このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

花咲舞が黙ってない
 池井戸潤原作

花咲舞が黙ってない あらすじと感想 第8&9話 真藤とのガチンコ勝負が楽しみ♪

花咲舞が黙ってないのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 花咲舞が黙ってない(S1&S2)あらすじと感想一覧


杏さん主演の花咲舞が黙ってないも順調に視聴中です。毎回楽しく見てきたこのドラマもいよいよ来週が最終回ですね~。これまで何かと(主に)裏で文句を言い続けてきた室井(~それはMOZUだった)、もとい真藤が、最後はついにこの舞に噛みついてくるようです身長と正義漢では決して負けていない舞が、最後、どこまでこの強敵に食らいついていけるかを思うと、今からウズウズしてきます花咲舞が黙ってないのあらすじ行きますよ~(^^)/。ここは、

あっさりと負けてしまった縦社会に従順な男性=半沢直樹

とは一線を画し理不尽な圧力には決して屈しない女性の底力を是非見せつけてほしいものです男性との違いを見せつけてやれ!


と、その意気込みは来週に取っておくとして、以下あっさりと8話と9話のあらすじをまとめておきます


まず8話は、舞がテラー時代に贔屓にしてくれた女性客が、詐欺(桐山漣)に狙われてしまったというエピソードでした。しかもその相手は小さな地方銀行の行員だというのに、顧客からだまし取った金で、東京第一銀行の関連証券会社で株取引をしていたことが明らかになります。桐山漣さん、もうおばさんの中では

「この人が出てきたらご用心

的存在になりつつあります。もう少し良い役をやらせてもらってもいいのにね


もちろん、ここは舞と相馬が見事にこの悪事を突き止め、だまし取られた2千万も無事に戻ってきたようです。これからの高齢化社会に向けて、顧客を獲得するために高齢者に優しくするのはよいけれど、その好意につけこんで、大事な預金をネコババするなんて実に許しがたい行為です逮捕されて良かった~(^^)/


また9話は、最終回に向けての伏線となりました。今真藤は、

「銀座の再開発プロジェクト」

を計画中の伊丹グループ会長・伊丹清吾(船越英一郎)との取引を成功させようと躍起になっているのですが、その息子が信じがたいようなドラ息子で、東京第一銀行での社会勉強中、同僚のみならず顧客にも迷惑をかけ続けていたところを、舞にガツンとやっつけられてしまいますこのア〇息子っ!( `ー´)ノ


~ドラマに水を差すようで恐縮でござるが、銀座には「56mルール」があるので超高層ビルは建てられません。伊丹グループの構想はそこからして間違っていると思うんですが


なんとこの伊丹ジュニアは、新入行員時代にその間違いを指摘した顧客に恨みを持ち続け、その後、その顧客が融資を頼みに来たのを、正当な理由もなくただその恨みだけで断ってしまったのです。しかも、本来なら上司に「稟議書」を提出すべきところをそれもせず、顧客には「稟議が通らなかった」と言って、どちらにも嘘をついていたとは、まさに「小学生並みの頭でござるね。そんなことで大企業の後継者が務まるはずがありません


たかが5千万の融資が受けられなくて潰れるような会社は遅かれ早かれ倒産する。そんなことも分かんないのはバカじゃないか?


そううそぶくこの伊丹に、親からの圧力が怖くて何も言えなかった上司に引き換え、舞は言ってやりましたよ~


大バカ者はあなたの方です!!あなたの稟議ひとつで会社が倒産したかも知れない。会社が倒産するということは大勢の社員が職を失い、その家族が不幸になるのだということを、考えてみたことがありますか?


お好きな方には申し訳ないけど、父親の会長の方もあまり大物には見えませんでしたよね~。あの馬鹿オ〇ジにしてこのバ〇息子有、って感じでござったよ。まあそれはあくまでもおばさんが受けた印象であって、最後は変わるかもしれませんけど。


その他では、「ごちそうさん」で杏さんと共演した室井役の山中崇さんが、またしても存在感の薄い支店の課長として登場していました


さ~来週の最終回はいったいどんな決着がつくのでしょうね。舞には最後の最後まで、キッチリ気持ちよく悪を退治してほしいですね花咲舞が黙ってない~いよいよ来週は最終回( `ー´)ノ


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は花咲舞が黙ってないのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング