このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

大祚榮(テ・ジョヨン)
 時代劇・歴史モノ

大祚榮 あらすじと感想 第117話 元凶はシン・ホン、イヘゴに非ず!

大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想一覧 全134話


大祚榮テジョヨン~本日は117話です。ここもまたなんともヤキモキさせられるエピソードでございましたね大祚榮のあらすじ行きますよ~(^^)/。以下早速あらすじ(ネタバレ)です


必死でイヘゴを救ってほしいと訴えるコムに対し、ジョヨンは、突然息子と告げられたコムを我が子と呼びたい気持ちと必死で闘っていたようです。コムは、イヘゴを救ってくれなければ一生ジョヨンを恨むと言い切り、それぐらいなら、自分を遼河城に戻してくれと懇願しますが、ジョヨンは、たとえ恨まれても呪われてもコムを死地に送ることなどできぬと答えます。


コムが我が子と言うのはあくまでも自分の事情。イヘゴが憎い高句麗の仇であることに変わりはない。ここでイヘゴを救うことは皆への裏切りとなる!


ジョヨンはついに苦渋の決断を下しました。コムが戻らなければイヘゴはムクチョルに処刑されることになっていたため、それを見届けたら総攻撃をかけると言い渡します。


これを聞いて慌てたのはコルサビウです。ジョヨン兄上がイヘゴを見殺しにすれば、コムとの間に一生禍根を残すことになってしまう!!おばさんもビウになりきって見ている感じ♪


こうしてビウはミモサを呼び出し、イヘゴを救うよう掛け合いました。どうやらビウはここでミモサと取引をしたようです。ここはジョヨンの顔を立てて一旦イヘゴを救うが、その後の処置はミモサに任せる。(たぶん


これに同意したミモサは、イヘゴの処刑が始まると言うその直前に、縛り上げたコムを城門前に連れてきました。ジョヨンがいくらイヘゴを殺すと決めても、さすがにイヘゴを慕って泣き叫ぶコムの前で、この処刑を黙って見ていることなどできるはずがないからです


案の定、ジョヨンは、イヘゴの首が斬り落とされようとしたその時、ムクチョルに取引を持ちかけました。我らに契丹勢を渡せば道を開けて遼河城から出してやろう。ふん、ソリンギめ~、ジョヨンはあなたたちと違ってこんな時に騙したりしませんよ


こうして命を救われたイヘゴは、コムや他の契丹勢とともにチョリンの待つ安市城へと向かいました。が、イヘゴにはなぜジョヨンが自分を救ったのかが理解できず、いずれにせよ自分は殺されるに違いないと考えていたようです。


そしてその期待を裏切ることなく、早速ミモサが動き出しました。ジョヨンの関知せぬところでイヘゴを監禁し、毒を飲ませて殺そうとしたのです。テジョヨン将軍は、コム将軍のために契丹兵を救いに行った。(が、すべての元凶であるイヘゴを生かしておくわけにはいかない)


これを聞いたイヘゴはついにすべてを悟ってしまいます。テジョヨンは、コムが誰の血筋か知ったのか!?


遼河城で牢に入れられていた際も、どんなにテジョヨンが頑張っても、自分からチョリンとコムを奪うことはできなかったと自負し、それを久しぶりに再会したチョリンにも告げていたイヘゴの心境たるやいかばかりだったことでしょう


以前はそれでもイヘゴが憎たらしかったおばさんですが、よくよく考えてみればイヘゴは本当に気の毒な人間ですよね。


誤解からとはいえ、テ・ジュンサンに父を殺され、その後拾って育ててくれたイ・ジンチュンの娘チョリンに恋をするも、そのチョリンはテジョヨンに奪われてしまう。そしてそのチョリンが身ごもっているのがジョヨンの子と知りながら、チョリンが真相を告げられずに殺されそうになったのを庇って、その子の父となる決心をし、その決心はどんな時にも揺らぐことなく、今に至っている訳です。こう考えてくると、悪いのはどう考えてもイヘゴではなく、シン・ホンですよね~絶対に!コイツさえいなければ、イヘゴには何度も改心する機会があった!( `ー´)ノ


大祚榮のガイドブックに、監督がこのドラマの最重要人物としてイヘゴを挙げ、最初はチェ・スジョンさんをイヘゴにしようと交渉したと書いてあったのはさもありなん~と今なら大いに頷けます


真相を知ったイヘゴは、もはやチョリンとコムまでもがジョヨンに奪われたと思い込み、せめて自分の命だけは自分で絶とうと、ミモサが置いていった毒を飲み干そうとするのですが?!イヘゴ~死んじゃダメだ~!(;O;)


一方、蚊帳の外に置かれたジョヨンは、スギョンにまでこう釘を刺されてしまいます。将軍は関わってはなりません


これまでは決して嫉妬の感情など表に出さず、常に賢夫人であり続けたスギョンですが、チョリンとコムに対するジョヨンの愛情を感じるにつれ、それが微妙に変化しているのが分かります。ん~おばさんとしては、スギョンには最後まで寛容な女性でいてほしいんですけどね~。だってチョリンはジョヨンにとっては初恋の人=忘れがたき女性であった上に、あんなに賢い息子までいて、その二人にずっと苦労させてきたことが分かってしまったのだものコムが賢過ぎるのも嫉妬の対象か(;´・ω・)


大祚榮もいつの間にか20話を切り、1カ月内には終わってしまうと思うと、今から寂しい限りでござる終わったら大祚榮ロスになるよね~絶対に(;´・ω・)。せめて最後の最後まで、ジックリタップリ語らせていただきまする大祚榮が楽しい(^^)/


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は大祚榮(テ・ジョヨン)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング