このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

大祚榮(テ・ジョヨン)
 時代劇・歴史モノ

大祚榮 あらすじと感想 第121話 試練

大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想一覧 全134話


大祚榮テジョヨンはますます盛り上がってきましたね~。もう残すところもあと13話ですから、毎日バンバン行きますよ大祚榮のあらすじ行きますよ~(^^)/~以下早速あらすじ(ネタバレ)です


まず、かつては契丹の大将軍であったイヘゴが唐に寝返った、しかも首魁となって大軍を率いてくると聞いたジョヨンは、早速作戦会議を開きました。そこにはチョリンが引き留めて謹慎させたためコムの姿はなく、これ幸いと、ミモサやケピルたちが、契丹人は戦いに参加させるべきではないと主張しています。たとえ最初は「味方」でも、いつ「敵」に寝返るか分からないというのです


がジョヨンはここを決して譲りません。彼らが敵になるかどうかは、我らが彼らを信頼するか否かにかかっている!


この辺がジョヨンのカッコいい所ですよね~。コムを信用すると言った時も、その理由を尋ねたコムにこう答えたのが忘れられませんあくまでも審議を貫く( `ー´)ノ


男としてのコムを心で受け止めただけだ


ジョヨンは、昔自分が父ジュンサンを慕って追いかけてきた際の心境を思いだし、どこまでもイヘゴを慕うコムの気持ちを尊重したいと考えているため、コムに自分が父だとは明かさない決意なのです。コムの方は言ってほしい気持ちもあるだろうにな~。だからあんなに何度も何度も聞いているのだろうに、ジョヨンにはその辺の機微が理解できんのですよね


このように、ちと鈍いとはいえ(笑、一本気で男らしいジョヨンに比べ、疑り深い~ある意味疑うことが仕事のミモサはまだまだ油断していません。


案の定、あの世にもずる賢いシン・ホンは、またしてもイヘゴを裏切り、コムとチョリンを「テジョヨン勢力内のスパイにしたてようとしたばかりか、それを断られたらその口を塞ぐようソル・ゲドゥに命じてきたのです


ひそかに安市城にやってきたソル・ゲドゥとトヒョプは早速コムに間者となるよう説得しますが、もちろんコムは決して聞き入れません。


父上こそ、裏切り者の唐に組するでなく、我らのもとに来て、一緒に唐と戦うべきだ!もし唐とともに攻めてくるのであれば、それは契丹の民や母を襲うも同じことだと伝えよ!


ソル・ゲドゥは仕方なくシン・ホンの命令を実行に移します。先に裏切ったのは若様のほうです!!


まったくね~ソル・ゲドゥはなぜあれほどシン・ホンに心酔してしまったのか~その辺は、ケピルやトゥンソが(自分と違って賢い)ミモサを尊敬するのとまったく同じ理屈でしょうか。


テジョヨンへの裏切りを勧めに来たのみならず、命まで狙ってきたソル・ゲドゥにコムは怒り心頭に発し、返り討ちにしてくれると息巻きますが、ここにたまたまやってきたチョリンに見咎められた上に、その隙に逃げようとした彼らの追跡を止められてしまいます。


命を狙ったのはおまえの父の差し金ではなく、軍師シン・ホンの命令に違いない。決して父を疑ってはならぬ!


この辺は確かにチョリンのいう通りなのだけれど、そこまで賢いチョリンがなぜもっと早くシン・ホンをイヘゴから遠ざけられなかったのかと思うだに悔しくてたまらなくなりますシン・ホンさえいなければっ!!


命からがら営州まで逃げてきたソル・ゲドゥたちを見たホンは、またいつも通り「肝心なことは一切言わずに事実だけをイヘゴに伝えました。安市城への使者はソル・ゲドゥとトヒョプだけが戻って、他は皆殺しにされました。彼らを殺したのは、ほかならぬ、コム将軍です


これをまたイヘゴが信じちまうのが悔しいですよね~どうしてそうもホンに弱いんだっ!。ソル・ゲドゥやトヒョプをふんじばって拷問でもすれば、簡単に白状してしまうだろうに


が、ホンは、ジョヨンたちが既に東牟山への移動を始めたと報告し、今はとにかくこれを阻止することが最優先だと促します。


イヘゴもまた、ヤン・ソウィとチャン・ヒョヌの嫌がらせを受けて、なかなか思うように進軍できないことでかなり苛立っており、最初は我慢して頭を下げたものの、もはやそれも限界に達したため、ついに、うるさいイムンを眠らせて、ヤン・ソウィらを皆殺しにすると言い放ちますイムン、無念~(*´Д`)


もはや敵となったイヘゴだけれど、唐のヤン・ソウィたちが、イヘゴたちを「蛮族」と見下す姿は実に腹立たしくて、ついついここだけは応援せずにいられませんヤン・ソウィを殺せ~っ!。でも、以前、イヘゴやチョ・インサたちを裏切ってソリンギに寝返ったイタジョとマ・インジョルが、イヘゴの側にいるのはなんだかな~な感じですよ。あいつらは結局唐にも受け入れてもらえなかったのでしょうかね


さ~明日はあの憎たらしいヤン・ソウィが、いったいどんな顔でイヘゴに命乞いをするかが今から楽しみでござりまするね大祚榮がますます面白い(^^)/


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は大祚榮(テ・ジョヨン)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング