2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

グッド・ワイフ4の主な登場人物とキャストおよび各話のあらすじはこちらからご覧いただけます: グッド・ワイフ4 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧


グッド・ワイフ4」(The Good Wife S4の第11話は「新しい債権者」、英語のタイトルは「Boom De Yah Da」です。日本の後のタイトルはズバリ直球でネタバレ来ましたが、英語の方は、ドラマの中でも盛んに流れていた「The World Is Just Awesome」というお馴染の楽曲の「Boom De Ah Daというフレーズをアレンジしたもののようです。「Yah」は「yeah」と同じ「Yes」の意味ですが、こちらはあざけりの意味が強く

「はいはい、わかった、うるさいな~今回にはぴったりのネーミングでござるね(^^)/

なニュアンスなため、ここは何とも面白いアレンジでございました。ケニングの度重なるわざとらしい言い訳に対して、アリシアのみならず、美しく広がる大自然まで「Boom De Yah Da、ブンディヤダ、Boom De Yah Da、ブンディヤダグッドワイフ4のあらすじ(ネタバレ)行きますよ~(^^)/とリズミカルにあしらっているイメージでしょうか


おかげさまで体調がほぼ回復したことも幸いしたのか、ドラマ自体も実に面白かったです。個人的にはこの3点が見どころでした


  • アリシアとケニングのブンディヤダな駆け引き
  • ヘイデンの暴走
  • LGのEmpress(笑)=ダイアンとウェンディの駆け引き

以下、これらを中心に11話のあらすじをまとめさせていただきますグッドワイフ4は今週も絶好調(*^^)v


ロックハート&ガードナー(以下LG)の依頼人はケイリー(Kaley)・スペンスという少女でした。ケイリーはバレエダンサーを目指していたにもかかわらず、近所に放置されたプールから生まれた蚊によって、ウェストナイルウィルスに感染し、下半身不随となってしまったそうです。


LGはこの責任を、プールの所有者であるアトランティック銀行にあると糾弾しますが、金銭的な面を考慮したのか、裁判ではなく、1500万ドルで和解に持ち込もうと交渉するものの、いかんせん、この頭取であるウィルクス・インガソルがまったく呼び出しに応じません


インガソルが経営する牧場の近くでなら面会と宣誓証言ができるということから、アリシアがミネソタにあるその牧場の近くに赴きますが、そこに、インガソルの代理人として登場したのが、お待ちかねのケニングだったという訳です


いやいや、これからがまさに「のらりくらり」でございました。インガソルも一度は姿を現したものの、急用が入ったからとすぐに席を立ってしまい、アリシアは満足に質問すらすることができません。アリシアとしては、懸案のプールに対して、住民からの「不衛生かつ危険」だという苦情の手紙を、頭取のインガソルが目にしていた~承知の上でプールを放置していたと持っていきたいのですが、本人がいなくては全く話になりません。


懲りずに何度も次の約束をするも、それも毎回断られてしまいます: インガソル氏は急用で来られなくなりました


はいはいはい (もうその言訳は聞き飽きたわ)」 (ブンディヤダブンディヤダ


一方のLGでは、ケイリーとウィル、ダイアンにカリンダとまさに総出でこのケースに当たっていました


アリシアがケニングから仕入れたヒント=CDC(Centers for Disease Control and Prevention~疾病対策センター)の調査によると、ウィルスを運んだ蚊は、プールではなく「鯉の池」(英語もKOI pond!)の可能性も大きいらしいことから、早速カリンダが調査に向かい、その情報が誤りであることを証明します。ウェストナイルウィルスを運ぶ蚊は種類が決まっており、その「エイディス・アジプタイ覚えられる方が不思議でござるが(;´∀`)は鯉の池にはいないことを突き止めるなんて、さすがはカリンダです。ま、蚊の名前を覚えるのは苦手なようでしたが


でもケニングもさすがにさるものひっかくもので、アリシアが(お返しに)この情報を得意げにケニングに漏らすと、これがやぶへびとなってしまったのも敵ながらあっぱれでしたね。ケニングは早速これをLGにいるマーサ(もしくは他のスタッフ)に連絡してエイディス・アジプタイの性質を調べさせ、その行動範囲が非常に狭いことを突き止めさせます。つまり、ケイリーが、塀を乗り越えて銀行の所有地内に入らなければ、蚊に刺されることはなかったというのです


これは不法侵入です


まあこれはこの後も、ミネソタとシカゴで丁々発止とやり合うのですが、そこは割愛させていただくとして、最後には、またしてもカリンダの推理が的を射て、見事事件は解決へと導かれます。なんと、インガソルはそこミネソタで、がん(非ホジキシリンパ腫)の試験的治療を受けていたそうなのです。急用というのはあながち嘘だけではなかったのですね。


上場企業の責任者がその重病を隠しているのは証券取引法違反です


これはケイリーが突き止めたらしいのですが、アトランティック銀行は、コルシカ・パシフィックという企業との合併を控えていたため、この事実を何としても伏せておきたかったようなのです。あ~これはいかにもケニングが考えそうなことですな。合併が済むまでLGとの交渉をのらりくらりと引き延ばす。そのうちに、治療も成功するかもしれないって、言いそう。


また今回はこのケニングの妻=シモーンも登場しました。その容貌もさることながら、人柄も非常に素晴らしくて、まさにケニングの言う通り「美女と野獣」の典型のようです


そしてそのケニングがなんと今回LGの「新しい債権者」となったことが明らかになりました。経緯はこうです:


プレストンとの合併が失敗したことを根に持っていたヘイデンが、一債権者として、ウィルとダイアンがLGの経営者に相応しくないと、二人を解雇するよう調停を申し出ました


この調停のためにやってきたのが自らを「the Empress」(女帝)と言って憚らないセラフィナ・ノーヴィです。「Here I am the Empress!」 それを聞いたダイアンが思わず笑っちゃうのも当然ですよね。普段の女帝はダイアンですから


でもさすがにアメリカの女帝は分別があって、ヘイデンの反乱も敢え無く失敗に終わってしまいます。LGは一応順調に売り上げを伸ばしていた上に(今回も無事1500万もぎ取りました)、LGの債権はすべて投資家の合併企業である「エンシナル・エクイティ」に買い取ってもらったそうなのです。そしてその代表がどうやらケニングらしいのですキツネ(プレストン)を避けようとして(ケニング)の口に頭を入れたのでないといいのですけど心配だな~(;´・ω・)


一方、ヘイデンがこの暴挙に踏み切ったのは、ケイリーを味方につけたという確信も大きく作用したようです。


ヘイデン: 「I just want to make sure we are on the same page
ケイリー: 「I think we are」


廊下でヘイデンとケイリーが話していたシーンで、ヘイデンのこのセリフが「君は私の味方だよね」と訳されていたのがどうにも引っかかっていたのですけど、ここにはヘイデンとケイリーの意外な秘密が隠されていたことが判明してようやく納得できました。ケイリーは、ヘイデンが司法試験を受験するために、ヘイデンの家庭教師をしていたのだそうです


だから、ケイリーはここでダイアンやヘイデン双方に嘘をついたのではなくて、おそらくは、勉強中のテキストが「on the same page=同じページでいいんだよね」という文字通りの意味に解釈したのだと思います。確かにあそこはあの訳以外は考えられないでしょうけれど、あのままではケイリーが二枚舌みたいに誤解されそうな気がしたので、老婆心ながら付け加えておきまする。でもヘイデンの誤解を解くのは難しいかな~純粋に好意から教えてくれていたと思っていたのに、立場上断れなかったと言われちまいましたから


信じていたケイリーに裏切られたと思い込んだ上に、セラフィナからも「悔しいのは分かるけど諦めなさい」と言われてしまった、結構めんどくさい男)のヘイデンが、そのまますんなり諦めるとは思えんな~。LGで仕事をするうちに法曹界への情熱がかきたてられて「燃える男」になったというヘイデンも、なんとかそのポジティブな気持ちが良い方向に活かされていけばよいのですが


そして3点目、これは前回からの持ち越しネタですが、相変わらずイーライへのマークは厳しく、今回はアコーディオン・ラガーディアに替わって、ウェンディ・スコットカーが乗り込んできます。この人は今、司法省の役人なのでしょうかね。


前回今一つピンと来なかったイーライにかけられた嫌疑は「選挙参謀が、有権者の寄付と引き換えに法的サービスを割引価格で提供したこと」であり、当然、そのイーライが当時勤務していた法律事務所=LGも捜査対象となってしまいます。それもこれも、ダイアンが、この「難癖」を付けてきたウェンディに対し、ウェンディの元選挙参謀だった元弁護士のトビン・エルストロムに、

「あなたも気を付けた方がいいわよ

と謎をかけたことが災いしてしまいました。イーライやピーターに手を出したら、こちらも黙っていないわよ、という軽い脅しだったつもりが、一層ウェンディの怒りを買ってしまい、捜査対象となったLGはイーライの代理人をするわけにはいかなくなってしまいます。これまたとんだやぶへびでしたね。


こうした事態を危惧したDMCのフランクはイーライに、早急に後継者を用意するよう忠告してきます。まだ辞めろとは言わないまでも、イーライがいることでピーターの立場が悪くなることは決して避けたいというのが本音らしいです。


その白羽の矢が立ったのが「boy wonder(資金集めの天才少年)」のジョーダン・カラハリオスです。その台詞にもあったように、彼は、シカゴ市長ラーム・エマニュエル(Rahm Israel Emanuel)がモデルになっているようです。ということは、ピーターがビル・クリントンですか。この二人には触れてはいけない不適切な共通点があるのも、いかにもグッドワイフならではの辛辣な演出でござるねここはワハハハハでござった( *´艸`)。って、これまたうがち過ぎでございましょうか??


と、今回もてんこ盛りで楽しかったグッドワイフ4ですが、来週はまたしても「ゾンビ、否、懐かしいエルズベス・タシオニが登場するようです。おばさんの見間違いでなければ、あれは鉄格子の中にいたように見えたのですが?まだ目がおかしい??


いや~これはますます楽しくなりそうでござるね。続きもとっても楽しみですグッドワイフ4が面白い(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 6

There are no comments yet.
kaori  
なるほどなるほど

そっかそっか。

最近すっかり老化が進んでしまったのか、拝読して、ああああ、そうそう、、、でした。

木曜が楽しみですね。

2014/06/16 (Mon) 17:02 | EDIT | REPLY |   
kaoriさんへ  
遅くなってすみません(__)

kaoriさん、いえいえ~ちと遅すぎですよね~。
私でも、内容なんか忘れちまいますよ(;´∀`)。

今週はもう少し早く書きますね~。
エルズベス、きっと相変わらずなんでしょうね~楽しみですね~( *´艸`)。こん

2014/06/17 (Tue) 07:12 | EDIT | REPLY |   
米俵  
もう追いついてる!

こんさん、ブログもう追いついていらっしゃるじゃないですかー。
まだぼちぼちとされるんだと思ってたので、私の方がのらりくらりしていました。

蚊のイラストがあったなんて、かわいい!

もうケニングが出てきても、前みたいに嫌な感じはなく、逆に
落ち着いて見るぐらいになってきましたわー。
依頼人にとっては本当にできる弁護士なんだろうねぇ。
私はシモーンさんが、実は怪しい人なんじゃないかとまだ疑ってるけど(笑)
ま、本当にいい人なんだろね。

ヘイデンくん、ちょっとかわいそうな感じになってきましたが
これからどうなるかなぁー。ケイリーとの仲もね。。。

そして、アリシアとカリンダ。
ベッドの上でのさし飲みが復活して嬉しい限り。
いいコンビだなぁ。
カリンダ本当にアリシア好きなんだよなぁー。
そーそー、前回のカリンダ旦那(もう名前忘れてる)が
いなくなったのは、何か殺人でも起こしてないか超びくびくしてました。
大丈夫かいなぁと。

イーライはなんかよくわからないけど、前回からよく分からない疑惑を
かけられちゃってて、よく分からないです(しつこい)。


2014/06/17 (Tue) 22:35 | EDIT | REPLY |   
米俵さんへ  
イーライ△(←覚えたから使いたい・爆)

米俵さん、こんにちは~♪
いや~治り始めたら結構早くって、おかげさまでもうほとんどいいです~。
でもちとペースは落とすことにしたんですが(笑。

おお~今度はシモーンですね?
そうそう、マディにも裏切られましたしね~でもやっぱり良い人だといいな(^_-)。

カリンダとアリシアのシーン、構図も素敵でしたよね~。
何か書こうと思ったんですが、勢いで書いてて忘れちまいました。
良い友情が育ちましたね~( *´艸`)。

ニックはどうですかね~このままいなくなってくれればうれしいですけど、
ドラマ的には、まだまだ油断できないと私も思いますよ~。

で、自分的に同情したのはヘイデンです。
なんだかな~おいちゃん、頑張りすぎて転んじゃった~みたいな(>_<)。
もう少し、ケニングみたいに(あれはやりすぎ)のらりくらりできればいいですのにね。

イーライはすっかりいじられキャラ?ですよね~。
またビシッとカッコいいところ見せてほしいですね。こん(^^)/

2014/06/18 (Wed) 07:24 | EDIT | REPLY |   
5656  
イーライがんばれ

思い起こせば…私がグッドワイフを観るきっかけになったのは、
マイケルJフォックスがゲスト出演すると知ったからでした。
マーティ、元気になったかなと、心配して観たら
性格の悪い、イヤーな弁護士役で、呆然としました。
でも、ケニングのキャラ以上にドラマ全体が凄くって、
グッドワイフファンになったのでした。

アリシアとケニングって、今は実はお互い好き…かな?
ケニングの奥さんが「一緒に働くのね」と笑顔でしたが、
そうなったらおもしろいでしょうね!
きっと、ヘイデンさんはLGの味方ですよ!
ケイリーがうまくヘイデンさんを乗せてくれたらいいと思います。

ケニングが、大学時代のルームメイトが危篤って
嘘をつきましたね、
きっと、その人、出てきますよ~。

イーライ、嫌がらせに負けるな!

こんさん、お元気になられてよかった。




2014/06/18 (Wed) 09:32 | EDIT | REPLY |   
5656さんへ  
イーライは大丈夫でしょう(笑

5656さん、こんにちは♪
おかげさまでだいぶ良くなりました。ご心配をありがとうございます^^。

マイケル・J・フォックスのファンの方って多いですよね~。
私はあんまり印象になくて(Back to the Futureぐらいで・笑)、
むしろ、イコール「ケニング」なんです(;´∀`)。

本当にやな奴ですよね~ケニングv-411

でも逆にいうと、
難病を抱えてあそこまで開き直れるのはスゴイですよね。
自分を丸ごと受け入れなければああはなれませんから。

それにアメリカ人のイメージとして、弁護士は嫌なヤツが多い、
それを見事に表現している、と個人的には思ってますよ。
だからむしろ、ケニングにはあまり良い人にはなってほしくない、かも。
あのまま是非「いけ好かない弁護士」を貫いてほしいです( `ー´)ノ。

ということで、
アリシアたちとともに(仲良く?)働く~はちと想像できません。
好き嫌いは別として、互いの能力を認め合う~
ケニングはともかく、アリシアのケニングに対する感情はそういうものかと(^_-)。

でもヘイデンは違います~是非持ち直してほしいです。
んも~見ていて痛々しいんですものvv。
なんとかケイリーとも仲直りしてほしいですね~。こん

2014/06/18 (Wed) 10:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.