爆弾を起動させた千尋同様、明星もまた

自らの意思で裏社会に身を投じる決意をした

ということなのではないでしょうかね。となると、どこかにスパイとして潜入しているのでしょうか。それがグラークα作戦と繋がっているのかな。


本当はもう一歩突っ込んで、千尋も死んだことにはなっているが実は生きていた~と言いたいところなのですけれど、それはやりすぎでしょうか。現実社会に嫌気がさして自暴自棄になったところを寸でのところで救われて、裏社会で暗躍することになった、はアメドラの見すぎですかね~そうだと楽しいんですけど。何せ倉木が千尋の遺体を確認した時の決め手は「リストカットの痕」だけでしたし、室井ならいくらでも工作できたでしょうし。(うるさいからもう止めろってMOZU(モズ)千尋は生きている?


その室井は今回、津城を軟禁、倉木を監視させて、当初の予定通りサルドニア大統領の来日を機に、彼が到着した空港で爆弾テロを起こそうといたしましたが、こちらは、ようやく活躍の機会を得た鳴宮が、空港内のシステムをハッキングし、何とか事なきを得たようです


実際、大統領の娘へのプレゼントに仕込まれた爆弾は室井によって爆破されてしまいましたが、大杉が事前にこれを察知して皆を逃がし、最後まで近くに残っていたかくれんぼう好きなその娘を救い出したことで、人的被害はなかったようです


サルマー
室井も大杉もそして倉木や明星も「女の子の父」であり、殺人鬼となった宏美の父も「女の子」を欲しがっていたというのも何かの象徴だったのでしょうかMOZUは実に妄想のし甲斐のあるドラマでやんした(^^)/


そして室井はついに宏美に殺されてしまいます。いや~ここはもう涙無くしては語れない復讐物語でございました


ただひたすら執念で室井を追いかけてきた宏美は、室井に何度も撃たれた挙句、空港ロビーのテラスから落とされて、またしても百舌の早贄のように鋭い棒で体を貫かれながらも、決して復讐を諦めず、そこを自ら脱出して、ついに室井の首筋にアイスピックを突き立てるに至ります。ここは不謹慎だけど思わず

やった~っ!!宏美、でかした(^^)/

と叫ばずにはいられませんでした(だから小っちゃくな~)。


こうして本懐遂げた宏美の側に、その室井に殺されそうになっていた倉木が寄り添い、これを「和彦」と見間違えたらしい宏美が礼を言って息を引き取ります。和彦、ありがとう


ドラマとは知りつつも、ずっと闇の中で生きてきた宏美の最期が孤独じゃなくて本当に良かったと心から思ってしまいました


が、この宏美、否、和彦か~もどうやら生きていたようです和彦が宏美の復讐をするのかな。その人物は、和彦が落ちたはずの海から這い上がってきたと想像されることから和彦の可能性が高いと思われますが、これはあの「手の甲をかじる癖」で判断できますよね、きっと。二人とも生きているという可能性はないのかしらん


正直申し上げて、前回、森原官房長官による公安省の設立という陰謀が出てきた時は(ありきたり過ぎて)ちとガッカリしてしまったのですけれど、こうして室井が消されたことで当分この話は立ち消えとなり、もう少し具体的な話~グラークα作戦や、明星の失踪事件と思われる

「公安警察官D-83号失踪事件」

に的を絞っていくのは楽しそうです。それに今回は鳴宮がなかなかよかったですよね~。やはりスパイ物にはあの手のITオタクがいないとつまりません


またこの事件を通して、倉木と大杉の間に生まれたらしい友情も非常に好ましいです。あ~シーズン2~幻の翼~でもこの仲間たちが誰一人欠けることなく力を合わせていけるとよいのですが死なないでくれるといいな(;O;)


とはいうものの、おばさんはWOWOWを見られないので、続きは地上に降りてくるのを待つことになりそうです。以前、このMOZUメンバーで行われたダブルフェイスも後日TBSで放送されたので、きっとこのMOZUも、大分遅くはなるだろうけど地上波で放送されると思いますMOZUシーズン2も待ち遠しい( *´艸`)


途中大分ヤキモキさせらましたけど、妄想族の自分にはなかなか楽しいドラマでした。やはりドラマには妄想の余地がないと面白くありませんからね


そんなおばさんの妄想にたくさんの方がお付き合いくださいましたのもとてもありがたかったですMOZU(モズ)Season2~幻の翼~(無料の第1話は見る予定です)もまた是非ここで皆様とご一緒できる日を心待ちにしておりまする。最後までお読みくださいましてありがとうございました!


最後までお付き合いくださいましてありがとうございました!

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はMOZU(モズ)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
6話でコメントさせて頂いた者です。コメントお返事ありがとうございました(*^^*)私もミステリー大好きなので 、mozuは楽しかったです。
その楽しさを倍増させてくださったことに本当に感謝しています。
これからも楽しみにしております♪
ありがとうございました^^
こちらこそありがとうございました!
Rさん、こんにちは♪
またお訪ねくださいましてこちらこそありがとうございます!

MOZUも最後までなかなか面白かったですね~。
自分の妄想もお楽しみくださったようで幸いです( *´艸`)。

私もミステリー大好きなので、
ぜひまた何か面白いドラマをご一緒できるとよいですね^^。
どうぞまたいつでも遊びにいらしてくださいね~v-22。こん
倉木の笑顔が。
こんさん
こんにちは

最後の倉木さんが大杉さんとお酒を飲みながら笑った顔にキューンときちゃいました。
笑った顔、初でしたよね?

宏美が死んだシーンもナジールとは全然違いますが、とても可哀想に思えちゃいました。
シーズン2は私も契約してないので、1話だけ見ます。
西島さん、いいですよね~( *´艸`)
ロンさん、こんにちは~♪

西島さん、いいですよね~。
我が家では八重の桜以来「あんつぁま(お兄さん)」と呼ばれています(笑。
倉木の役にピッタリでした~( *´艸`)。

宏美は本当に可哀想でしたよ。そうそうまさにアブ・ナジールだす(;´・ω・)。

和彦とともに生きててくれるといいんだけどな~(;O;)。
順当にいけば、今度は和彦が宏美のかたき討ちをするんでしょうけどね~。

シーズン2は日曜日でしたよね~1話だけでも楽しみですね(笑。こん(^^)/

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング