2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想一覧 全134話


大祚榮テジョヨンは、ついにこの日がやってきてしまいました大祚榮のあらすじ行きますよ~(^^)/。以下早速ネタバレです


ついに則天皇帝がイヘゴをテジョヨン討伐の大総管に任じました。が、これも皇帝の得意の以夷制夷であり、イヘゴにジョヨンを討たせた後は、そのイヘゴをも抹殺するつもりなのです


ソリンギから、ジョヨンが単に勢力拡大を図るだけに留まらず「高句麗を再建するつもりでいる」と聞いた皇帝の脳裏に、遠い昔の屈辱が蘇ります。高句麗は、彼女が最初に仕えたイ・セミンが破れたにっくき敵なのです。


なんとしてもそれだけは阻止せねばならぬっ!!


とはいえ、これまた自分に歯向かったイヘゴを大総管にしたいというソリンギの申し出は、さすがに快諾することができません。そこで皇帝はイヘゴを牽制するために、今回の討伐隊にもうひとりの大総管を任命しました。それが以前、ミモサにお引き取り願われてそそくさと新城を受け渡したヤン・ソウィです。そこにはチャン・ヒョヌも同行するようです。つまりは、ムクチョル討伐に向かうために結成させた軍をそっくりテジョヨン征伐に回してきたのですね


納得は行かなくても、尊敬するソリンギが推すイヘゴはともかく、ヤン・ソウィごときにテジョヨンが討てるものかと歯噛みするのはイムンですが、ソリンギはこの戦いがまさに命を賭けた決戦になることを見越しており、勝っても負けてもあまり気持ちの良い結果にはならないからと、イムンにはあくまでも実践で手柄を立てろと命じます。おまえは私の分身だ。


そしてイヘゴもまた、シン・ホンから則天皇帝の思惑を聞かされ、決死の覚悟を固めています。テジョヨンを倒した暁には、必ずやこのイヘゴの国を打ち立ててみせるっ!!


そのためにも、愛しのチョリンとコムは側に置いておきたいイヘゴなれど、このイヘゴの決意を示した親書はチョリンの手元には届かず、ホンが焼き捨ててしまっているため、彼らがやってくるはずもないのです。しかもホンは、こともあろうに、チョリンとコムにはイヘゴのもとへ来る気などない(=テジョヨンの側でうまくやっているから)手紙は無視されてしまったと報告します


だいたいイヘゴも、これまでのホンの行動から、これが嘘だと気づいても良さそうなんですけどね~


また、マゴ(あの憎たらしい宦官の名前が分かりました)たちに蜂起を迫られたコムとチョリンでしたが、ここはコムがきっちり片を付けてくれましたコムは素晴らしいね~(^^)/。今ここで謀反を起こしても犬死をするだけだ。どうしてもそうしたい者は私の首を斬ってから行けっ!


そう言って民を諌める一方で、必ずや契丹国を再建すると誓うことも忘れません


コムは、武装した民たちを引き連れてジョヨンに会いに行き、高句麗流民が営州にいた時のことを持ち出して、今、契丹の民もまったく同じ状況にあるのだから、もしジョヨンが高句麗を再建した暁には、その建国に貢献した契丹の民にはそれなりの自由を与えるべき~彼らの首領たるコムに契丹人の統治権を与えてほしいと申し出たのです。


そしてジョヨンもまた、これを快く承諾します。我らが今日あるのは、契丹の初代皇帝でありそなたの祖父のイ・ジンチュンの恩恵のおかげだ。もしそなた達が我らの国創りに貢献するなら、その願いは全て叶えてしんぜよう!


ジョヨンの言葉はあまりにも寛大過ぎるのではないか、それでは分裂を招くばかりだと皆が心配する中、ジョヨンはキッパリこう言ってのけます:


私が考えている新しい国では、誰もが王になることができる。ミモサは百済の、フクスドルは高句麗の、コルサビウは靺鞨の、そしてケピルサムンは突厥の、皆その働き次第でそれぞれの王となった上で、真の皇帝がこれらすべてを統治する大帝国を創るつもりだ。それは契丹とて同じこと。


この息子の壮大な計画にうんうんと誇らしげに頷いていたテジュンサンの笑顔が印象的でしたね~。我が息子はそれほどまでの男に成長したのか


テジョヨンの意図を知ったチョリンとコムは、その後率先して懸命に国創りのために働きます。その姿を見た契丹の民たちも、再び祖国ができることを夢見て、皆楽しそうに働いています。ジョヨンたちが見回りに行った際には、進んで豚肉と酒を用意して武将たちをもてなしたほどです。


ジョヨンもその膳で初めてチョリンをねぎらいました。息子を立派に育ててくれて感謝している。すまなかったチョリン。これからは私がお前を守る


そしてチョリンもまた、ようやく素直に答えます。これまで将軍を恨んだこともあったが、将軍が去った後も、コムを残してもらったからこそこれまで生きてこられた。ありがとうございました


昔の熱い恋情は消え失せてしまっても、互いを思いやる気持ちは消えるものではありません。ましてやこの二人には「コム」というかけがえのない宝があるのです


が、そんな幸せな時は長くは続きませんでした。唐が大軍を組んで押しかけてくるという情報が入ったのです


「もし父上がその中にいたらどうしましょう?我らを亡ぼした張本人の唐に交じって、我らや民のいるこの地を襲ってきたら!?


そんなことはあり得ない~もしそうなら先に知らせてきているはずだとあくまでもイヘゴを信じるチョリンに対し()、コムもまたそうであってほしいと願いながらも、もしイヘゴがやってきたら、自分はイヘゴに失望してしまうだろうと吐露します。


そしてそのふたりの不安は現実のものとなってしまいます。しかも、軍に加わるどころか、その軍を率いる大総管としてやってくるというのです!


もし唐が襲ってきたら、私が契丹の民を率いて先鋒隊を務めます!立派に蹴散らしてみせます( `ー´)ノ


そう語ったコムを温かく頼もしげに見ていたジョヨンのまなざしが一気に冷たく急変します。何っ!イヘゴだとっ!?おのれ~イヘゴ、許さんっ!( `ー´)ノ


あ~イヘゴはなんて報われない奴なんでしょうか。やることなすこと、息子や妻を苦しめることしかできんのかんも~とことん気の毒だ(;´・ω・)


大祚榮は明日の放送が待ち遠しくてなりませぬテジョヨンが楽しみ~( *´艸`)


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.