このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

馬医
 時代劇・歴史モノ

馬医 最終回 あらすじと感想 そして新しき道へ

韓国ドラマ・馬医は夕べが最終回でした。「そして新しき道へ」の副題通り、とっても素敵なエンディングでございましたね。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)と感想をまとめさせていただきました馬医~最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/


まず、御医(王の主治医)となったクァンヒョンは、最初は権力を握ることを拒んだものの、師匠のサアムによって違う見方を教えられます。権力を握れば己の信じる正しいことを、誰はばかることなく実行することができる。それを捨てるなど、もったいないことをするな!


この言葉に力を得たクァンヒョンは早速医療界の大改革に取り組みました。まずは内医院の医員たちに許された悪しき特権をすべて禁じ、恵民署との差別を撤廃します。前回のレビューでも「チャングムの誓い」との関連(妄想)を持ち出しましたが、ここもまた「ホジュン」を思い出して実に感慨深かった~そういう意味では見事な「完成版」でしたよ~(^^)/。そうそう、恵民署にはいつも患者が溢れていて薬剤が足りなかったというのに、良い薬剤はすべて内医院用で、医員たちが外部の両班の治療にこれを使って私腹を肥やしていたのでしたものね


また当時の朝鮮には「存愛院」という、両班が貧しい民のために創設した私設の薬房があったそうなのですけれど、クァンヒョンもまたこれに倣って、無料の薬房を創り上げます。ここでは以前、こっそり薬契を結成して貧しい民のために薬を調達していたチニョンたちのノウハウが生かされたのも楽しかった


こうしてついに「理想の医療体制」を築いたクァンヒョンはその後、ついに妻となったチニョンとともに、地方の県監となって派遣されていきます。これまではことごとく上手くいかずヤキモキさせられたものですが、最後の最後で「身分違いの結婚が難なく認められたのも何よりでした


地方に下ってからのクァンヒョンは、もうまるで水を得た魚のように飛び回り、なまけものの役人たちの尻を叩いては、皆に煙たがられています。この辺も、ああ、チャングムやホジュンが、もっと若くして自分達の信念が貫けていたら、あんな風に活躍したのだろうな、とついついほくそ笑まずにはいられません


王の主治医=御医まで上り詰めたクァンヒョンでも、自分が「馬医」だったことを決して忘れず、動物も人間も等しく尊い命だと教えてくれた「馬医」という職業に誇りさえ抱いているのがまた素敵でしたね。ドラマは、傷が悪化して苦しんでいた馬を、クァンヒョン自ら治療するところで幕を閉じたのも実によかった良い最後でした~(;O;)


途中あれこれ不満を漏らしてしまったおばさんですが、こうして最後まで見てみると、イ・ビョンフン監督が何を描きたかったのかがようやく分かった気がします。結局、朝鮮時代と言うのはあまり良い時代ではなかったのだと思うのですよ。だから、その時代の人物を描こうとするとどうしても、厳しい試練や苦難が伴ってしまう~リアリティを追求しようとすれば尚更です


以前、十数話を放送していた頃に視聴した同じイ・ビョンフン監督のドラマがあまりにしんどくて辛かったことを思うにつれ、もうこれが最後の作品と言うこの馬医を作るにあたり、たとえ朝鮮時代であってももっと明るく楽しいドラマを作りたいと監督が思ってしまったのも無理はない、とつくづく思ったおばさんなのです。もちろん、そうであってももう少し骨のあるドラマにはできたんじゃないかな~とそれだけが少し残念でしたけれど、それは監督と言うより、脚本家の技量が足りなかったのではないかと思われます


とはいうものの、最後はクァンヒョンとチニョン、そしてひとり寂しく中国へ渡ったソンハを初めとする主な脇役全てが、皆それぞれの道を見つけて前向きに生きていたようなのが何よりでした。韓国ドラマを見た際によく聞かれる

「最後はみんなイイ人になった」

という感想は確かに間違いではないものの、ちと言葉が足りないように思えます。そのようなケースは本来、皆がイイ人になったというよりは、人間には元々善悪の両面があるのだけれど、その悪の面がいろいろ学ぶことによって抑えられ、善が前面に出てきたということを描きたい場合なのだと思うんですが、そう解釈できずにいきなり変わったように見えるのは、やはり役者や脚本家の技量に問題があるような気がします。ま、視聴者側の好みも大いに関係するでしょうが


その点においてはこの馬医は大成功したようにおばさんには思えました。ミョンファンにしろ、ヒョンウクにしろ、大妃にしろ、元々はそれなりに良心を持った善人だったに違いないと思えましたからちゃんと納得できました( `ー´)ノ


正直申し上げて、歴史ドラマと言う点ではちと物足りなかったのですけれど韓国ドラマと言うひとくくりでいえば十分楽しかったです。特にスッキは最後の最後まで可愛かった~大好きでした


8月からは奇皇后という高麗時代のドラマが始まるそうです。これまた面白く見ごたえのあるドラマになってくれるとよいですね馬医の後は奇皇后です~(^^)/


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は馬医のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング