このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

リベンジ3(Revenge S3)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

リベンジ3 あらすじ 第13&14話 憎悪ほか

リベンジ3のあらすじと登場人物、キャストはこちらからご覧いただけます: リベンジ3 あらすじと登場人物、キャスト(Revenge S3)


リベンジ3Revengeもようやく14話まで視聴しました。13話は「憎悪」(Hatred)、14話が「回帰」(Payback)です。いやはやここもまた何でもありドラマの色が濃くなってきましたね~以下早速簡単なあらすじ(ネタバレ)ですリベンジ3のあらすじ行きますよ~(^^)/


13話ではコンラッドの最初の妻=スティーヴィー・グレイソンが登場しました。当然、ヴィクトリアは彼女と時期がかぶるわけですが(略奪婚)、どうやら当時、かなり酒に依存していたらしいスティーヴィーは、ジャックの父=カール・ポーターと交際しており、ジャックはこのスティーヴィーとカールの息子のようなのです!?


スティーヴィーがジャックに、自分が母だと告げたのは、まさか「コンラッドの息子」を意味しているのではないと思うので必然的にこうなりますよね。いや~これはかなり驚いてしまいました。ということは、ジャックはダニエルの母親違いの兄弟で、シャーロットとは血のつながりがない、ということですな。そのシャーロットは、母違いでエミリーと姉妹だけど、エミリーとは血のつながりが無いダニエルがエミリーの夫って、よく考えるとすごくないですか


また、もうひとりのダニエルの、こちらは母親が同じ兄弟のパトリックには、その実父=ジミー・ブレナンも姿を現しますが、これを「ヴィッキー・ハーパー」ことヴィクトリアが見殺しにしてしまいます。実際に傷つけたのはパトリックですが、こちらは、真相を知ったジミーがヴィクトリアに手をかけようとしたのを止めようとして~の事故だったのに、ヴィクトリアが、救急車を呼ぼうとしたパトリックを止めたのです


グレイソン家(不動産)の所有者たるスティーヴィーに、このヴィクトリアが何をしようとするのかもう目に見えるようですが、そこはジャックが助けてくれるのかしらね~それとも?ここは面白くなりそうだな( *´艸`)


一方、エミリーの方も大変なことになっていました。事故の後遺症というよりも、これまでのリベンジが彼女の心を蝕んだようで、どうやらエミリーはその精神を患ってしまったようなのです。これはノーランも指摘していたように、エミリーの母=カーラからの遺伝なのかもしれません。記憶が飛んでいる際のエミリーは、コンラッドとも手を組むし、エイダンがタケダを殺したこともニコに知らせるという、手の付けられないモンスターのようです誰かエミリーを助けて~!


これまでで最大の危機に見舞われたエミリーは、いったいこの危機をどう乗り越えていくのでしょうか?そしてノーランは、こんなエミリーをどう支えていくのでしょう?


そんな深刻な展開の中、エミリーを傷つけておきながら、サラと新婚気分でいたお気楽ダニエルが、そのサラに振られてしまったのはいい気味でござった。エミリーはサラの母親にサラの行動(不倫)を告げ、それを戒めてもらったのです。サラの母も、そして最終的にはサラも良識ある人物で本当に幸いでした。その上、これはコンラッドの策略によるものですけれど、ダニエルはマルゴーの会社も解雇されてしまいます


~このコンラッドが、マルゴーの父に接触を図っているらしいのも気になるところでござりまするね


またニコも、真相を知ってエイダンとエミリーを殺そうとしますが、ふたりに説得されて姿を消してしまいます。同じ日本人だけど、ああいう「日本人の解釈」って分からんですよね~。何だろう?タケダが自ら死ななくてはならなかった(=つまりエイダンやエミリーはタケダが自ら故意にエイダンに殺されたと思っているらしい)「掟」って


と、短くまとめるとこんな感じだったでしょうか


さ~これでようやく今日の放送に追いつきましたリベンジ3は続きもとっても楽しみですリベンジ3も楽しみ♪


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はリベンジ3(Revenge S3)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング