このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

大祚榮(テ・ジョヨン)
 時代劇・歴史モノ

大祚榮 あらすじと感想 第105~108話 失いし祖国をめざして!

大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想一覧 全134話


大祚榮テジョヨンもようやく108話まで視聴しました。ここらで語っておかないとまた溜まってしまいそうなので、いつも以上に言いたいことだけ言わせていただきまする


まず何と言ってもここで感動的だったのは「安市城落城」でございましょうかテジョヨンあらすじ~ここは泣けた~(;O;)


安市城の中にいるのは高句麗の民だからということで、ジョヨンは塀の中にいる人間を傷つける可能性の高い武器は一切使わずに戦いを挑みますが、それこそ相手の思う壺~唐から援軍を率いてきたチャン・ヒョヌは、安市城の城主と組んで、その民たちに油を煮立たせて、塀の上から高句麗兵たちに浴びせかけます


我らのこの手で高句麗兵を殺す手伝いをしなくてはならぬとは!


嘆く村長に、安市城城主は更なる無理難題をふっかけてきます。城主は民たちの家族を人質に取り、ジョヨンたちを騙しておびき寄せるよう彼らに命令したのです


が、そんなことに騙されるようなジョヨンではありませぬ。それどころかジョヨンは、民が家族を人質に取られているのを知るや、

「民を守ることこそが武将の務め

とばかりに、その作戦に乗ったふりをしてくれると約束します。


さすがにこれを聞いた村長は心を打たれ、罠が仕掛けられている門とは別の門を攻めるよう進言しました。当日我らがその門を開けておきます!!任せてください!


家族どころか彼ら自身が命懸けで唐兵たちに組み付いていく姿が忘れられませんね~本当に「民」の存在が大きいな~この大祚榮は。その気持ちはジョヨンも同じで、とにかく民を救えと必死で檄を飛ばします丸腰の民を救え~っ!


村長を始めとした民たちの見るも無残な死骸の山は築かれたものの、ジョヨンら高句麗軍はついに安市城を手に入れました。家族や兵の死を悼むより、今この時だけは、祖国の地を取り戻したことを喜ぼう!!


その安市城城内に亡きヤン・マンチュンの肖像を掲げて建国を誓ったジョヨンは、営州から流民を迎え入れるべく営州へ戻りますが、その営州では、ソン・マニョンの反乱に続き、あのシン・ホンがイ・ジンチュンを紐で絞め殺してしまいます。最初ホンはイヘゴに、ジンチュンはコムの父親がテジョヨンだと知ったと伝え、イヘゴの怒りと嫉妬心、そしてコンプレックスを煽ってジンチュンを殺させようとするのですが、これには失敗しています。


テジョヨンは尊い客だが、イヘゴは私の分身だ


そう言われた言葉を信じたいと言っていたイヘゴだけれど、その直後にジンチュンが死んだことには何の疑問も抱かなかったのか、それとも、疑問には思っても、口には出さなかっただけなのか


「ソン・マニョンは謀反人ですから、次の皇帝は将軍(イヘゴ)です!


誇らしげにそう語ったホンの目論見はでも、テジョヨンによって阻止されてしまいます。ジンチュンは万が一のことを考えて、ジョヨンに「遺書」を託していたのです。


「契丹国の後継者は義弟のソン・マニョンとする」
「ソン・マニョンはテジョヨンとの約束を守り、必ず流民を渡すこと」


誰よりも契丹を契丹らしく導ける人物、誰よりも民を憂えることのできる人物と評価してくれた義兄の恩に報いるため、マニョンは必ずやその遺志を守ると決意しますが、今度はイヘゴが黙っていません。イヘゴは、すっかり自分の部下に取り込んだチョインサたちに命じて、流民を率いて営州を後にしたジョヨンを殺すようその後を追わせますテジョヨン親子を殺せ!


こんな緊迫感あふれる中でも、相変わらずスドルたちの会話は楽しかった~。特に、トゥンソでなくても、誰が見ても「太った」オホンを、スドルが

「(俺がいなくて)可哀想なほどに痩せ細った

と語っていたのには大笑いです。オホン役のイム・チェウォンさん、今にして思えば、あれは妊娠中だったのかもしれませんね


大祚榮ももう残り30話を切って、いよいよ目が離せなくなりますね~。前回(今よりもっと)気まぐれ感想文を書いた時は、とある事情からもう少し後で書けなくなってしまったのですが、今回は頑張って最後まで語らせていただくつもりです。来週日本のドラマが終わってしまえば、終盤はまた大いに&うるさく語れると思うと嬉しい限り~続きも今からとっても楽しみでござるテジョヨンが楽しみ~(^^)/


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は大祚榮(テ・ジョヨン)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング