このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ルーズヴェルト・ゲーム 最終回 あらすじと感想 奇跡の大逆転に大満足!

ルーズヴェルト・ゲームのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


ず~っと楽しく見てきたルーズヴェルト・ゲームもついに夕べが最終回でした。んも~おばさん、最初から最後まで号泣しっ放し。お約束?通り、最初から最後まで大声で社歌を歌っておりました。また期待通りいっぱい流してくれるんだもの~もうすっかりマスターせずにはいられませんよ。青島~青島~っ!!ルーズヴェルト・ゲーム最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/


と、一人で盛り上がっておらんと、以下、ルーズヴェルト・ゲーム~最終回のあらすじをいつも通りネタバレで、かなり暑苦しく語らせていただきまするルーズヴェルト・ゲーム、サイコー(^^)/


最終回は白水銀行へのアピールから始まりました皆チームになってましたね(^^)/。東洋カメラのイメージセンサーをめぐるコンペに勝てば青島製作所の未来は盤石だと訴える細川に対し、磯部(峰竜太)の追及はあくまでも厳しいままです。負けたらすべて終わりですね~その時は融資を回収せざるを得ません


が、ここで笹井が細川の肩を持ったことから、磯部の態度が変わってきます。私も社長と同じ考えです。コンペには必ず勝ちます!!


仮にもし負けたとしても、ガレージひとつから会長とふたりでこの会社を築き上げてきたようにそうだったんだね~(;O;)、今度は細川社長とともに、必ずやこの青島製作所を立て直してみせます!笹井、ガンバレ~!


私も社長についていきます!私もです!私もですっ!!


役員の給料などでなくても構わない、何があってもこの会社に残るとと断言する役員たちの勢いに、ようやく磯部がホッとしたかのように本音を漏らしてくれました。遅いんですよ~どうしてもっと早くこうならなかったんですかっ!


銀行が見るのは金ではなく人だという磯部は、これまでの「支店長」に対する偏見をすっかり払拭してくれました。あくまでもドラマの話でやんすよ


青島製作所はいい会社です!決して潰れてほしくない。コンペにはぜひ勝ってください!!応援してます!


このコンペと(野球の)敗者復活戦決勝は、奇しくも同じ日=1週間後であり、もはや社員が一丸となって

「打倒イツワ!!イツワには絶対に負けないっ!( `ー´)ノ

に向かって突き進んでいます。開発部長の神山は、世界的カメラメーカーのルジコン社から技術者を引き抜いたというイツワに対抗すべく、どんな些細なノイズも取り除こうとその全精力を傾け、野球部は、たとえこれが最後の試合となろうとも、否、最後の試合だからこそ、絶対に悔いは残すまいと、日夜厳しい練習に励んでいます


そして、ついに決戦を明日に迎えたその夜、細川は野球部が壮行会を開いていた社員食堂にやってきました。


「廃部の件は本当に申し訳ない。だが、明日の試合は勝ってくれ!君たちのおかげでここまで頑張れた!


君たちの姿を見て私は変わることができた。諦めそうになった時、もう一度立ち上がることができた。たくさんの社員が君たちを応援し、君たちから力をもらっている


私は諦めない!だから君たちも諦めるな!!勝てば、奇跡は起こるかもしれない!!


この~勇姿~、今輝く~~


猿田、そして少し遅れて井坂が歌い始めると、「青い~確かな~技術力~と皆が声を合わせます。もちろん、言いたいことだけを伝えてその場を立ち去ろうとしていた細川もこれに加わります。


これならきっと大丈夫!奇跡は必ず起きる!!ルーズヴェルト・ゲームの実現だっ!( `ー´)ノ


そしてその奇跡は本当に起きました。奇跡というのは懸命に努力した結果、与えられるご褒美であり、言い換えれば、奇跡は起きるものではなく、起こすものなのだとあらためて痛感させられましたサッカーも頑張れ~奇跡を起こせ~っ!!


明日の試合に一縷の望みを託した沖原が、こちらも選手を激励に来ていたらしいけれど、ここは、皆と心を一つにして盛り上がっていた細川に譲ってひとりグランドに佇んでいた青島会長とキャッチボールをしたシーンも良かったですよね。決して野球を辞めるなよ!


ここに三上も加わって、そのあまりの下手さに大笑いしたことで皆の緊張はすっかりほぐれた~そう思えたのに、実際に試合が始まると、先発の猿田は緊張のあまりボールが定まらぬばかりか、守備までもがエラーの連続で、その猿田の足を引っ張ってしまいます


「下手だね~


細川に無理やり連れてこられた城戸がそう言うのも無理ないですね~。あれでは、どこかのへっぽこ(最後にはうまくなりました)と大差ありませぬ。その上満塁ホームランを打たれ、初回に4点も取られてしまう有様です


ここはひとつ気合を入れねばと立ち上がった細川に代わって、その声を上回る大声で喝を入れてくれたのは萬田でした。ここで落ち込んでどうする!?顔を上げろ!青島の野球はそんなものかっ!シッカリしろっ!


青島~ファイト~~っ!!


萬田が、その胸を叩いてこぶしを突き出したのを合図にここでも号泣(;O;)、客席から割れんばかりの声援が送られます。球場には、おそらくは今その時もイメージセンサーの総仕上げに余念のない開発部を除く全社員が押しかけてきているのです。朝比奈に至っては、ユニフォームまで着こんできてるほどです


~後のシーンで見つけたのですけれど、社員食堂のおばちゃんも来ていました。山野海さん、八重の桜では、三郎(工藤阿須加)の家で働くお吉役でした


こうしてようやく我に返った青島が、その後、猿田、倉橋と継投してイツワを4回裏まで0点に抑えると、ようやく5回の表にチャンスが巡ってまいりました。イツワのピッチャー=飯島が疲れてきたところを見逃さずに連打を浴びせてノーアウト満塁となったところで、青島のバッターはキャプテンの井坂耕作です


井坂は見事に飯島の球を芯で捉え、見事なスリーベースをかっ飛ばしました。これで3点を返した青島でしたが、ここでイツワはついに如月を投入してきます


如月は、前回の試合で大道に見つけられた弱点をも克服してきていたため、なかなか攻略できるものではありません。ストレートに的を絞った犬彦でしたが、敢え無く三振に取られてしまいます。


その上、5回の裏にはイツワの猛攻が始まり、ここでまたしても3点返されてしまうのです。


弱いねえつまらないわねえ


そう言って席を立った城戸を細川が引き留めました。私と賭けをしませんか?


それでも帰ろうとした城戸でしたけれど、そこで青島会長が、青島製作所が負けたら自分の持ち株をすべてくれてやるというと、さすがに乗らずにいられません。それは私に青島製作所を譲るということよ?


そして細川は、もし青島製作所が勝てたら、と条件を切り出します。それが、最後に分かったこと青島製作所の野球部を城戸エステートで引き取ることでした城戸社長カッコいいな~( *´艸`)。ここまでは試合にもさっぱり興味の無かった城戸が、その後、6回裏の沖原の登場で、文字通り息詰まる投手戦となった試合に魅了され、誰よりも熱く応援していたのも頷けます


今ある沖原の球速をより速く見せるためにと大道から教授されたチェンジアップのおかげで、イツワ打線はすっかり鳴りを潜めてしまいます。ここでイツワの飯島が、実に嬉しそうだったのも印象的でしたよね。彼はこの局面を「楽しい」と感じていたそうなのです。


次第にタイミングは合ってきたものの、なかなかタイムリーに恵まれず、加点できないでいたチームにともない、応援席の士気が下がってきたところを、細川がすかさず上のVIP席?から降りてきて喝を入れたのも楽しかったな~


あいつらより先に俺たちが諦めてどうする!ほら行くぞっ!!あ~おしまっ!青島っ!!細川よかったな~( *´艸`)


この大声援を受けたバッターがヒットを打って出塁すると、すかさず大道が盗塁を指示~フォースアウトでゲッツーを狙った守備陣の隙をついて、どちらもセーフになると、次は待ちに待った井坂です耕作~打ってくれ~っ!


如月の決め球ストレートを見事に打ちかえした打球は、城戸の願い通り~入れ~っ!!~ホームランとなり、ここで青島はついに1点差まで詰め寄りました。も~城戸も青島会長と抱き合って大喜び


続く9回では、犬彦が捨て身のデッドボールで出塁します。これは如月がセーフティバントの構えを見せた犬彦に対し、「俺様の球をバントで生きようなんて生意気な」とわざと危険球を投げたのを、犬彦がよけなかったのです。も~あそこで如月は退場にすべきじゃないかっ!とおばさんはひとりで大騒ぎ如月を退場させろっ!(`・ω・´)


観客席では犬彦のファイトに惜しみない拍手が送られています。青島会長も、高みの見物などしておられぬと、笹井や朝比奈たちとともに駆け下りてきて

「笹井!久しぶりに(社歌)行くぞーっ!!

と檄を飛ばします。お~っ!!


この~勇姿~今輝く~。青い~確かな~技術力~~今日もずっと歌ってます(;´・ω・)


そしてついに青島の4番=鷺宮の登場です。今日はまったく当たっていない鷺宮ですが、それには理由があったようです。鷺宮は、前回の試合で如月のカーブをホームランにしていたため、如月はずっとストレートを投げてきていたらしいのです。が、大道はあくまでも「カーブ」を狙い続けるようアドバイスしました。おまえの得意なカーブをねらえ。如月なら必ず裏をかいてくる。そのわずかな隙をものにしろ!


この予言は見事に当たり、ニヤリと笑った如月が投げたその球はまさしく狙い通りのカーブ


必死でホームめがけて滑り込んだ犬彦の手が、一瞬キャッチャーより早くホームベースを触った時は嬉しかったですよね~セーフっ!セーフっ!!犬彦!やった~(^^)/


あと一点取ればルーズヴェルト・ゲーム(大逆転)だ~~っ!!諦めるな~っ!


声を枯らして叫ぶ青島会長の願い虚しく、ここはでも延長戦へと持ち込まれてしまいます。というのも、如月はついに「大切なこと」に気づいてしまうのです。あいつらと野球するのは楽しい!俺は野球が大好きだっ!!


これまでずっとその顔を離れず、おばさんをイライラさせてきた薄ら笑いはすっかり消え、真剣なまなざしでマウンドに立った如月はもう別人のようで、ようやく乗ってきた青島ナインにも打ち崩すことは難しくなります。


こうして延長戦に突入後、12回からはより厳しいタイブレークが適用されました。へ~野球にもタイブレークがあるんですね~ビックリ


如月にも一歩も譲らずに来た沖原でしたが、さすがに15回を迎えると大道が最後の喝を飛ばします。もう沖原は限界だ。ここでお前たちが決着をつけろっ!すべてを出し切って燃え尽きてこいっ!!


タイブレークでは1アウト満塁がデフォルトなため、犬彦はスクイズを決めようとしますが、ここは外されて、3塁走者がアウトになってしまいます。


が、ここで大道はなんと再度バントを命じてきました。犬彦はサード方向に打球を転がし、見事にセーフティーバントを決めるのですが、それと同時に、おそらくは2塁にいた井坂が、ホームめがけて一目散に走ってきたのにはビックリです


井坂~っ!!(走れ~っ!!)


慌てたイツワがバックホームを指示するも、全身全霊をかけて走ってきた大柄な井坂の突撃には迫力負けし、一度はグラブに収まったはずのボールがポロリとこぼれてしまいます。もう、あそこは誰しも「落とせ~!」と叫ばずにはいられませんでしたよね


こうして見事に1点をもぎ取ったチームのため、最後は沖原が渾身の投球を見せてくれます。後は頼んだぞ!オキ!!こんな最高の試合ができたのもお前のおかげや!!ありがとうな!!


この回、絶対に抑えます!!


またしても青島の社歌が流れる中、ここはもう涙涙で画面がよく見えなかったほどでした。観客席でじっとその勇姿を見守ってくれていた萬田から教わったシュートが、思わずよけたバットに当たりまずはこれでツーアウト。最後のバッターは、これまでの気持ちをすべてその球に込めた、沖原渾身のストレートで見事三振に切ってとります沖原、素晴らしいっ!!


やった~っ!!


選手たちは皆マウンドの沖原に駆け寄り、観客席では皆が涙を流して抱き合って、この奇跡の勝利を喜びました


次はコンペだっ!!


もちろん、こちらも負けてはいません。あの頑固一徹職人の神山が、決して妥協せずに完成させたイメージセンサーが、急きょ他社の技術者を買収して作った間に合わせの製品になど負けるはずがないのです


静止画像ではほとんど差が無かった両社ですが、動画はその性能の差が一目瞭然でした。1本のロウソクを映した時の、周囲の明るさたるや、まるで昼と夜ほどの違いがありましたよね。これぞ東洋カメラの目指す「一眼レフで映画が撮れる」のコンセプト通りの仕上がりだったそうです。その上、ノイズも全くありません


性能だけではなくコストも考慮に入れてくれと往生際の悪いイツワの坂東に、東洋カメラの尾藤社長が言った台詞がまた実に痛快でした


次元が違う。青島製作所のイメージセンサーは、イツワの製品の10倍の価値がある!!


こうして勝利を収めたのみならず、青島は、ジャパニクスの諸田からも大きな受注を勝ち取っていました。それが、スマホに搭載する小型のイメージセンサーです。その上、諸田は坂東に、イツワの工場を青島に提供するよう手配したようなのです。青島さんも、場所代ぐらいはお支払すると言ってましたよ


も~こんなに見事な逆転試合ルーズヴェルト・ゲームも見たことありませんよね。いや~本当に気持ちよかったです。上でも触れたように、青島野球部は城戸社長の預かりとなって、また再び皆で野球ができるようにいなりましたし(最後に映った試合は、都市対抗戦だったのかな~だといいな)、細川は、ひとりぽつねんとグランドの草むしりをしていた青島会長に、必ずまた野球部を作ると約束していました。どうぞそれまで元気でグランドを守っていてください、とはおばさんの言葉ですが


9回では短すぎると思ったけど、ぎっしり詰まった内容で密度の濃い9回でした。これも野球にちなんでの回数だったのかしらん?


ルーズヴェルト・ゲーム、目いっぱい堪能させていただきました。大道が青島ナインに言ったように、おばさんもまた最後にこう言いたいこのドラマに出逢えて本当に楽しかった!たくさんの感動をありがとう!!


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はルーズヴェルト・ゲームのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

お久しぶりですー。
具合の方はどうでしょうか??(´・ω・`)
コンペの動画のシーン本当感動しましたねー。それと、こんさんのコメントにはありませんでしたが、最後のスマホにセンサーを搭載するのが青島に決定しましたって下りの香川照之さんのあの顔がネットで相当話題になってますね(笑) 最後の最後に全部香川照之さんにもってかれたと(笑)
あの顔芸は香川さんにしかできませんよねー(。・∀・。)ノ
もうすっかり良くなりました(__)
ヒデさん、こんにちは~♪
おかげさまで目の方はすっかり良くなりました~。
ご心配いただきましてありがとうございました^^。

あはは~そうですか~あの900度のところですね(^^)/。
香川さんは本当に存在感のある個性的な俳優さんですよね~( *´艸`)。

でも自分は野球とコンペのことで頭が一杯で
(いまだに社歌が歌えるほど・汗)
そこまでは突っ込めませんでした~(;´∀`)。

最後まで楽しく終われてよかったですね~(^_-)。こん
いっきに観ました、半沢よりよかった
溜めていた「ルーズヴェルト・ゲーム」、昨日いっきに観ました。

今まで観なかったのは、「半沢直樹」とダブる俳優が多く、何か観る気をうせていたのですが、一話を観終わって、多少は違和感を感じるものの、これは「燃える」内容だと思いました。野球やってましたし、企業モノ(モノづくり企業)というのがいいなと。

監督の手塚とおるさんが、どうしても「半沢」の古里に最初は見えてしかたなかったのですが、回を進めるごとにかっこいい監督としてココロ移りして、すっかりタヌキ野郎の古里のことは忘れました。私のこのドラマのMVPは、手塚さんでした。

とにかく「熱い」野球人魂や開発魂がよかった。個人的には、「半沢直樹」よりよかったです。あとは、沖原と犬彦かな。最後の方の笹井も。

お奨めいただき、ありがとうございました。
楽しくご覧になれて良かったです(^^)/
boutaroさん、こんにちは~♪

ルーズヴェルトゲームも面白かったですよね~。
私も「燃えました」よ~(^^)/。
後半は特に自分が社長になった気分でした(爆。

そうそう、最初の頃「半沢直樹」と比べられてましたけど、
全体的なカラーが全く違いましたよね~。
私は半沢も好きでしたが、こちらの方がもっと好きです( *´艸`)。

野球チームの再生も、おっしゃるように「物作り」の姿勢も
実に感動的でしたよね~毎回号泣していました(;´∀`)。

監督も良かったですよね~手塚さんは実に芸達者ですね(笑。

いえいえ~楽しくご覧になれて何よりでした~。こん(^_-)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング